ラストスパート、かけてみる。 

February 27 [Wed], 2008, 21:27
いよいよあと4日。
練習時間も限られて来る訳で、
そろそろ最終調整に向かわなきゃいけないのに、
キャストの皆さんは相変わらずマイペース・・・
大丈夫かな?と内心心配してみる。



それに、本番の準備とか、しっかり出来るように組み立てていかなきゃいけないし、
皆で確認とかしなくちゃいけない。
いよいよ文化祭準備、ラストスパートです。



コーヒー飲んで、眠気覚まして・・・
ちょっくら勉強してきます。




'''ブログの殿堂に投票!'''




ブログランキング・にほんブログ村へ(文字をクリック)



1票をお願いします!

テイルズウィーバー 

February 16 [Sat], 2008, 21:17
急な話ですけど、また暫く活動休止します(゚ロ゚;)
短くなるか、長くなるかは分かりません。
なぜかって?気分しだいだからさぁ!!(ぁ

'M'のカン・ドンウォン,完ぺき主義者の人生設計(2)その2 

February 12 [Tue], 2008, 15:01
前の記事からのつづきです…
'M'のカン・ドンウォン,完ぺき主義者の人生設計(2) その2


-映画俳優カン・ドンウォン氏を見ながら、本当に感嘆するばかりな点があります。
今までした映画と配役を見れば、俳優として非常に長期的な計画を持って一つずつ準備して
そろえるように選択していくという点でしょう。 私は俳優の成長というのは特定の作品を
選択したこと自体ですでにある程度なされることと考えますね。

私はどんな作品でも狙って入るのがあります。そんなことらが積もって、私のフィルモグラフィーの
色を成し遂げることになるようです。運が良いうえに、そのような私を良く見る雰囲気も
突然形成されたようです。(笑)





-‘彼女を信じないで下さい’から‘M’まで、各々どんな点を狙ったのか簡単に
おっしゃってくださりますか。

‘彼女を信じないで下さい’というシナリオが非常に硬かったです。
初めてのヨンファニマンクム良い作品をしたかったんですよ。
‘オオカミの誘惑’はとても計算的なのがありました。この映画はこれから私が願うものが
できるように力を与える映画になることだと判断したからです。
‘刑事’はシナリオを見るやいなや無条件でなければならない映画という感じに捕われました。
その映画は本当に純粋な気持ちで出演したことでしょう。
‘私たちの幸せな時間’はキャラクターのために選択した場合でした。
俳優ならば、誰でもうらやましがるほどのキャラクターでしょう。
‘あいつの声’での私の配役はものすごいキャラクターでしたよ。
悪い奴だが、演技者にはおもしろい配役なのでしない理由がなかったです。
その映画を製作されたイ・ユジン代表が‘これ、カン・ドンウォン氏がしないと思うんだって。..’
と言葉尻を濁しながらシナリオをくれましたが。(笑)
‘M’は‘刑事’ですべてのことが満足だったイ・ミョンセ監督の作品なので選択したことでしょう。
‘また一度おもしろい作業がなるだろう’したい楽しい心でした。





-そばでカン・ドンウォン氏を見守るとこのような気がするものです。
話と人物が硬い‘彼女を信じないで下さい’で安定的にスクリーン デビューをして、
‘オオカミの誘惑’で力を発揮できる青春スターの位置に先に上がった後、
‘私たちの幸せな時間’で本格的な感性演技の世界に飛び込むというんです。
‘刑事’を通じては表情と動作を通した延期(煙,演技)の視覚的な側面に注力してみて、
‘あいつの声’では最初から声の演技にだけ集中してみるというものです。
これらすべてのものをその時その時徹底した計算でしたことはもちろん違うでしょうが、
結果的に後日完成された俳優に行くために必要なあらゆる分野を一つずつ順に
マスターする感じがありますね。 だから、‘この人は、本当に長く演技をする人だね’という
考えが自然に出るんです。(笑)

