趣味を仕事に あなたの未来を変えるアイビーマイスタークラス



1995年よりフレンチスタイルの花装飾を学ぶ。現在プリザーブドフラワー専門店「オーダーメイドフラワーアイビー」を運営中。結婚・出産・転勤でも花の仕事をつづけることができるアイビーマイスタークラス メイン講師。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ib-flower
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
●ブリザーブドフラワーの仕事 / 2006年05月19日(金)
今日は、
マイスタークラス無料説明会がありました。

いつも、「仕事を前提として学べる」点に
高い評価をいただきます。


実際、ご卒業生は、
全員、仕事についています。
(仕事ご希望者は100%)


でも、実は、もうひとつ、
あるのです。



わたしもそうでしたが、
花屋の仕事は 非常にハードスケジュールで、
体力的にも 時間的にも
犠牲が生じてしまいます。


ハードな仕事を永続的につづけられる女性は
少ないとおもうのです。

なぜなら
結婚したり、出産したり、育児がはじまったり、
転勤することになったり、


女性には、
女性にしかできない、大切な「仕事」がありますから。



でも、花は好き。 できれば、仕事として
つづけられたら・・・。


そんな女性に、
アイビーのしくみを利用していただけたらと
おもっています。


時間の使い方も、優先順位も、
自分が決める。

お客様に笑顔をお届けする 責任ある仕事。



趣味でつづけるよりも長く、
花にたずさわっていただける仕組みが
アイビーには あります。


そのかわり、といってはなんですが 笑
お客様に絶対的なご満足をお届けできるレベル
身につけていただきます。

講師、事務局一同、
お花が好きな、がんばる女性を応援いたします!


東京アトリエはこちら

京都アトリエはこちら

無料説明会ご案内ページ








 
   
Posted at 17:49 / ■アイビーマイスターつれづれ / この記事のURL
●インターネットショップあれこれ / 2006年02月15日(水)
はっきりいって、地道な作業です。

365日、眠っているとき以外ずっと
PCと向き合う、といっても過言ではないとおもいます。

驚くべき正確さと スピードと あたたかさで
3年、仕事をつづけてくれている店長への感謝は
ひとことでは表現できません。。。


いつまでも一緒に仕事をしたいですが、
いつか 彼女がアイビーを巣立つとき

アイビーの理想 実現化に向かっている「いま」が
楽しい思い出になればなぁ、とおもいます。


 花の仕事につきたい女性が、
 なにかを捨てることなく、
 花仕事を継続できる「環境づくり」



実は、
アイビーのスタッフ全員が、なにかを捨てることなく、
花の仕事をつづけています。

もちろん、わたしもそのひとりです。


実店舗にくらべ、コストも手続きも
ハードルが低く、
簡単にオープンできてしまうネットショップだからこそ、

事業継続のポイントのひとつに、
「誠実な 人間感」 があるのだとおもいます。



今日も、店長へこんなメールを頂戴し、
*******************************************
> そのたびに、丁寧な回答ありがとうございました。

> もっと早くに出合っていればよかったです、、、。
> 今回はほんと残念ですが、可愛いいアレンジがたくさんあるんで、
> いつか利用させていただきたいと思います。

> 今回は大変お世話になりました。

             (AKさまより)
*******************************************

納期がまにあわず、ご注文は頂戴しなかったのですが、
心が通じたうれしさで いっぱいになりました。


継続する大切さ。 そして、大変さ。
わかりあえる、大切な 心強い仲間です。




 
   
Posted at 17:49 / ■なぜ、いま、ネット通販?こっそり裏話 / この記事のURL
●ブリザーブド 仕入先の話 / 2006年02月09日(木)
アイビーがお世話になっている仕入先をご紹介します。


ブリザードフラワーなどお花や
(通常、花材(カザイ)と呼んでいます)、
器など花器(カキ)は、

東京、大阪、名古屋など、
主に5社の取引先にお世話になっています。

1件だけだった仕入先さんも
年数を経て、増えてきました。


注文方法は、店頭に直接うかがうところもあれば、
インターネット、FAX などです。

最初の頃は、高速道路で買いに行っていたのですから
便利になったものです!



