ヤマトシジミの大前

October 12 [Wed], 2016, 10:44
卒業を控えているのに、看護師の就職先が見つからずに失敗が続くという場合、年齢が原因になっている可能性があります。求人サイトなどには表面上年齢について書いていない場合も、実際には病院側が年齢を理由にした不採用を決めている場合があります。
例えば、未経験で30代以上の方が初めて看護師として働くといった場合では厳しいケースが多いです。看護師は医療機関で就労していますから、就業時間は様々です。

常に、決まったお休みが取れないといった難問があります。
医療機関にとって看護師は大事な職業ですが、働いている側の本音としては残念ながら良いとは言えない職場であるケースが珍しくありません。

小さい頃から看護師として働きたいと思っていましたが、家庭の都合から、企業に就職して会社員として働くことになりました。


ですが、OLをしている間も看護師になりたいという思いが消える事がありませんでした。
資格を持たないまま看護関係の仕事に転職するということも考えましたが、夢をかなえるためにも資格の取得を考えていました。すると、現場で看護助手として働くと同時に看護師の資格を取ることが出来る方法がある事が分かりました。
子供のころからの夢を叶えるために、頑張りたいと思います。

退職金に不安を感じている看護師さんがたくさんいる可能性もあります。
退職金は、国立とか県立の病院であれば、金額が大きくなります。その次に多く支払われるのは、大学病院でしょう。
小さいクリニックでは、退職手当は少ししか出ません。



夜勤が多い仕事ですから、全ての人にとって良い仕事場ではないですが、大規模な医療施設の方が退職金などの待遇が良いでしょう。



この職業を選んだ人にとっては大きな利点ですが、看護師というのは常に人手を探しているところもある程、需要の多い職業です。



なので再就職を希望したら、それはすぐに実現できるでしょう。


しかも、そういった際に少々念を入れて就職活動をしてみると、自分にとって、かなり条件が合う職場にであうことも可能でしょう。

ネット環境があれば、簡単にアクセスできる転職や求人を看護師に特化したサイトが思った以上に多数存在しますし、会員登録して上手く活用しながらぜひ充分に吟味を重ねて、相性のいい職場を見つけてみてください。看護師がかぶっている、いわゆるナースキャップ。あれは看護師になる前に、責任の重さを自覚するための儀式でかぶるという重要な意味を持つものです。料理人も帽子を被ることがありますが、より重要な意味を持ったものが看護師の帽子といえるでしょう。しかし、昨今では、看護師のユニフォームも変わりつつあり、この帽子が特別ではなくなってしまう時が来るのも間もなくかもしれないのです。

過去の意味が忘れ去られてしまい、髪が落ちないようにするためだけのものになってしまうのは悲しい気もしますが、これも世の中の傾向なのでしょうね。


仮に、看護師の仕事をこなしながら経済的な余裕を望むなら、パートなどの仕事があります。仕事が休みの日を活用してアルバイトなどを行う看護師は毎年増えてきています。
副業のメリットは、仕事をしていない時間を効果的に活用することができて別の仕事をすることで憂さ晴らしにもなる事です。
同じ病院に長く勤務していると昇進し、階級が上がることがあります。階級として、婦長などは一般的にも分かりやすい役職だと思います。

しかし、これ以外にも、階級ごとに主任や総看護師長といった役職があります。

昨今の看護師不足の影響で、看護学生やパートの看護師も珍しくありませんので、国家資格を持った正看護師の立場ではそれだけで役職が上がっているといえるでしょう。

一般的に役職に就いた人は、給与の面でも優遇されるようになります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:タクミ
読者になる
2016年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/iawten1trt8ios/index1_0.rdf