イラン・テヘランで大学生を中心とした反政府デモ、警官隊と衝突


イランのテヘランで反政府デモが発生したようです。

現在のイランでの大統領はアフマニネジャド大統領ですが、今年の大統領選挙で勝利したもののその結果に疑問をはさむ学生などが多いともいいます。

12月7日はイランでの学生の日というらしくその日にあわせてデモが行われたようです。

アフマニネジャド大統領はイランでの核兵器開発を進めており、ヨーロッパやアメリカと対立しています。

大統領のこの強行的なやり方に学生も反発や危機感を感じているのかもしれません。

このデモで数人の学生が逮捕されたといううわさですが、マスメディアは学生の日での取材は禁止されているそうで、詳しい内容は分からないようです。

イランは今後核兵器の製造を続けるつもりでしょうか?

このまま突っぱれば本当に戦争になってしまう可能性も考えられますね。

イランの若者はもう嫌気が出てきているのではないでしょうか


山根達也の30日で英語マスター
小倉光一の2100円で海外旅行
中川卓爾の腰痛治療法

大酒飲み英国人の4分の1以上が「アルコール抜くために運動」


イギリスの大酒飲みのうち28%がお酒を飲んだあとにアルコールを抜くためにスポーツジムやプールに行くという調査結果が出たそうだ。

お酒を飲んで運動するのはアルコールを抜く以前にちょっと体に良くないのではと思うのですけれど…。

アルコールを飲むと心臓の心拍数は増加しますし、筋肉の抑制が取れて力が入りすぎるなんてこともありますね。

よくお酒を飲んで泳いでいるうちに心臓麻痺になっておぼれてしまったなどということもありますので、アルコールを摂取してプールで泳ぐなんて日本人からすれば信じられないです。

ジムやプールでは運動を控えるよう指導しないのでしょうか?

本人は飲んでいることをいわないで運動している可能性もありますね。

イギリスではビールを飲むバーがたくさんあるそうですから、まずお酒を飲むという習慣から考えないといけないかもしれません。


上村康成の痛風改善プログラム
尾関紀輝のマッチョになる筋トレ
蓑田知幸の痔からの解放

ガンダーラの仏教美術をタリバンが破壊、博物館にも脅威迫る


パキスタン北部ではタリバンによる自爆テロなどにより治安も悪化してきています。

そんななかパキスタンのガンダーラ遺跡がタリバンによって破壊されているというのです。

ガンダーラ遺跡は仏教様式の歴史的な建造物です。

タリバンは偶像崇拝を禁止しており、仏陀像などは否定しているようです。

ただ、このような歴史的建造物は美術的にも考古学的にも貴重な資料であり、保護するのが普通の考えですが、イスラム教徒からはこれらの歴史的な資料も目に触る存在なのかもしれません。

アフガニスタンでもタリバンが支配していたときはバーミヤン遺跡の仏像を破壊したりしています。

イスラム教以外をこれほどまでに受け入れないタリバンはいったいどういう考えでいるのでしょう。
世界中がイスラム教徒ににでもなると本気で信じているのでしょうか?

タリバンのこれらの行動はやはり彼らの心の中に異教徒を受け入れる余裕がない証拠といえるでしょう。

なぜなら、タリバンが信仰しているイスラム教が絶対と思うのであれば異教に対して自信があるから破壊ということは起こりえないからです。
今後もテロ活動を続けるでしょうが、いずれタリバンも衰退の過程をたどるでしょう。


菅沼孝三のドラム上達法
光速不動産投資
渋田武春の漫画家になる法

米陸軍基地銃乱射事件、アルカイダ支持者との関連も捜査か


アメリカのフォート・フッド陸軍基地での銃乱射事件はオバマ大統領が追悼式に出席して、来日日を1日ずらすほどの影響を与えているようです。

銃乱射を行ったのはニダル・マリク・ハサンという精神科医の陸軍少佐で熱心なムスリムでした。
本人が精神科医であることから、精神異常ではないとは思えますが、一部報道によればアルカイダとつながりがあるようなことをいっているようです。

もし本当だとすればアメリカ軍の中にも敵を抱えることになり、深刻な状況になるのではないでしょうか?
軍の中にはムスリムを入隊させないとかしなくてはいけなくなるかもしれません。

それにアメリカ国内ではイスラム教徒はますます肩身の狭い思いをすることになるかもしれません。
特にテキサスのような保守的なところでの事件ですから、偏見なども出てくるかもしれません。

オバマ大統領も本当は日本や中国に訪問している場合ではないと思っているかもしれません。

銃で撃たれた容疑者は幸い意識を取り戻し、会話ができるようになるまで回復したということですから、もうすぐ真相が明らかになることでしょう。


ルームシェア
テニスの正しい練習法
30日でマスターするピアノ教本

フェラーリ アロンソと3年契約を結ぶ


F1もそろそろ来年のシートについてあわただしくなってきそうです。

ルノーアロンソフェラーリーと3年契約を結んだそうです。

フェラーリーは現在リハビリ中のマッサが来年もシートに座る予定ですので、ライコネンとフィジケラは微妙な立場です。

すでにライコネンはフェラーリーとの契約を解除しました。
ライコネンはマクラーレンの移籍を考えているようです。

シートが空いたルノーはザウバークビサが座る可能性が高くなっているとのこと。

ザウバーチームは他のドライバイーを探さなくてはいけませんね。

これまでノーポイントの中島一貴は現在ウィリアムズにいますが、残念ながらシートを確保するのは難しそうです。

状態は良くなっているといわれていますが、ある程度結果を出しておかないとF1は厳しい世界ですね。


らんちゅうの病気
9倍もらえる失業保険
操体法DVD