もう一度 

February 17 [Sun], 2008, 15:31
ダウンロードして神の挑戦してみます。

今日の空 

February 13 [Wed], 2008, 4:49
お店のテラスからみた空です。きれいに撮れるように研究しなくちゃ(*^_^*)

tbs 

January 31 [Thu], 2008, 15:55
久保田アナが盗撮被害!犯人は“身内”
 盗撮目的でTBS(東京都港区)の女子トイレに侵入したとして、警視庁赤坂署は17日までに、
同局関連会社の契約社員(26)を逮捕した。同社員は容疑を認め事件後、懲戒解雇されたが、
週刊文春10月25日号によると、被害者は同局の人気アナ久保田智子さん(30)。
同社員は同局の情報番組「みのもんたの朝ズバッ!」(月〜金曜前5・30)のスタッフで、
“身内”の卑劣な犯行に局内に衝撃が走った。

 逮捕されたのはTBS関連会社の番組制作会社「ジャスク」(東京都港区)の契約社員
高田茂容疑者=都内在住。調べでは、8日午後4時半ごろ、同局内の女子トイレの個室に
入った女性をカメラ付き携帯電話で撮影するため、隣の個室に侵入した疑い。

 女子アナに見つかり、駆け付けたスタッフらに取り押さえられた。
調べに、高田容疑者は「盗撮目的で侵入した」と容疑を認めており、
「同局内でほかにも数件の盗撮をした」などと供述。同署は裏付け捜査を急いでいる。

 この模様について、18日発売の週刊文春は詳しく報道。
侵入した女子トイレは局11階にあるアナウンス室近くのトイレで、被害に遭ったのは
情報番組「2時っチャオ!」(月〜金曜後2・00)などに出演する久保田アナ。
盗撮に気付いた同アナが叫び声を上げると、男性スタッフや青木裕子アナらも駆け付けたという。
また、高田容疑者は他局にも出入りし、20回近く盗撮を繰り返していたとしている。

 TBS広報部によると、高田容疑者はジャスクに契約社員として採用された今年6月から
同局に派遣され、「朝ズバッ」でスポーツコーナーの制作に携わっていた。
同局は「プライバシーにかかわることなので、被害者については答えられない」と説明。
ジャスクは「この件に関しては、すべてTBSに任せている」と話している。

そろそろ、おでんの季節です♪ 

January 16 [Wed], 2008, 22:38
今日は、おでんです。



最近、めっきり寒くなって、こういうものが恋しくなってきました。ヾ(=^▽^=)ノ



時間があったので、きちんとかつお節から出汁を取って、ゆっくりじっくり煮込みました。



(普段は、お茶用のジャグポットに、昆布・煮干・かつお節のパック・塩少々を入れて、お湯を注いだ



ものを冷蔵庫に保存して使ったり、市販の出汁を使ったりしています)



がんも、大根、こんにゃく、ちくわ、ごぼてん、牛すじ・・・。あ、もちろん卵も入ってますよ。



下処理は大変だけど、時間をかけて煮込んだおでんは、やっぱり最高です♪





☆'''レシピブログ '''に登録しています。見てくれたアナタ、ポチッとして帰ってね〜。ヽ(*^^*)ノ

退院予定 

January 09 [Wed], 2008, 22:11
9月25日に右足の手術を受けました。

足の7割を支える骨が折れてスライドしたので緊急手術、プレートとボルトで固定する以外方法がないと説明を受け、全身麻酔手術で『まな板の鯉』と化しました

お陰様で先週月曜日にリハビリ開始、金曜日には全体重をかけて歩く事が出来て退院予定

その間に1日外出したので正味『4日間』のリハビリだったわけで、主治医や看護士さんを驚かしてしまいました(笑)

リハビリを受ける前に同室の患者さんたちに、 リハビリ開始後5日目に歩いてみせると大言壮語をしてみせて見事達成!です

お陰様で皆様に呆れられてはおりますが(爆!)

別に無茶な事をしたわけではないですよ

全治3ヶ月を1ヶ月以内で退院の運びとなったのも、家人、友人、弟子達、ブロガー仲間、病室仲間の暖かい励ましと『良い気』を頂けたお陰様です。

心の底から感謝致します。

ありがとうございました

退院は勝手に水曜日頃を予定しています。

予後は色々ありましたが、折を見て書かせて頂きたいと思います。

21時から眠って今頃起きちゃって、さて何をしますか(笑)
深夜のトイレでも写してきましょうか⌒⌒

風邪ひいてねぇ… 

December 20 [Thu], 2007, 10:40
毎度毎度、季節の変わり目になると、ひどい風邪をひく管理人です。
今回も、バッチリ風邪ひきましたぜ!!