フーン、ある程度そうである面があるのは事実であるようです。
‘彼女を信じないで下さい’という安定した話を通じて映画という媒体を知っていく感じでした。
‘オオカミの誘惑’を通じてはアクションを習ったんですって。
少しだけ年齢をさらに取ればハイティーン映画をできなそうだという考えもその映画を
選択するようにする動機になりました。 その映画では本当に粋を見せようとしました。
一種の‘幼い粋’といいましょうか。(笑)
衣装も私が直接日本、東京の原宿に行って買ってきましたよ。
‘刑事’は必ずするべきだとの考えだけでした。
その映画が作られる過程に私が一緒にしたいという心でした。
その映画を通じて、俳優が肉体で何をすることができるかを習いました。
主に舞踊的な側面が多かったのに、私が作り出した動作も少なくありませんでした。
‘私たちの幸せな時間’は人々が私に対してほとんど容貌だけ取り上げ論じられるから、
‘私が演技する姿を見せよう’という一種の負けん気のようなのがあった作品です。
俳優として私の発展のためにもう少し感情をさく烈させてみたかったです。
その前まではそのように感情を発散する演技をしてみたことがなかったですから。
自らはある程度成功したと見ます。 映画を撮って出た後、本当に心が痛くて、
しばらく抜け出してくることができないほどだったんですよ。





-それで,‘そいつ声’の場合はどうだったのですか。

‘あいつの声’を選択したことは‘私たちの幸せな時間’の時、私の語り口がのろかったことに
対して苦しさを感じたのとある程度関係があります。現実では言葉がちょっとのろくても
対話に問題がないのに、スクリーンはそうでないようだったんですよ。
それで声の演技に集中することができる‘あいつの声’では話をちょっとはやくしたかったです。
私の感情も正しくのせますので。そのような過程を通じて、明確に習ったのがあります。
話に対する物足りなさである程度ポソナゴボニもうカメラの前でさらに自由に遊んでみようという
心がありました。事実撮影会場では現場スタッフらが私をどう思うのかに対して
いつも顔色を見ましたよ。そこで抜け出したかったです。
それで‘M’では初めて入る時から私の自ら狂うと暗示を与えました。
そのように他人の目を気を遣わないで思う存分怒鳴ってみたかったんですよ。
今まで私が挑戦してきたものなど中で成功できないのもあって、その過程で失ったのもあるでしょう。 だが大きく見ては概して成功したようで満たされた感じもあるのが事実です。





-お言葉を聞いて見ると結果的に良い俳優になるための設計図を手に握ったように、
演技の互いに違う要素らを一つずつ学習してきたようだという私の感じがさらに深まりますね。(笑)

話をしながら顧みると私もそのような気がしますね。(笑)演技者として自分の部屋法は
ずっと積み上げるものです。 私は性格上完ぺき主義者に近いですね。
作品をする時ごとに一つでも得るのがあればたとえその作品が興行で失敗したといっても、
遠い将来見た時、明らかに成功した作品だと感じることができるでしょう。





-そういえば、まだ俳優でコメディーをしませんでしたね。

‘彼女を信じないで下さい’があったりしましたよ。





-その映画はロマンチック コメディーであるから、事実本格的なコメディーでは
見るのは難しい側面があります。私の考えにはコメディーも上手にされると思うが、
ひょっとして計画はないですか。

私も現在として仮装してみたいのがコメディーです。
なぜか分からないだろうが、自身もあります。(笑)今期待している作品があるのに、
機会が私にくるかはまだ分かりません。





-ちょっと突然である質問だが、愛のために泣いてみたことがありますか。(笑)

あります。 大学2学年の時でしたよ。





-失恋だったんですか?(笑)

はい。(笑)





-カン・ドンウォン氏をけることができる女はどんな方でしょう。(笑)

その時は何も分からなかった時なので私が執着して困らせました。
そうするうちに結局そうなりましたよ。女子高生であったのにその友人も私の執着を
受け入れることができる年齢ではなかったでしょう。





