【 更新情報 】

 

いびきの原因

「いびき」というのは睡眠時に発している爆音の事です。いびきと言うのは上気道(のどや鼻)の中にある粘膜が、呼吸によりそこに空気が通るときに振動を起こして音が鳴るという症状の事を指します。

「いびき」の原因は人それぞれ違いますし、原因が一つではなく複数の原因が重なって引き起こしていることも多いみたいです。したがって、いびきを防止して改善することより、自分の原因が何かをチェックして原因を取り除く事が大切です。

「いびき」の原因には、次のようなものがあります。

■肥満
これは、太ることによって、体の中で首周りや上気道の内側にも脂肪がついて上気道が狭くなってしまい、呼吸をしたときに空気抵抗が大きくなってしまいます。そのために、のどの粘膜の振動が大きくなり、結果いびきをかいてしまうことになります。

■呼吸する筋肉の老化
老化現象によって呼吸する筋肉が緩んでしまい、上気道が狭くなっていびきをかいてしまいます。

■アルコール、薬を飲んだ場合
アルコールや薬を摂取する事により筋肉の緊張が緩み、気道が狭くなって、無意識のうちに多くの酸素を身体に取り込もうと口呼吸になってしまうために起きます。

■鼻腔、喉、口腔に異常がある場合
鼻中隔湾曲などの形態的異常や、呼吸筋の異常などで、上気道が狭くなっていることにより起きます。

■心身の疲れ、ストレスなど
これは、心身の疲れを回復するために、口呼吸をして酸素をいっぱい身体に取り込もうと起きるわけです。
 
上気道が狭くなるのは睡眠時のときはもちろん、アルコール摂取、疲労、肥満、病気、老化など色々な原因が考えられます。

いびきの治療

いびきをかく原因の多くは、鼻呼吸をしないで口呼吸をすることと考えられています。最近は男性だけでなく、女性も子供も幼児にもいびきの症状が多く見られています。

注目を浴びているいびき防止グッズは、グーミンやマウスピース、クリップ、リングなどがあります。しかし、これらはあくまでも改善であり、治療ではありません。改善で解消してくれればいいのですが、それでもダメな場合は治療して治すという方法になります。

いびきの治療というのは、無呼吸症候群のときに保険適応されますが、いびきがたいしたことない場合、自覚症状が無く、本人以外の方から指摘される場合が多いそうです。そういう場合は保険適応外なので病病気としては捉えられることができません。

病院で出来る治療で人気がある方法は、レーザー治療の手術です。しかし、保険適応外の為手術費用が高額になる可能性があります。だいたい20万円前後位ではないかと思います。その他には鼻炎治療として、鼻の奥の粘膜をレーザーで焼き、鼻の空気の通りを改善します。

治療や手術をするには、病院で診察を受けなければなりませんので、最寄りの専門医に出向いてみて治療方法や値段など確認されてから治療を開始した方がいいと思います。

いびき防止グッズと比べて料金は高くなってしまいますが、それは仕方ないと割り切って、早く治療ができると思って検討してみることをお勧めします。

最近は「いびき」は男性だけでなく女性も、子供も、犬猫までもかくようになってきました。いびきを甘く見ないで、防止グッズを使ったり専門医に診せたりすることも大切です。

レーザー治療でいびきを治そう

このレーザー治療は、口蓋垂の周りをレーザーで照射し、塞がった気道を少しずつ広げていくという治療です。いびきは気道の中の粘膜の震えが原因でおこるので、レーザー治療でこの震えを抑えることができるという訳です。

レーザーというとちょっと怖く感じるかもしれませんが、手術は局所麻酔をスプレーでしますので痛みはほとんど感じられないと思います。

現在のレーザー治療は、日帰りでできるので昔よりは手軽にできるようになりました。手術時間も5〜15分程度で短いし安心して受ける事ができます。いびきの音ですが個人差があるために、治療をしても音が改善されない人もいますが、約9割の人が改善されるようです。このとき肥満の方は音が改善しないケースもあります。

術後の通院は、絶対に必要という事ではありません。術後の経過が良好であれば炎症がとれる1週間後、1ヵ月後(手術の反応が消える頃)、3ヵ月後(喉の形状が決まる頃)などのきりがいいタイミングのときに通院すればいいと思います。

また痛みは、術後の数日間は扁桃炎のような痛みが出ることもありますし、食べ物を食べると飲み込みづらいなどの違和感がある場合があります。

治療後の食事制限ですがアルコールやタバコは控え、固いもの、熱いもの、辛いものなどの刺激物なども控えるようにしたほうがいいでしょう。激しい運動なども控えて頂いた方がいいと思います。