木曜日ぐらいから前兆が現れ、金曜日は咳が出だし、土曜日〜月曜日はフラフラさ。
土曜日〜月曜日は、用事がなければ、ずっと寝てたさ。
そのおかげで、タバコが吸えるまで回復しました。
昨日の月曜なんて、多分15時間ぐらい寝てましたよ♪

まー、こんだけ寝たので、嬉しい異変も。
全く、完全に停止状態だった脳が動き始めたの。
いや、普通の生活は出来てたけど、論文などの文句が全く浮かんでこないという「停止状態」ね。

就活もしなくちゃなんないし、そろそろ頭にも動いていただかないと…(笑)

ホント、頭って分かんない。動いて欲しいときに全く働かなくてさ。
急にムクムクと動き出す。原因は何かな???
危機感なのかなぁ…
「やべぇ!! 卒業できない!!」っていう。
まー、確かに、前に頭を動かしたのも、ちょうど2年前のこの時期でしたわな。
卒論に追われて追われて、崖っぷちに立ってからやし。

ボクは思うのです。
何かの本で読んだ記憶があるのですが、頭って、普段は大部分が働いていないのでしょ?
ルーティーンなことしてたら、さらに動かなくて、呆けていくんかな??
危機的状態に追い込まれないと、普段働いていないところなんて動かないんだろうな…

まー、とにかく、散々な連休でしたよ。風邪ひいて寝てただけ…

まー、とにかく、これから3ヶ月だけでいいから、頭に普段よりもちょっとだけでいいから、
多めに動いてくれ!!と願う管理人なのであります。

昭和39年 

December 13 [Thu], 2007, 8:25
写真は昭和39年頃
父親の労働組合の集会に 付いて行った時。
この日の事は 40数年経った今でも 良く覚えてます。 
小さい頃は 困った事があると 黙りこくってしまう子供でした。
この時 うんこがしたくて 黙っていたら・・・父親は 腹が減ってるのと勘違いし、パンを買ってくれました。。。ひどい父親です。。。私はとても食べれる状況じゃなかったけど、せっかく父が買ってくれたのだからと無理して一口二口かじってます。。。この後 耐え切れずに泣き出してしまいました。「えぇ〜ん うんこが したいよ〜」その後 無事に野グソをさせてもらい 漏らさずにすみました。。。
手に持ってるのが サンリツパンです かにパンでお馴染みのメーカー。。。
よそのホームページに サンリツパン復刻版の写真が載ってたが・・・どこかで売ってるのかな???
もう一度 食べて見たい。。。

自民、打診評価6割 民主、拒否支持大勢 大連立で調査(朝日新聞社) 

December 07 [Fri], 2007, 2:57
自民、打診評価6割 民主、拒否支持大勢 大連立で調査
2007年11月04日07時00分

 福田首相が民主党の小沢代表に対し、連立政権樹立に向けた政策協議を提案したことについて、「評価する」と考える自民党の地方組織の幹部は47都道府県の6割だったことが、朝日新聞が3日実施した一斉調査で明らかになった。一方、民主党は、ほぼすべての地方組織が連立拒否を支持。「大連立」への抵抗感が強い現状が浮き彫りになった。インド洋での海上自衛隊の給油活動を再開するための補給支援特別措置法案については、自民党の6割が、「衆院で3分の2以上の賛成で再議決してでも今国会で成立」を望んでいた。

 調査は、朝日新聞社が全国の取材網を通じ、自民、民主両党の47都道府県連の幹事長ら幹部を対象に実施した。

 連立協議の提案という首相の高度な政治判断について、自民党で「評価する」としたのは全体の6割の28都府県。「安定政権の模索へ努力する姿勢は評価できる」(渡辺和喜・宮城県連幹事長)という声が一般的だ。「評価しない」は、国政選挙で民主党と激しく争う首都圏の埼玉、千葉、神奈川各県を含む13府県。「総選挙が目の前だとわかっているのに、こうした行動はあまりに唐突で解せない」(竹内英明・神奈川県連幹事長)と批判的な意見も目立った。

 民主党では、44道府県連が「参院選で政権交代への国民の意思が示されており、当然だ」(中村秀樹・福島県連幹事長)と、最終的に役員会で連立拒否を決めた党の判断を支持した。