-カン・ドンウォン氏が見るには俳優ら中に誰が一番よくできましたか。

本当に多いです。 ウォンビン氏がまず浮び上がりますね。
チョン・ウソン先輩とチャン・ドンゴン先輩も省けません。





-現在俳優として悩みがあるならばどうであることですか。

少しあれば休まなければならない時期がくるでしょう? 軍隊を行かなければなりませんから。
それが恐ろしいことはします。俳優として2年間休まなければならないのもそうだけれど、
私に若干の対人恐怖症のようなのがあって、軍隊に行くという事実自体がちょっと恐ろしいです。
ところで、また、実際に近づけば上手なことはします。(笑)再来年話ぐらい行こうとするのに、
以前に最小限二つの作品はして行こうとします。欲同じでは2編を封切りさせて
3回目映画を撮って出た後封切る頃に軍隊に行ったらいいですね。





-本当に計画が具体的ですね。(笑)

私が計画を本当に長く捉えます。(笑)の前に30年ほどの計画があるからです。
それを10年単位で切って、またことが画をたてて、また再びそれを1-2年単位で切って...
私が工大出身ですから。(笑)”





-それではその30年後にはどうだと思って下さい。

五十才までは今のように絶えず演技をするでしょう。
六十まではさっと整理する感じ少しずつ減らし、七十までは人生をおもしろく生きながら
演技生活を終えるんです。 何、七十を越えれば探される方々がないから...





-七十を越えてこそ探される方々がなくなるのですね。(笑)

その時になれば、演技が趣味生活のようになり得るでしょう。(笑)







ドンちゃん自身がぎゅ〜っと詰まっているような記事でした。

それにしても、大学2年の時の失恋、、、この話が凄く印象的でした。
相手の女の子は高校生だったんですね。。複雑〜〜!!

10月16日-15656円 3連敗 ※LC基準値180円 

January 30 [Wed], 2008, 19:50
1 枚
成行 1 枚
17,135 -15,626 全部約定



3連敗・・・ この記録どこまで続くか興味あり もう少し記録更新しそう
  今涙目です(´д⊂)‥ハゥ 

ちょっとオトナ? 

January 18 [Fri], 2008, 8:21
 ちょっとオトナかしら?

 どう?

 似合ってる?

 若干4歳の色気......爆

大台を越えるとき、人は何をするべきか・・・ 

January 13 [Sun], 2008, 17:38
こんばんは、意外にも「勉強を頑張っている自分」に驚いているKENです(笑)


娘の誕生日は、ボクの一週間あとです。。。

今日でした(もう昨日か・・・)


早いもので5歳になりました。。。

いや、そりゃ〜俺もトシとるわけだよ・・・(; ̄_ ̄)=3


来年40になる年なので、何か大きな目標をたてようと思ってます。。。

毎年目標はたててるが、来年は例年以上に大きな目標を・・・



今、日々のサイクルは、「仕事」「運動」「勉強」「寝る(笑)」・・・

「仕事」コレは動かしようがない・・・

「運動」コイツは時間的なものを増減できるので、おいておき・・・

「勉強」・・・今、コレに使っている時間を何に使うか・・・



今回の試験は11月にありますが、そのあと連続で12月に違う試験も受けようと思ってます^^y

この短期間で2つの資格をゲットしようと、たくらんでいるわけです( ̄ー ̄)ニヤリ



そこを踏まえて来年・・・・・う〜ん・・・今年中に考えればいいんだけどさ〜・・・

(´-`).。oO(勉強で考えるか、全然違う事をやるか・・・)


もう、来年の事を考える時期になったんだよね〜・・・早ッ!!


もうすぐ、クリスマスだ・・・・・

鍼灸のイメージについて 

January 03 [Thu], 2008, 15:50
鍼灸のイメージって皆さんはどう感じるでしょうか。

患者さまに聞いてみたところ、

痛い。怖い。
高齢者がやるもの。
癖になる。
怪しい。
肌を見られるのがイヤ。

実際、鍼灸治療を受けた患者さまの感想を言いますと、

鍼はそれほど痛くない。
はじめは怖かったが慣れると怖くない。
身体が軽くなる。
肌を見せるのは恥ずかしいが、症状が軽くなるなら気にならない。
治るならお金がかかってもいい。
などでした。

