認知症の不安と付き合う生き方

August 28 [Thu], 2014, 19:31

何となく忘れっぽくなってきた・・・。
そのように感じてきたら、既に認知症の第一歩になっているかもしれません。


それはとても不安なことですよね。

認知症の不安とはきちんと付き合っていくことで、
むしろポジティブな生き方が出来るのです。

イメージとしては発達障害の不安と似ています。


何が分からないのか分からない・・・。

このようになってしまうのですね。



認知症ではこのような話があります。

「認知症だと自覚をしたら、すべてをメモして忘れないようにするようになった。
今までよりもむしろ、忘れたりすることが無い。
何かあるたびにメモに取っておき、チェックをいつもしている」


というのです。


認知症の不安をなくすためには第一に自覚をすることなのです。
そして、すぐにメモをすること、時間があるたびに
メモを見直す癖を今のうちに付けてしまうことなのです。


今のうちに習慣にしてしまえば、認知症が進行してきても、
無意識にメモを見るように変わります。


しかし、認知症の進行はあなたの気がつかないところで進んでいきます。
気がついたときには手遅れになっていることすらあるのです。


もし、今は少し忘れっぽいだけ、と思っていても、
何もしないのは得策ではありません。


もし、認知症の不安が消え去らないときにはN-アセルグルコサミンを始めてみてはどうでしょうか?

▼認知症に!天然型グルコサミン▼




グルコサミンには認知症の進行を遅らせる効果も期待できます。
サプリは飲みやすく毎日の習慣にしやすいのです。

もし、何もしていなくて不安ならば、その手助けが出来る唯一のサプリとも言えるでしょう。