 しかし、小沢氏が首相の連立協議の打診をいったん党に持ち帰ったことについては「本来なら、その場で断るべきだった」(倉田竜彦・長野県連幹事長)と批判的な指摘も少なくなかった。

 補給支援特措法案について、自民党は6割に当たる30都道府県が、再議決してでも今国会で成立させるべきだと回答。民主党との大連立が難しくなった現状を反映し、正面突破を求める意見が多かった。

 望ましい解散・総選挙の時期について、「年内」「来年の通常国会冒頭(1月)」「来年度予算成立前後の来年春」「来年春以降」「その他」から選んでもらったところ、自民党では「年内」「来年の通常国会冒頭」は一つもなく、「来年春以降」が22府県で最多。

 「地方と都市の格差是正を盛り込んだ予算を成立させなければ国民が困る」(洲浜繁達・島根県連幹事長)など地方に配慮した予算編成を最優先とする意見が強いためとみられる。

 早期解散を求めている民主党は、「年内」13県を含む33府県が遅くとも「来年春」までだった。

  @@@@@@@@@

解散総選挙で国民の信を問うしかありません。

第14夜 コムリン 

December 02 [Sun], 2007, 18:12
「ふああ・・・・・・・・・・」



他の建築物などの障害物をなくして教団を照らす月の淡い光が、部屋の中に差し込んできていた。
ゼンジは与えられた今のところ寝台しかない部屋のベッドの上で目を覚ます。
あまり慣れていないところで睡眠を取るには少々困難なことかと思ったが、疲労が溜まっていた所為か意外と早く眠りに着くことができた。
けれど中途半端な時間に寝た所為かどうやら睡眠は朝まで続く事はなく真夜中に起きてしまったらしい。



欠伸を一つかいて、それでもすぐに起き上がる事はできずにごろりと寝返りを打った。
そうして何もない灰色のコンクリートで出来た部屋の壁を見ている内に、ぼーっとする頭がだんだんと覚醒していき、「あぁ、まだ夜か」と意味もなく呟いてやっと上半身を起こした。



「こー何もないと、することもあんまないよなぁ・・・・・・今度色々と増やすか」



急な来訪な故に部屋こそは十分な程にあったが生活に必要なものはこのベッドくらいしか取り揃えられてなかったのだ。
衣類も買わないといけない。今の所ゼンジは最初に着ていたジーンズ、黒いタンクトップ、そしてパーカーぐらいしかない。
あと教団から配給された白いシャツもあったが、一度着たらアイロンなど面倒なことをしなければならないので、時々しか着ない。
洗濯はしているが、これでは流石にもう限界だ。



ゼンジはパイプベッドの端にかけたパーカーを引っつかみ、羽織りながら部屋のドアへと歩いていった。



ガチャリ、とドアを開けると同時に目の前を長い黒髪が通り過ぎていった。
誰だろう、と思いつつそれを目で追ってみたら頭の上で一つに縛られた長髪が目に入った。
腰に携えた黒い刀。忘れる筈ない。
あれで一度ゼンジは殺されかけたのだ。



「えーと・・・・・・おはよさん(?)、神田」
「・・・・・・・」



''' ・・・・・無視かい!! '''



見事にシカトされた。いっそのこと清々しいくらいに。
神田は何も言わずすたすたと廊下を歩いていってしまった。



「挨拶したんだから返事くらいしろよな!」



ゼンジはそれが気に入らなくて声を張り上げて神田に向かって言ったが、何の反応もない。
ゼンジはむっ、として普段言いもしない文句をボソリ、と言った。





''' 「・・・・・・・・パッツン」 '''





''''' ギロリ '''''





うわー、睨みが返ってきたぁーーーー・・・・・・





「す、すんません・・・・・・・・・・」



神田はそのまますたすたとどこかへ言ってしまった。



「相っ変わらず怖ぇー・・・・・・・」



ゼンジは何かを飲む為下へと下りていった。


















何やら先ほどから騒がしい。



殆どの人間は眠りについている真夜中だと言うのに、何故こんなに人の声がするのだろうか。
さしずめ科学班が残業をしているのだろうが、ここまで賑やかなものだっただろうか?



