カオ・フィラ・デ・サン・ミヘルだけど手島

July 10 [Sun], 2016, 4:06
12月々直前になって、冬季が舞台に変わると毎年気になるのが暖房費の節減だ。

暖房には、クーラー、石油ストーブ、石油気違いヒータ、ガスストーブ・・・と色んなランクがありますが、暖房費を節約するには「暖房機器を使わないことが最良」と

室内で厚着限定になってしまいがつだ。



冬季の暖房費節減は、流感やインフルエンザなど当人は注意していても健康に関わってしまう。

そこでわたくしが実践していることは、



「広間を密封状態にして暖房した熱情を逃さない」

「外の冷気を広間に伝わりづらくやる」

の2場所を実践しています。



・広間の密封のために

 扉のコアをぶち壊す  ?  刺々しい印象はきついので扉の下位サイドの隙間に扉の射程と同じくらいのバッファや使い古しの風呂手拭いを丸めたものを置くようにしています。

                  扉の開け閉めに少々トラブルですが冷気の同行を防げます。

 のれんを活用する ? 広間のパーテーションで温かい印象は逆に小気味よいのできっちりランチタイムや隔ての身の丈の大きいものを使います。



・外の冷気を行き渡りづらく講じる

 ガラス窓部分のアイデアとして、冬季だけ、ガラス窓の立ち上がった時下サイド10センチくらいに「プチプチ」を両面テープで張り付ける

 カーテンを厚いものにして、極力2枚仕立てにやる。 



こういう2ランクのポイントは昼の陽光を利用しつつ、こまめに気温誤差に気を配ることです。  




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:シオリ
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/iaunmonortdrtp/index1_0.rdf