6月20日課題 

June 30 [Sat], 2007, 1:02

感想文 

June 27 [Wed], 2007, 12:37
タクシードライバー

 今回観た映画の主人公はトラビスという青年。彼はアメリカのNYでタクシー運転手をしている。タクシー運転手とはアメリカの職業の中で底辺とされている職種である。つまりイエローキャブは誰でもできる仕事なのだ。これからわかるようにこの映画は、私がよく観ている カッコイイ、強いといったアメリカではなく、アメリカがもっている闇や黒といった部分を表現している。まさに アメリカの真実であると感じた。
 トラビスはパレンタイン候補の選対本部で働くベッツィに恋をする。しかし、トラビスがポルノ映画へ誘ったためベッツィにふられてしまう。トラビスは花を贈ったりするがベッツィは振り向くことはなかった。トラビスはストーカーになり、うつ病になる。
 ある時、バレンタイン候補がトラビスのタクシーに乗った。トラビスは頑張って政治の話をしようとするが、ボロが出てしまう。アメリカだけではないが、人々の間には階層があり、下級階層であるトラビスは政治はあまりわからないのである。政治より毎日の自分の生活でいっぱいな人々も多くいるのである。
 パレンタイン候補のような政治家は国や市の大きな問題解決のため働く。トラビスは社会的秩序を取り戻そうと動く。彼ら二人は、今のアメリカの現状を改善しようと懸命になっている点では同じである。
 私は、パレンタイン候補を白としたらトラビスは黒のような気がした。アメリカを変えるためには、トラビスのような黒が抱えている問題を解決しないと、よくなってはいかないのではないかと感じた。
 トラビスが12歳の売春婦の少女を助けた。あなたはそんなことができるだろうか??自分のことではない。また、その少女が娘でもない、他人である。そこまで、トラビスはその当時のアメリカの現状に怒りでいっぱいだったのではないかと感じた。そして、彼の正義感が少女を救うという行動に現れたのではないか。
 トラビスは「小さな英雄」として報道されたが、私はこれはパレンタイン候補にはできないことだと思う。だから決して「小さな英雄」ではないと感じた。
  
 映画ではさまざまなNYの場所が出てきた。黒人地区や42番街など・・・観たことがない。大変リアリティーであった。この映画から、アメリカの社会的構造が読み取れるのではないだろうか。
 しかし、トラビスの情緒不安な感情や行動そのものがアメリカの現状を表しているのだと思った。 当時のアメリカを知るには大変よい教材だと思った。もう一度みたら また違った部分も見えるのではないかと思う。

6月13日 

June 20 [Wed], 2007, 12:33
授業でNHKスペシャルを見ました。

休んでいた人は是非見てほしいです!!アメリカの映産業についてすごく良くわかります。
映画は商品か??芸術か??国によって意見は異なります。アメリカや日本は映画をビジネスとしています。フランスや韓国は独自の文化を守るため、国内保護政策をとっていて、アメリカや日本の映画の映画輸入を制限しています。それだけ映画というのは、独自文化に対する影響力があるということです。

私は、他国から映画が入ってくることで、自分自身の興味・関心が広がり、違った面からものを見ることができるので良いと思っています。
しかし、強制的に映画を取り入れろ!というのはいかがなものか。独自の文化を大切にしたいという国はそれを尊重すべきであると思いました。

火災保険図 

May 23 [Wed], 2007, 12:33
 チャールストンの歴史は古く、200年前にさかのぼることができる。1774年にカナワ川とエルク川の合流点付近の土地1,250エーカーがブリット家に譲渡され、1786年にジョージ・クレンドニン大佐に転売。1788年にクレンドニン大佐がバージニア・レンジャーズ開拓者集団を率いてこの地にリー砦を建設し、この地を大佐の父の名である「チャールズ」にちなんで「チャールズ・タウン」と名付けた。チャールズ・タウンは2つあったため、混同しないよう、こちらは後に「チャールストン」と短縮された(もう1つのチャールズ・タウンは現在もその名のままで州内に残っている)。1794年にチャールストンは正式に町となった。40エーカーの土地に7軒の家が立ち、人口は35人であった。従来の街路に添って建てられていた木造家屋は,たびたび火災 に見舞われたが,この頃にはレンガ造り の家屋にとって代られつつあった。
参照  http://ja.wikipedia.org/wiki/

特徴 
@沿岸部レンガ造りの住宅が多い。
A大きい通り に面したところにレンガ造りの住宅がある。
B公共建築物の周辺にレンガ造り の住宅が多い。
C木造 の住宅は郊外に建てられている。

