特定保健用食品と食生活

August 26 [Mon], 2013, 23:10

基礎代謝(きそたいしゃ)は人間が横臥位でじっとしていても使用するエネルギー量であり、そのほとんどを全身の様々な筋肉・最大の内臓である肝臓・大量の糖質を必要とする脳が使うと考えられているようです。

2005(平成17)年2月からトクホ(特定保健用食品)のパッケージにおいて「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」というようなキャッチコピーを表記すること義務となった。

アミノ酸のひとつグルタチオン(GSH)は、細胞の機能を衰退させたり変異をもたらすような人体に害のある物質を体内で無毒化し、肝機能を促す働きが確認されているのです。

クシャミや鼻みず、鼻づまりに目のかゆみ・ゴロゴロするような異物感などの花粉症の不快な諸症状は、アレルギーの原因物質となる花粉の放出される量に沿って悪くなるデータがあるということです。

「肝機能の悪化」は、血液検査のGOT(AST)やGPT(ALT)、そしてγ-GTPなど3種類の値でモニターできますが、ここ数年の間に肝機能が悪化している日本人の数が増加しているそうです。

フリースタイルライトアボットとは、とっても小さくて携帯に便利な血糖値測定器です。



毎日の折り目正しい日常生活の維持、食べ過ぎないこと、正しい体操等、一見アナログともいえる身体への思いが皮膚のアンチエイジングにも関係しているといえます。

H17年より新しく全ての特定保健用食品のパッケージにおいて「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」という注意喚起の日本語を表示すること義務となった。

悪性腫瘍である卵巣がんは、普通なら人の体を癌にさせない働きをする物質を製造するための金型ともいえる遺伝子の異常が原因で罹患するとのことです

普通では骨折しない程度の僅かな圧力でも、骨の同一の部分に幾度も繰り返してひっきりなしにかかることによって、骨折してしまうこともあるようです。

チェルノブイリ原子力発電所事故の被害者の後追い調査の結果をみると、成人と比較して若い子供のほうが飛んできた放射能の悪い影響をより受容しやすくなっていることが読み取れます。



「体脂肪率(body fat percentage)」とは、体の中の脂肪の占めている率のことであり、「体脂肪率(body fat percentage)=体脂肪量÷体重(body weight)×100」という計算式によって調べられます。

アメリカやヨーロッパ各国では、新しく開発された薬の特許が切れてから30日後には、製薬市場の約80%が後発医薬品に替わるような飲み薬もあるほど、ジェネリック(後発医薬品)は地球上で知られているという現実があります。

ダイエットを成功させたいばかりに摂取カロリーの総量を控える、1人前を食べない、そのような暮らしが結果として栄養までもを不足させ、深刻な四肢の冷えをもたらしていることは、しょっちゅう危惧されているのです。

30〜39才までの間に更年期になったとしたら、医学用語で表すとPOFという病のことを指します(日本では40才未満の女性が閉経してしまうケースを「早発閉経(Premature Ovarian Failure)」と呼んでいます)。

体脂肪量に変動が見られないのに、体重が食物・飲料の摂取や排尿などによって短時間で増減する際、体重が増えた人の体脂肪率は下がり、体重が減少したら体脂肪率が高くなるのです。



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Inabekun
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ibhu78ke/index1_0.rdf