というか、人の声とは他に何かが破壊される音も混じっているような気がする。



何だろうと廊下の柵から身を乗り出し、下を見下ろした。





「んー?」





すると一瞬、浮遊感がした。






''' 「え゛?」 '''






身体の支えにしていた柵の感覚だけでなく、確かに感じていた足元のコンクリートの感覚でさえもなくなった。














視界が、逆さまになる。














''' 「うっそお・・・・・・・・・・・・」 '''













落ちる――――――――――――――――――――――――













いや、落ちなかった。











「ぐほっ!!」










何か固いものに当たった。




このまま建物の奥深くへと落ちるかと思いきや、数メートルも落ちない内に何かの上に落下した。
運よく下の階の廊下に落ちたのだろうか。
いや、違う。





何か動いている。






「な、何だこりゃあ・・・・・・?」






これは・・・・・・・






''' ロボット? '''






「エクソシストを・・・・・・強くする・・・・・・それが私の役目・・・・・・」




そう、確かにロボットだ。



巨大な、ゴツいロボット。



小さな頭部には何故か帽子が乗っていて、胴体は犬や猫のような感じで足の変わりに取り付けられたいくつかの手。



ゼンジが落ちたのはその頭部らしい。



そしてゼンジが居た場所が崩れたのはこのごついロボットが突っ込んだ為に崩壊したらしい。
しかし、何故こんなところにロボットが?



「ぜ、ゼンジ!!」
「り、リーバーさん?」



ロボットが突っ込んだ階の廊下に、リーバーが傷だらけでいた。



「逃げろゼンジ!コムリンはエクソシストを狙ってる!!」
「こ、コムリン?」



よく見れば、リーバーは何かを背負っている。



リナリーだ。




「まさか、リナリーも?」




「麻酔でダウンしてるだけだ!お前も早くそっから逃げろ!!」




「リナリー・リー・・・・・・エクソ、シスト・・・・・・・」




「?」




''' 「強くする為マッチョに改良するべし!!」 '''




「はぁあッ!!?」






リナリーが・・・・・マッチョって・・・・・・・。





''' 「ありえねぇ・・・・・・・」 '''






するとコムリンというロボットはいきなり動き出した。
そのため頭部に乗っていたゼンジは驚いて落ちそうになる。



コムリンの標的はリーバーが背負っているリナリー。



''' 「り、リナリイイイイイイイイッ!!!!」 '''



すると背後からコムイの声がした。



後ろを振り返ると以前ゼンジが乗った事がある台の上に科学班の人達が避難していた。
その中でコムイが取り乱しながら身を乗り出している。



「コムイさんッ!これって何なんすか!!?何暴走してんの!!?」



グラグラと揺れる足元に頑張ってふんばりながらゼンジはこの出来事の原因を問いだそうとした。




「ぼ、僕は科学班の助けになると思ってコムリンを造ったんだ・・・・・。
で、でもコーヒーを飲んでこんなことに・・・・・・・・」



「こ、コーヒー?」




  コーヒーを飲んで狂うって・・・・・・クモかこいつはッ!!




「とにかくリナリーのスリムな身体を守るんだッ!!」




「は、はいぃ!!?」






「ゼンジくん・・・・・・これは命令だよ・・・・・・」






キラリン、とシスコンモードのコムイの目が光る。






「ゼンジ・カガミ・・・・・・君に任務を言い渡す・・・・・・・」





















''' 「リナリーのマッチョ化を阻止しなさいッ!!!」 '''
















''' これが初任務かよ!!! '''














−つづく−
コムリン出しましたー。
やっと原作沿いにできそうです。
というか初任務がこれって・・・・・・哀れゼンジ。

ボウリング 

November 28 [Wed], 2007, 12:07
今日(昨日か)は月1のボウリングでした。
マイボウラーです、一応。
この一応は、初めて数年経つのに未だにボウルコントロールが出来てないからでして・・・w
今日もレーンに左右されまくり、やっと掴みだしてきた頃に、終了^^;
4ゲームでアベ129。

せめて年間アベ140くらい行きたいなぁ。
200越えたのもさすがにあったけど、2回あったかどうか。
ストライクもダブルまでは行っても、中々ターキーが取れません。

一応、マイボウラーなんだけどなぁ^^;
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:iatosa522
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像花鳥風月
» もう一度 (2008年10月22日)
アイコン画像真那斗
» もう一度 (2008年10月15日)
アイコン画像めーたん
» もう一度 (2008年10月11日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» もう一度 (2008年10月09日)
アイコン画像RAOSU
» もう一度 (2008年09月29日)
アイコン画像ハム太郎
» もう一度 (2008年09月27日)
アイコン画像ゆりり
» もう一度 (2008年09月25日)
アイコン画像ikumi
» もう一度 (2008年09月23日)
アイコン画像MASA
» もう一度 (2008年09月15日)
アイコン画像名前
» もう一度 (2008年08月03日)
Yapme!一覧
読者になる