けんととティファ

January 02 [Mon], 2017, 18:30
実際に妊娠してから葉酸を積極的に摂取し始めた、という妊婦さんのお話をよく耳にします。
それでは、この葉酸をいつまで摂取するのが正解なのでしょうか。
葉酸は胎児の健康にも影響を与えますが、赤ちゃんの事だけを考えるのならば、妊娠期間中に絞って摂取するというのも構いません。
ですが、葉酸は妊娠中の母胎をサポートしてくれるだけでなく、普段の生活においても様々に活躍してくれます。
例えば、体のバランスを整えるために葉酸は不可欠の栄養素ですので、赤ちゃんを産んだ後も、葉酸を摂取し続けることが母体の健康を保つサポートをしてくれるという訳ですね。
少し前の話なのですが、友達と久しぶりに会った時に葉酸サプリが良いらしい、という話になりました。
友達はベルタから出ているサプリが一番興味あるみたいです。
葉酸のサプリって、妊娠前から飲んでいると妊娠しやすい体になるし、赤ちゃんにも良いと知っていたので、妊活中の彼女に勧めておきました。
友達が妊活を頑張っている事を知っているので、絶対に報われて欲しいと思うし、元気な赤ちゃんが生まれるといいなと応援しています。
皆さんは普段サプリを利用していますか?サプリは不足しやすい栄養素を手軽に補給できるという利点があります。
妊活中の方をサポートし、健康維持と栄養補給を目的としたサプリは、さまざまなものが売られています。
どのようなものがお勧めかと言うと、中でも、葉酸を含んだサプリを選ぶことが大切でしょう。
葉酸の働きは、赤血球を造ってくれる効果がある為、貧血を予防することが出来ます。
それに、胎児の正常な細胞分裂に働きかけ、先天的障害を発症しにくくするという効果があります。
他には、あまり知られていませんが、男性の精子の染色体異常を軽減してくれる効果があります。
ですから、妊活中の夫婦それぞれに非常に重要なサプリだという事がお分かり頂けたと思います。
胎児のための栄養を一番に考えている妊活中の女性にとって、よく飲むお茶の成分も、気になる方が多いのではないでしょうか。
普通、妊活中の方が良く飲むお茶としては、タンポポ茶やルイボスティーなどの名前が挙がりますね。
これらのお茶はカフェインが入っていません。
妊活中の女性にも赤ちゃんにとっても優しいお茶で、妊活中に飲むのにぴったりだと言えますね。
特にルイボスティーは鉄分を豊富に含んでいるため、貧血の予防になると言われていますので、妊娠発覚後も、積極的に飲むようにしましょう。
妊婦さんにとってなじみの深い葉酸は、摂取することでお腹の中の赤ちゃんに葉酸が働きかけることで、先天性神経管異常といった障害を発症させにくくするという効果が科学的見地からも認められています。
そのために、普段より多くの葉酸を意識的に摂取することを厚生省が推奨しているんです。
今では葉酸のサプリメントや補助食品も多く売られていますし、そのうち特定保健用食品の認定を受けているものもあり、妊婦が利用する場合もあるようです。
お金のかかる不妊治療はゴールが見えず、タイムリミットを考えると精神的にもつらいものです。
行政からの助成金があるものの、40歳の年齢を境目に給付回数に制限がつくケースが多いです。
私は40歳以上の人こそ給付回数は減らすべきでないと思うんです。
実は私自身もすでにアラフォーですので、見捨てられたような寂しい気持ちで、落ち込むことが多くなりました。
葉酸の過剰摂取による副作用は、例えば、不眠症の症状ですとか、吐き気や食欲不振、または体がむくむといった症状です。
特に妊娠初期の方は、体調や栄養を気になさると思いますが、かえって「葉酸を多く摂った方が身体に良い」と、一日の摂取量をオーバーしてしまう傾向があります。
葉酸の過剰な摂取は副作用に繋がりますので、注意するようにしましょう。
一番理想的なのは、バランスのとれた食事による葉酸の摂取なのですが、数か月に渡って毎食毎食バランスの良い食事を準備するのも難しいと思います。
そうした時にサプリを利用すれば、一日に葉酸をどれだけ摂っているのか一目瞭然ですので、食事を気にする事無く、一日分の葉酸を摂取できますから是非試してもらいたいですね。
流産を経験しています。
ずっと欲しかった子供でしたので、とても落ち込んでしまっていたのですが、夫や周りの方の支えがあり、流産してから1年後くらい経つと、また妊娠について前向きに考えられるようになり、妊娠を考えて行動するようになりました。
身体の調子を整え、妊娠しやすい体になろうと考え、冷え性がひどく、夏でもカーディガンを手放せなかった私は運動することを思いつきました。
運動によって新陳代謝が良くなったのか、基礎体温があがって、悩んでいた冷え性を改善することが出来たため、妊娠に向けて前向きな気持ちです。
なかなか妊娠できない体質から抜け出すのに、食生活から改めるのも大切だと思います。
栄養をもとに卵子も精子も作られているので、食生活が劣悪だと充分な活動量を持つ精子や卵子は、望むほうが無理なのではないでしょうか。
育児は体力勝負と言いますが、妊娠は健康が大事です。
規則的で栄養バランスに配慮した食事を維持していけば、やがて良い結果が得られるでしょう。
妊娠しやすい体を作る食べ物は、手近なところでは豆腐・納豆、魚といった和食の基本的な食品でしょう。
鶏卵・ごま・レバーに、珍しいところでブロッコリーなども妊娠に必須の栄養が多いので、毎日の食事でとっていきたいものです。
ただ、総合的に言えば、さまざまな食材をとるのが理想であることは間違いありません。
そして体を冷やしたり刺激の強い食べ物は良くないので、今しばらくは我慢するべきでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:暖
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/iatetneeiegsln/index1_0.rdf