いちばん長いお取引先とはもう、5年になります。。。
アイビーの変遷をいちばんご存知かもしれません。

急ぎにご対応くださったり、
探し物をしてくださったり、
いち早く、新商品をしらせてくださったり
とっても融通を利いてくださいます。
アイビーの準社員並にお世話になっています。
ありがとうございます、Oさん。


こうして改めて考えると、
人と人のつながりで、アイビーはつづけさせていただいてるなぁ。。。


マイスタークラスでは
すべての仕入先をご紹介させていただいています。
アイビーのリソースを充分にご活用いただければと
おもいます!!

 
   
Posted at 19:29/ この記事のURL
●春のブリザーブドフラワー / 2006年01月31日(火)
ここ2・3日、
ぞくぞくと、マイスター新アイテムが発表されました。

・・とは言っても、アイビーで
販売させていただくかどうかは、
評価委員さま方のご意見によって、決まります。


いち早く、新デザインをご覧いただいて、
忌憚のないご意見をおうかがいするのです。

マイスターが考え付かない 使い道、
もっとこうしたらよくなるのに、といった親切なご提案など
時には、アイビーのお客さまでいらっしゃるからこそ、
愛のムチが。。。

そして、最後に
「この商品を買いますか?買いませんか?」
という2者択一の設問があります。

ここで合格・不合格を決めます。


たとえ、不合格になったとしても
お客様のご意見をうかがうことで、
マイスターのデザインは
ブラッシュアップされつづけるのです。。。


評価発表まで、毎回 わたしもドキドキします。


*----------**----------**----------*

あなたもマイスターデザインの通信簿を
つけていただけませんか?
評価委員ご応募はこちらから

※恐縮ですが、
 アイビーのお客様に限らせていただいております。





 
   
Posted at 18:48 / ■新商品情報 / この記事のURL
●女性と花と仕事と家庭 / 2006年01月18日(水)
つづけたい人には、つづけられる しくみがあること。

つづけられなくなったら、やめればいい。

やめたあと、再開したくなったら、また はじめればいい。

仕事をしている間、真剣であれば。



わたしのスタンスは 変わらない。


だって、女性にとって大切なことは ひとつじゃないし、
女性特有の理由で 環境が変わるから。

(男性もおなじかとおもいますが、
 自分が女性である、という理由だけで、
 女性限定で書きます、すみません)



複数の大切なものを守りながら、
しかも
好きなことを 無理せず、続けられるしくみ。

そうすれば、女性は 高い確率で
幸せでいることができる。

女性が幸せでいれば、高い確率で
そばにいる人を 幸せにすることができる。


だから、お花を続けたい女性の、
お手伝いがしたい。



 
   
Posted at 21:38 / ■アイビーマイスターつれづれ / この記事のURL
●あのときの ひとこと / 2005年12月21日(水)
いま、新しいコンテンツを考えています。
いわば、わたしのルーツを探るような作業です。
(おおげさで すみません)

たったいま、自分でも忘れていた
衝撃的な瞬間を 思い出しました。
なぜ、オーダーメイドにこだわるようになったのか----------


「そのお花、素敵だけど、
 うちの店にあわないよ」



7年前、
お花を置かせていただいていた
ショップのオーナーさんのひとことです。


季節感があって、
センスがよくて、
ご予算より豪華に見えるお花であれば、
必ずクライアントさんには 喜んでいただける、と
信じきっていた 未熟なわたし。


ほんとに 見当はずれでした。


クライアント様が お金を払ってくださるのは
「花」に対してじゃないのです。


花があることで、
そのお店に来られるお客様の
会話がはずんだり、心が晴れたり、
気持ちいい空間になることができる。

そんな花に、価値があるのです。


<デザイナーの自己満足は
 お客様にとって なんの役にもたたない>


言われた その夜は、ショックと恥ずかしさで
号泣したような気がします。。が
いまは マスターに感謝、感謝です。
 
   
Posted at 21:20 / ■花の仕事 体験談 / この記事のURL
●ブリザーブドフラワー アンケートから / 2005年12月13日(火)
先日、オーダーメイドをご利用いただいたお客様へ
アンケートを送らせていただきました。