正直な話、自分も怖いというイメージがありました。
でも、怖くないんです。やらず嫌いってやつでした。
今では、首が凝ってくると自分で鍼を刺してます。

鍼の感覚は、肩が凝っているところをしばらく押すと、ズーンという感覚が
あると思いますがそれと似ています。これを「鍼の響き」といいます。
中国の鍼灸はこの響き感を重要視します。

鍼灸治療は、スポーツの分野においてかなり受け入れられています。
それは、痛みに対する効果に即効性があり、パフォーマンスの向上が得られるからです。
鍼灸治療によって早期に競技復帰が期待できます。
また、スポーツのみでなく内科的な疾患にも効果があります。

癖になるというのは、どういうことかわかりません。効果があるから癖になるのでしょうか。

怪しいと思うのは仕方がないかもしれません。気の流れとかの話が出ると余計そうでしょう。
現在では、解剖学や生理学などで身体の仕組みや働きが解明しつつあります。
しかし、何千年もの昔には解明するすべが無かったので、その働きを「気」という
表現をしました。逆をいえば、その当時から身体にそのような働きがあるという
着眼点を持ったということは凄いことだと思います。

特に女性の方は、肌を見せることに抵抗があるのは無理もありません。
しかし、お腹や背中には治療をする上で重要なツボがあります。
それぞれのツボには意味やつながりがあるということをご理解願います。
下着類を脱がなくてはならないということはありません。
Tシャツや短パンなど軽装で受けることができます。

最近、鍼灸院もイメージが変わりつつあります。
当院もなるべく受ける側に立った治療院作りを目指しています。
治療をお受けになる方は遠慮なく意見を言っていただけた方が
いいですし、その方が治療結果が出やすいと思います。

あのロックがジャズに? 

December 20 [Thu], 2007, 20:38
NUBYA(ヌブャ)は、ナイジェリア人とスイス人のハーフ。スイス北西部、ドイツとフランスとの国境に

近いバーゼルで生まれました。幼少からクラシック・ピアノを学び、その後シンガーを目指しニューヨー

クに渡りジャズ・アカデミーに入学。スイスに戻ってからもクラブで歌う傍ら、セリーヌ・ディオンの前

座を務めるなど、その実力は既に知られるものでありました。本作はタイトルが示す通り、往年のロック

の名曲をジャズにアレンジして、しかも一発録りのライヴ・レコーディングを行ったもの。フォリナーの

M1に始まり、ベース1本をバックに歌うプリンスのM2、まさかのブルースに生まれ変わったKissのM5、そ

の他ジャズ・ファンにもおなじみシンディ・ローパーのM7、ピアノをバックに歌うビートルズのM14な

ど、ユニークな選曲とアコーステイックな抜群のアレンジで聴かせる、ロック・ファンにもたまらないJa

zzy Vocal作品となっています。彼女の天性の素質、DNA に流れる身体能力、そして本場ニューヨークで

鍛えられ体感したジャズ・フィーリングをお楽しみください。

10月30日発売♪

1 Cold As Ice (Foreigner)
2 Kiss (Prince)
3 These Boots Are Made For Walking (Nancy Sinatra)
4 Don't Speak (No Doubt)
5 I Was Made For Loving You (Kiss)
6 Stayin' Alive (Bee Gees)
7 Time After Time (Cyndi Lauper)
8 I'm Not In Love(10cc)
9 Goldeneye (Tina Turner)
10 Halleluja I Love Him So (Ray Charles)
11 Lean On Me (Bill Withers)
12 Summer In The City (The Lovin' Spoonful)
13 (I Can't Get No)Satisfaction (The Rolling Stones)
14 Something (The Beatles)

近畿大会20日開幕! 

