アフリカンランプアイと庄司

June 29 [Wed], 2016, 17:28
「一層ビール」から始まって、親分の悪口を肴(さかな)にやり遂げる酒は賢い。

 お酒のグループの決め方は生です。和風酒やワインより、ウイスキーやアルコールのほうが血糖枚数を上げにくい。しかし、どのグループでも、呑み過ぎには問題がある。

 マサチューセッツカレッジ医学部が発表した報道に因ると、お酒を呑みすぎると細胞が破滅され、腸の雑菌が血中に排出されると言う。

 過剰なスピリッツ取り入れにより、発熱、アレルギー返事をもたらす要因となる血中央のエンドトキシンという毒が発生するというのだ。

 では、「呑み過ぎ」とはどの程度の件数か。ウエイト60距離の他人では、120ミリリットルのグラスで、ワインを3〜4杯飲んだ状態、血中央のエンドトキシンは大量に割増し。グングン腸管の外側に生じるばい菌が血液の中に放出されていることも明らかになった。体中にエンドトキシンがばらまかれるということだ。

 スピリッツは、肝細胞を破壊して肝炎を起こしたり、肝硬変や肝臓がんを結果として起こしたりするともいわれている。

 スピリッツは脂肪カギの発端にも上る。従来、脂肪カギはめったに怖い疾病ではないといわれていたが、脂肪カギから肝硬変にすすむことも最近は確認されている。

 酒量を止めるには、水を一緒に呑むのが相応しい。ウイスキーではチェイサーと言うが、和風酒では和らぎ水というらしき。酒と交互に、同件数の水を呑むようにすると、スピリッツ濃度は薄まり、スピリッツによる脱水も警護行える。

 適度な飲酒は気分転換になっていいが、ともかく、ほどほどに上手につきあってもらいたい。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:イッキ
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/iapmrlrtotit5n/index1_0.rdf