地理学の課題 

May 16 [Wed], 2007, 13:30
18世紀といえば日本海に外国船が出没し、中には難破する船も現われた時代である(イタリア人 シドッチと新井白石の『西洋紀聞』(1709~1715))。当時太平洋にはスペイン領のメキシコとフィリピンの間には通商路が開設されていました。メキシコ銀貨は南海(中国〜東南アジア)における国際通貨でした。18世紀の50〜80年代と言えば平賀源内や解剖学の杉田玄白、農学の青木昆陽海防論の書『海国兵談』(1790年代に寛政異学の禁に抵触)の登場する時期です。
 当時北米大陸の領有をめぐり英仏が覇権争いを展開しておりブーゲンヴィルクックの活躍は七年戦争後の太平洋海域における西欧列強の覇権争いを予告する一つの事件であった。当時の地誌はそれに参加した科学的探険家たちによって担われていました。

当時わが国は江戸は金本位制でしたが、大阪や博多・長崎はかつての南海交易との関係で、銀本位制(銀行・銀座)下にあったのです。16〜17世紀における日本列島は鉱山開発ブームでしたが、これはこの南海(南蛮)交易との関係で、理解すべき内容を含んでいます。江戸初期における日本の貨幣制度は貴金属の流出で何度か崩壊の危機に直面しています。

わが国の伝統的地誌(図会類を含む)の編纂は17〜19世紀を通じて盛んに行われていました。その問題は別途検討してみることにしましょう。

講義の中では西欧列強による初期資本主義のグローバルな拡大と海外情報のヨーロッパにおける関心の高揚、かかるブームを受けて地誌(旅行記や航海記を含む)形式のユートピア文学の流行、ユートピア願望が新大陸への彼らの移住を促進したことにふれた。

 アダム・スミスの『道徳情報論』と新大陸に置ける労働力調達を考えておこう。

ユートピア文学との関係で18世紀の歌劇『フィガロの結婚』(モーツアルト)の荒筋を検索しておこう。支配者と被支配者の立場の逆転をおもしろおかしく描写しています。これは市民革命に繋がる思想の流行を取り入れた結果なのです。ロココ風−これがモーツアルトの時代の西欧社会(裕福な自営業者=ブルジョワジーが担う)の新しいムードだったと文化史の教科書は書いていますが、それを可能にしたのはアジア・アフリカ・ラテンアメリカの経済支配の進展でした。

 観察対象を詳細に捉え、それをデータ化する凄まじい情熱。その片鱗は博物学者たちが残した動物や植物の挿絵(細密画)からも十分に感じとれます。絵画の形式も聖書を題材とした歴史画に代わり、風景画や地図などの写実的なもの(科学的なもの)が登場するのです。本来地図は地誌の挿入資料として作成されてきたものでした。

 Trivialism(細叙法。一種の『レトリック=説得のための表現戦略)。ダニエル・デュフォー『ガリバー旅行記』はその典型をなす経済小説。ロビンソン・クルーソーの冒険というユートピア小説の同様。

 当時の西欧の都市には植物園・動物園・民族展示館などが盛んにつくられていますが、それは植民地経営と連動したことだったのです。民族展示館は異国の珍しいものを、植物園はプランテーション経営の栽培作物学的サポート機関だったのです。ブーゲンヴィルの一行はあのタヒチ島でサトウキビの新品種を発見したと指摘しましたが、彼らの活躍は植民地経営における技術革新(旧大陸の労働力と旧大陸の生物資源とをユニークな形で結びつける=『シュンペーター流に言えば「経済発展とは新結合を遂行すること」を、文字通り)を実践することと直結していたのです。



 参考文献
 伊東光晴ほか『シュンペーター 孤高の経済学者』岩波新書
 川勝平太『文明の海洋史観』中公業書 1997 139−217貢
 R.A.スケルトン『図説 探検地図の歴史』原書房 1992
 アダム・スミス『国富論』中公パックス世界の名著37





地理学☆課題 4月25日 

May 01 [Tue], 2007, 14:30
4月25日 講義で編集した アメリカ合衆国の地図です パソコンが苦手なんですが・・・ やってるうちに楽しく なってきました☆ 地誌学のみんな がんばりましょう

課題1 

April 25 [Wed], 2007, 13:49
ギリシアに知る人ぞ知る「路上落書き作家」あるいはその集Zapがいる。アテネのPsiri地区を中心に彼の描く落書きを小まめに取材するserver pics' のAthens Street Art を紹介する。 童画風で、都会の若者の不安と憂いを含んだ独特のキャラクター、とても心に残るユニークなものだ。 落書きは法律違反、りっぱな違法行為です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ichigochan89
読者になる
2007年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像OG
» 6月20日課題 (2007年07月01日)
アイコン画像OG
» 感想文 (2007年07月01日)
アイコン画像OG
» 火災保険図 (2007年05月23日)
アイコン画像OG
» 地理学の課題 (2007年05月16日)
アイコン画像OG
» 地理学☆課題 4月25日 (2007年05月09日)
Yapme!一覧
読者になる