藤山和孝のイビキ改善マニュアル 

September 05 [Sat], 2015, 9:43


藤山和孝のイビキ改善マニュアル



ひと昔前は「高イビキをかいているのは熟睡している証拠」なのだと、

誤解を受けていたイビキですが、現在ではイビキの科学的検証で

睡眠の質を低下させるばかりか、何らかの疾病と関連している場合も

あるということが分かってきました。



睡眠時にイビキを生ずる場合、本人は気付かないことが多く、

同居人などの睡眠の障害となる為、寝室を別々にしてしまうのはまだ良い方で

イビキが原因で離婚してしまうこともあるようです。

本人の睡眠レベルや音の大きさなどにより、

本人自身が驚いて目が覚めてしまうこともあります。



昨今では睡眠時無呼吸症候群や無呼吸とまではいかない場合、

睡眠時低呼吸症という状態になりやすいので、

あなたがイビキをかいていると家族に指摘された場合などは

早急に解決する事をお勧めします。



現在イビキで悩む人のためにいびき外来のある診療所もありますが、

一般的には耳鼻咽喉科に行かれることを勧められる事が多いようです。

耳鼻咽喉科で行われるいびきのレーザー治療は、

健康保険を適用した保険診療が認められています。



保険診療であれば、診療報酬と自己負担の割合が定められているため、

国内のいずれの病院でいずれの医師が手術をしても患者の支払う金額は変わりません。

3割負担で31,000円程度です。

内訳は初診料・検査費等:5,000円〜14,000円程度、オペ:10,000円程度、

再診:1,000〜2,000円程度です。

しかし、自由診療で手術を受ける場合、約20万円〜30万円もかかることもあります。

これは病院側の都合で自由診療の場合、

診療報酬はいくらに設定しても良い事になっているからです。



手術に限らずどのような医療行為も万能ではありませんので、

100%完治する保証はありませんし、後遺症の危険もある事を知った上で

医師の評判や病院の信頼性などを良く見極めて、受診されることをお勧めします。

術後10〜14日間は安静にしておく必要もありますので、

長期休暇が出来る人には良いかも知れません。



しかし・・・、

あなたはリスクがある手術をしないでイビキが改善されたら良いと思いませんか?

藤山和孝のイビキ改善マニュアルは手術も後遺症の心配もいらず、

長期休暇も必要なく、お金をかけずに改善する方法です。

簡単にご説明すると、イビキを根本から改善する方法です。

藤山和孝のイビキ改善マニュアルの詳細はコチラです。



藤山和孝のイビキ改善マニュアル