ハルカスのべえ師匠

May 01 [Sun], 2016, 8:51
家を売って借金を返すことが必要になってしまったので、知人に教えてもらって情報収集を始めることにしました。最初に知っておかなければいけないのは、処分する予定の不動産はいくらになるのか、不動産屋さんの選び方を知ること、これらをちゃんと知ることが必要です。いくらで売れるのか知らないでいると取引後に入る金額がつかめませんし、不動産屋さんが取引に応じてくれませんと不動産を処分することができません。
REINSというシステムを利用すれば、不動産の売却価格をおよそつかむことができます。REINSは不動産屋さんでなくても利用することができます。レインズは土地でもマンションでも価格を知ることができますので、売りたい土地や建物がいくらになるのかおおよそ知ることができます。不動産屋へ行く時、先におおよその金額を知ることができれば、素人だと思われナメられて妥当でない価格で処分しないで済むと思われます。
土地や建物を売る時は、意外と色々な種類の経費がかかるものです。どんな費用がかかるのかということは、あらかじめ知っておくべきです。経費として代表的なものは不動産屋さんに支払う仲介(媒介)手数料です。売れた金額の3.24%+64800円という計算式(上限)になるので、4000万円の物件ならおよそ130万円もかかります。他にも税金だったり印紙代がありますし、住み替えなら、引越し代も馬鹿になりません。仮に4000万円で物件が売れても、全額を次の不動産購入に充てる計算をしてはいけません。
不動産を売る代表的な理由の1つとして、相続によって引き継いたケースがあります。相続は相続人の権利が複雑で、簡単にはいかない場合もあります。遺産相続協議を行った結果、どうしても1つの不動産を1人だけで受け継ぐことができない場合、何とか換金しなければいけないわけです。国税庁は相続税を基本的に現金で納めるように言いますが、現金での納税がどうしても難しいようなら物で納める物納もできますが、できるだけ現金での納付ができるよう努力すべきです。
土地活用には様々な手法がありますが、駐車場経営はその代表的な手法です。アパート・マンション経営と比べれば手軽であることが理由の1つです。駐車場を運営する場合、月極で貸す方法もあれば土地勘があるなら直感で判断して決めても良いでしょう。所有者にとって大事なことは採算性なのは当たり前ですが、お客のつもりで決めないと、儲けることは難しくなってしまいます。
住宅を売るにはある程度の時間が必要なので、売り急いではいけません。3ヶ月から半年、長ければ1年くらいの期間を覚悟しておくことが必要です。あなたが短期間で売ろうとしていることを見込み客に分かってしまいますと、不本意な価格で売買することになるかもしれず、見込んでいた収入を得られないおそれがあります。住み替えのために住宅を売るなら、次に住む家の購入諸経費全額を売却価格でまかなえるのが理想ですので、不動産屋のアドバイスを受けて良い取引をしましょう。
マイホームを売る場合、買い手が物件を見に来るわけですが、この時に注意すべき点があります。物件を高く売りたければ、必ず知っておくべきでしょう。すべてに共通した話ではありますが、第一印象が肝心要です。誰でも最初に目に入ると考えられる門が汚いと致命的な結果につながりかねません。また、部屋はできるだけ掃除しておいて、外の空気を入れて室内の臭いをなくしておくと買い手の購買意欲もずいぶん改善し、購入を前向きに考えるようになる傾向があります。
不動産を売って利益が出た場合に払わなければいけない税金、決して安くはないですよね。高額な税金を払うのですから、きちんとした使い方をしてもらいたいものです。不動産を売って出た利益は税金用語で「譲渡所得」という呼び方をするのですが、この譲渡所得に対し、所得税と住民税がそれぞれかかってきます。また、土地の場合は5年未満の売却だと、土地転がしと判断されてしまい、税率が高くなってしまいます。5年を超えていませんと、2倍くらいの税金を払う必要があります。
土地は「一物四価」とか「一物五価」などと言い、4つも5つも価格がついています。それぞれ別の主体が求めるものですが、計算方法は専門家だけ知っていれば十分です。これらを2つに分けるなら、税金を計算するために必要なものと、当事者が実際の取引をする上で参考にするものとに分けられます。税金を計算する価格は相続税や固定資産税の計算に必要で、これらはだいたい公示価格の8割弱になることが多いです。時価は取引の当事者が参考にはしますが、現実に決まる取引価格は、それらとは違うことがほとんどです。現場の不動産屋さんは直近の相場を認識していますから、古いデータであるそれらを使うことはまれなのです。
住宅は高額な商品なので、家を買うことは、普通のサラリーマンにとっては生涯でそう何度も経験することのない、大きなイベントです。そのため、知識不足で買いに走ると買ってから致命的なミスに気付く危険があります。諸経費や手続き上の知識、住宅ローンが返せるかどうかの計画も大事ですが、自分で直接何度も足を運んで、物件周辺の雰囲気を知ることがお金のことよりも一番、大事なことだというのが私の考えです。地名はイメージが先行しがちなので注意が必要です。三鷹や世田谷など、良い印象をお持ちではないでしょうか。生活の場と遊びの場は分けた方が正解です。ですから、いきなり契約せずにきちんと現場を知ることが必要です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:タイチ
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ibmuhmtltpit5a/index1_0.rdf