家庭で簡単にできるいびき改善方法 

2009年03月23日(月) 10時36分

軟口蓋はよく歌手などの発生練習でとても大切な部分です。
ここが弱い、閉じているとボリューム感ある、
のびのびした声量も発揮できません。


オペラ歌手などは才能もありますが、
意図的に日々この部分も訓練で強化しています。
しないと弱くなり発声に影響が出るのを知っていますので。


まったくいびき改善もある意味では運動と同じ原理です。

もし筋肉を使わなければ筋肉は柔らかく
だらんと退化していき、新陳代謝機能も落ちます。

いびきも運動と同じくトレーニングと
毎日の生活の中での意識を向けるだけで筋肉、
粘膜部分が健康な状態に戻り改善へ向かいます。


私が伝授する方法は器具、
手術に比べると多少時間はかかるかもしれませんが
いびきを根本からかかないようにする
家庭で簡単にできる方法です。

のど、顎、舌の粘膜、筋肉をを強化することで
いびきをかきにくい体質を作ります。


↓ ↓ ↓


家庭でもできるいびき改善/克服完全マニュアル






P R
2009年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Yapme!一覧
読者になる