December 14 [Fri], 2007, 14:15
来春の選抜大会の最大の資料となる大会で、近畿は今大会の16校のなかから6校が選ばれます。特に1回戦と準々決勝の2回戦を勝ち抜くことが甲子園出場の課題となります。

東洋大姫路(兵庫1位)−八日市南(滋賀3位)
東洋大姫路は右腕佐藤と堅実な守備。八日市南は田中投手が抑えて接戦に持ち込みたい。

神戸弘陵(兵庫2位)ー奈良大付(奈良2位)
神戸弘陵は左打者が多い打線。奈良大付の左腕乾を攻略出来るか。

北大津(滋賀1位)−西城陽(京都2位)
北大津は安定感のある河合投手を擁し経験豊富。西城陽は主戦上原投手と堅守のチーム。

履正社(大阪1位)−県和歌山商(和歌山2位)
履正社は好調な上位打線と安定感のある左腕三村。県和歌山商は主戦館山はじめ投手陣豊富。

平安(京都1位)−報徳学園(兵庫2位)
平安は左腕川口、右腕松田の両投手。報徳学園も右腕岡田と左腕近田。1回戦屈指の対戦。

綾羽(滋賀2位)−郡山(奈良3位)
綾羽は4番北邑中心の打線と主戦鎌田。郡山は大江投手と勝負強い打線を持つ。

智弁和歌山(和歌山1位)−東海大仰星(大阪3位)
智弁和歌山は経験者豊富で強力な打線は健在。東海大仰星は主戦吉田投手が好調。

天理(奈良1位)−PL学園(大阪2位)
天理は田渕、矢之の投手陣に手堅い打線。PL学園は好調の砂原投手と堅守。注目の対戦。

GP スケートアメリカ 

December 11 [Tue], 2007, 9:01
待ちに待っていたフィギュアの季節到来!
今日からGPシリーズ スケートアメリカが始まりました!


と言うわけで14時からBS朝日で中継をするとのことだったので、
って思っていたのになんとなくウトウトしていたらヤバイ!もう15時前だっo( ̄ー ̄;)ゞ


でも見たときにはパトリックチャンの採点のところから見たんで、
高橋大ちゃんの演技はしっかり見れました!



まずは私が見始めた時からの選手の演技は・・・
ここからは私の勝手な意見なんで異議とかはあるとは思いますが、すみません。



まずプレオベール(フランス)!

この人の演技っておもしろくって見ていて楽しいじゃないですか!
だからこそ期待しちゃうんですよね。


その期待を裏切らない衣装!なんかリアルな手がついてるし・・・
フリーは吸血鬼をテーマにしているからこの衣装もちょっと期待しますね。


まずはジャンプ。3フリップー3トーループと3アクセルはミスなく飛んで、
4回転は入れてこなかったのがちょっと寂しいですが、
私の見た感じではちょっと物足りなかったかも??

いつものプレオベールならもっとコミカルな動きとかを期待していただけに、
でもよく考えるとSPだからそんなにコミカルな動きも出来ないか!

こうなったらフリーに期待ですね!明日の演技がどんなんか楽しみかも???

でも始まりからずっと笑顔でなんかみんなを引きつける力ってものがある感じを受けてしまいました。

結果は34.80と32.25 合計67.05とあんまり点が伸びず・・・SP4位
確かにちょっと不完全燃焼という印象が私の中であるかも??


次は昨年の世界ジュニアチャンピオンのスティファンキリエール!
昨年はジュニア大会すべて優勝を飾り、今季シニアデビュー戦のスケートアメリカ。


どんな演技をするんだろうって思っていたら、いきなりサーキラーステップから始まった!
ほとんどの選手はジャンプをまず飛んでからステップ、スピンを入れてくるのに、
ステップから始まったからちょっと??って思ってしまいました。


でも解説の人が言ってたけど、ステップから入ることで足馴らしをして
ジャンプにはいるのはいいかもってことでしたが・・・


ジャンプの方は始めにトリプルアクセル!これはちょっと着地が怪しかった???
3フリップー2トーループ、3ルッツは綺麗に飛んでいたと思います。


全体的に歯切れのいい演技だったと思います。
全体のスピードがもっとあればシニアの大会でも上位を狙えそうな感じがしました。



次ぎにライザチェック(アメリカ)!
この人は長身で手足が長いから、スゴイダイナミックな演技に見えるんですよね!

でも今日の演技はいきなり4−3のジャンプを失敗Σ( ̄⊥ ̄lll)
解説者によると高さがもう少しあればってことでしたが、
ライザチェックのレベルだと、ミスは許されない、4回転入れてくるのが当たり前ってとこがあるから
4回転は必須条件みたいなとこがあるからかなり勇気のいることだと思います。
それをいきなりつまづいてしまって・・・


でもその後の3アクセル、3ルッツはスゴイ綺麗なジャンプでしたよ!

