チャコちゃんのお鈴

January 13 [Wed], 2016, 19:06
転職する理由は、書類選考、また、面接において大変重要なことです。相手に納得してもらう理由でない場合評価されません。ただ、転職する理由を聞かれたとしてもどう答えたらいいかわからない人も多いはずだと思います。多くの人が、履歴書を書いたり、面接をしたりする時に、この転職理由が苦労の元となります。転職を考えたときに有利になれる資格といえば、社会保険労務士や公認会計士がその一例になります。これまでの仕事で積み重ねた経験を生かした転職活動をしていこうという方針を持つ人にもお勧めできる資格です。社会保険労務士という資格があれば、総務や人事関係の仕事で採用されやすくなりますし、公認会計士の資格を得ていると財務や経理関係の仕事を得られやすくなります。不動産業界に転職しようと考えているのなら、第一に宅建主任者資格を取られることが先決です。宅建主任者資格がない場合、会社によって採用を見合わせる場合もあると考えられます。業界ごとに必要な資格が変わりますから、転職前に、次の仕事内容にあった資格を取得しておくのも良い方法です。転職を考えた時に、仕事をしっかりと探すためには、それだけ時間が掛かってしまうものです。今の仕事を辞めずに次の仕事を探す場合、仕事探しのために割ける時間は少なくなるでしょう。そういう時、活用を考えてみてほしいのが転職サイトを利用することです。ハローワークに登録をすることで、自分とともにキャリアコンサルタントといわれるサポートスタッフも仕事探しを手伝ってくれるのです。転職活動は今の職を辞める前に行って、転職する先が決定してから辞めるのが理想です。退職後の方が時間の余裕がありますし、すぐにでも働くことが可能ですが、転職する先がなかなか決定しない場合もあります。職の無い期間が半年以上を過ぎると、就職先が少なくなりますから、勢いで現在の仕事を辞めない方が良いでしょう。一般的に、転職する際、有利とされている資格の一つに中小企業診断士があげられます。中小企業診断士の資格をとることで、経営に関する知識を持っていることが認められるので、自らを会社にとって貴重な戦力だと認めてもらうことができます。法律に関する知識が豊富な行政書士やお金に関する知識が豊富なファイナンシャルプランナーも、転職の大きな味方となるでしょう。まず、心から転職したいと思ったわけを考えてみてください。思いつくままに説明する訳ではないので、嘘はつかずに紙に書き出しましょう。そして、それをネガティブな印象を与えないように言葉の使い方を変更してください。なぜ転職するのかの説明ばかりだと潔くないので、なるべく短くなるように気をつけましょう。転職をする際に求められる資格は、専門の仕事以外だと、そこまで多くないようですが、持っている資格を有効に使って働くことができるということでは、やはり、国家資格が有利なようです。また、建築や土木系では「業務独占資格」の建築士などに代表される、該当の資格を所有していないと実際に仕事につけないという仕事も多いため、狙ってみるといいかもしれません。面接での身だしなみに関してはしっかり気をつけるようにしましょう。清潔感漂う服装で面接に挑戦するというのが重要なポイントです。平常心ではいられないと思いますが、粘り強くシミュレーションしておき、本番に備えるようにしておいてください。面接で質問される内容は大体決められていますので、事前に、答えを想定しておくことが大事です。人材紹介の会社を通して満足する転職が出来た人も少なくありません。自分だけで転職活動を行うのは、辛い気持ちになることも多いです。転職活動が長引くと、どう進めて行ったら良いのか、分からなくなることもあります。その点、人材紹介会社では、自分の状況に応じた応募先を教えてくれたり、頼りになるアドバイスをもらえるでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:拓実
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ialle1carscpee/index1_0.rdf