実は、ある、企画があり
そのために、
お客様のご意見をおうかがいしたかったからです。

かなり長いアンケートであるにも関わらず、
(たぶん、15分くらい かかる)
詳しく書いてくださって、

1通、1通、拝見していると

「あのとき、なかなか器が入荷しなくてお待たせしてしまったな〜」とか
「玄関の画像と、サイズを送ってくださったこと」とか
「どんな作品に仕上がったか」とか
鮮明に思い出すものです。


<わからないことは お客様からおしえていただく>

説明がわかりづらくてご迷惑をおかけしてしまったこと、
長期間 お待たせをしてしまったこと、などなど
たくさんの改善点・反省点を 蓄積しております。

企画が 構築できたら
まっさきにお知らせしたいとおもいます!

みなさま、わざわざありがとうございます。











 
   
Posted at 20:00 / ■なぜ、いま、ネット通販?こっそり裏話 / この記事のURL
●売れるサロネーゼ / 2005年12月09日(金)
売れるサロネーゼ(!?)としてご紹介いただきました。

すごいネーミングにびっくり。

「サロネーゼ」だという感覚もないし、
「売れる」だとは、、、なんだか 人売りみたいですね(苦笑)

こちらでは全国のサロネーゼが集まってきています。
わたしも登録させていただきました。

教室運営、ショップ運営は
いまも 試行錯誤中であることに変わりありませんが

失敗経験が増えた分、
「他の方に失敗体験してほしくない」という
気持ちが強くなってきた気がします。

元来、おせっかいなのでしょうか。。。


優秀な方なら しないような数々の失敗をし、
たくさんのご迷惑をかけてしまい、
助けられて、今日に至っております。


お恥ずかしいやら、ありがたいやら、、、の
毎日です。



 
   
Posted at 19:22 / ■花の仕事 体験談 / この記事のURL
●築地 天ぷら なかがわ / 2005年12月07日(水)
本日は
お世話になっている社長さんと
銀座でお打ち合わせのあと、忘年会でした。

お打ち合わせの前、資料つくりで
調べものをしていて

<どんどんブラッシュアップされている世の中>

を痛感しました。

お客様側のニーズにあったスピード感で
変化していかないと、という危機感を感じました。

これは、
個人か、法人か、などは関係なく
資本力があるかどうか、というより

「愛があるかどうか」「心底ユーザさまの立場にたてているかどうか」
で決まるのだとおもいます。

お客様に ショップ側の姿勢が
ダイレクトに伝わる時代なのだな、とおもいました。

すばらしいたくさんの 個人ショップさんを
発見して、大変勉強になりました。


忘年会の場所は築地の天ぷらやさん。
なかがわ

実は、お江戸の天ぷらを いただくのは
うまれてはじめて。(ちょっと大げさですか、、、)

長さ20センチくらいのアナゴにびっくりしたり、
衣はカリっ!中はふっわふわ、アツアツをいただいて
ゆっくりおはなしをうかがえて 幸せな冬の味でした。




 
   
Posted at 14:21 / ■なぜ、いま、ネット通販?こっそり裏話 / この記事のURL
●重量オーバー! / 2005年12月07日(水)
「お声がきれいな方だな〜」と
密かにおもっていたら、
やっぱりこんなご職業だった生徒さんのOさん。

ブログにも書いていただいて、
ありがとうございます!

----------------------------------

重量オーバー(?)でひっかかった
渡邊講師の 「パリ便り」

先週末 フランスから帰国したばかりなのに、
さっそく 「ほやほやのレポート」 を届けてくれました。

パリでは、1,000枚くらい撮影したそうですよ!



 
   
Posted at 13:48 / ■プリザーブドフラワー レッスン / この記事のURL
  | 前へ  
 
Global Media Online INC.