初めのジャンプの失敗をどこまで取り戻せるかってとこでしたが、
やっぱ手足の長さがダイナミックに見えるし、あのダイナミックさにスピードもついてくるから
優雅に見えるし、力強さが見えるからスゴイって感じました。


手足の長さは武器になりますよね。
見た目の綺麗さってのがあるからなぁ〜


33.30 35.40 −1.00 合計67.70でSP2位

確かにちょっと物足りなさは感じましたが、去年は逆転のライザチェックって言われてたから、
フリーでどれだけ挽回してくるか!注目ですね。
それに4回転を決めるのか!ですよね。



ラストは高橋大輔!
ここまで混戦のスケートアメリカだけにどこまで完璧な演技をするかに注目だったんですけど・・・

高橋大ちゃんの今シーズンのテーマは“挑戦!”
白鳥の湖の音楽に載せての演技でしたが、
3フリップー3トーループは高さもあって綺麗だったし、
3アクセルなどジャンプは3つともうまくまとめて、
ここからが大ちゃんの挑戦が始まる!ってことでしたが・・・



今季はダンスの要素を入れてきているってことだったんですが、
動きがスゴイいい!!高橋大ちゃんのステップ好きなんですけど、
ダンスの要素を入れることで魅力が増したって感じでしたね。

リズムもあるし、開場全体が盛り上がってきていた。
今日一番の拍手もあったし、スタンディングオベーションも出ていたし、
見せる演技が出来たのではないだろうか???


でも演技に夢中になりすぎて、踊りすぎてステップが一回抜けたらしが、
それ以外は完璧と言っていいくらいの演技でしたね!

見ていて気持ちよかったもん!このSP好きかも???


でもステップのレベルが1だったのがかなり悔しがってましたね。
盛り上がってくれたからテンションも上がって楽に滑れたってことだったけど、
確かに他の選手との差がくっきりしていたように思いました。


43.04 37.00 合計80.04とSP首位奪取!

2位のライザチェックに12.34の大差をつけての首位だけに、
こうなったらフリーで4回転決めて完全優勝してほしいですね。

日米対抗の時の調子はいまいちだっただけに、
今日のSPは完璧に近い演技だったんでしょうね!

これでかなり有利に立った高橋大ちゃんのフリーがかなり楽しみ!
明日の中継が気になりますし、明日は安藤美姫ちゃんのSPもあるし、
夕方早く帰ってきてテレビ前に集合ですね!


でも大ちゃんのSPは圧巻でしたね。
ステップがレベル1ってことはまだまだ本調子ではないと思います。

大ちゃんのステップは世界一だもん!
あのダンス要素と重なった時のステップを想像するとゾクゾクってしますよね。


モロゾフコーチよくぞあんな振り付けを考えてくれました!って感謝ですね。


さてと今日は無駄に過ごしたくないので、今から部屋の大掃除でもして、
こたつを出そうかなぁ〜
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:iartbo232
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像真那斗
» ラストスパート、かけてみる。 (2008年10月16日)
アイコン画像ダッチ伊藤
» ラストスパート、かけてみる。 (2008年10月13日)
アイコン画像りぃこ
» ラストスパート、かけてみる。 (2008年10月03日)
アイコン画像きりひと
» ラストスパート、かけてみる。 (2008年10月02日)
アイコン画像チャーリー
» ラストスパート、かけてみる。 (2008年10月01日)
アイコン画像ゆりり
» ラストスパート、かけてみる。 (2008年09月28日)
アイコン画像南雲
» ラストスパート、かけてみる。 (2008年09月23日)
アイコン画像えびふりゃー
» ラストスパート、かけてみる。 (2008年09月18日)
アイコン画像火星の後継者
» ラストスパート、かけてみる。 (2008年09月16日)
アイコン画像Muraちゃん
» ラストスパート、かけてみる。 (2008年06月22日)
Yapme!一覧
読者になる