妊娠における体の変化や胎児の健やかな発育をサポート

March 03 [Fri], 2017, 21:49
妊娠における体の変化や胎児の健やかな発育をサポートする栄養素として、最近では葉酸摂取による効果が認められるようになってきました。葉酸とは、ビタミンB群に属する栄養素で、十分な摂取によって、葉酸の摂取不足の場合に対して、胎児が神経系障害を発症するリスクが下げられ立というデータがあるのです。

厚生労働省の発表によりますと、0.4mg(1日当たり)を推奨値と定めました。



この数値は受胎直後からの推奨値ですので、受胎直後から赤ちゃんが健やかに成長するように、妊娠中の方はもちろんのこと、妊娠を計画されている方や妊活中の女性も、是非、葉酸を意識して摂取してみてちょーだいね。二児の母です。妊活をしていた時、産み分けについてママ友から教えて貰い、本で詳細をしりました。
一人目に男の子を産んでいたので、次は出来たら女の子が良いなあ、と思っていました。本には排卵日の特定法や、タイミングの合わせ方についてのアドバイスが掲載されていたので、それを見ながら産み分けを実践していました。妊娠した時は、産み分けの事がありましたから赤ちゃんの性別が分かるまでは期待と不安が入り混じったような気持ちでしたが、女の子でしたから、主人もとても喜びました。


産み分けをして良かっ立と思っています。

妊娠後、赤ちゃんのために葉酸を摂取している方へのアドバイスなのですが、葉酸を出来るだけ、普段の食生活で補おうと、葉酸をふんだんに含んでいる貝類やホウレンソウ、またはレバーを、意識して摂るようにしている方も多いと思います。
ところが、葉酸は加熱すると溶け出してしまう性質を持っています。そのため熱を加えてしまいますと葉酸が溶け出てしまっていることもあります。

総合的な摂取量としては足りないという事もあるので、注意して下さい。

ナカナカ妊娠できないという人は、基礎体温の管理から始めてみると良いでしょう。
基礎体温は運動などによる変化がありませんから、ホルモン状態の変化や排卵周期が分かり、不妊治療の大事なきっかけになるのです。



基礎体温表を作るには、経過をみるために「毎日」、活動量の影響をうけない「起床時すぐ」に測るというおやくそくがありますから、きちんと守っていくことが大事です。最初の1か月は慣れるつもりで始めてみましょう。葉酸の過剰摂取による副作用は、吐き気であるとか食欲不振などの症状を訴える方もいますし、体が向くんだり、不眠症のような症状が出る方も居るようです。

妊娠初期の神経質な時期には葉酸を摂りすぎる場合がありますので、適切な摂取を心がけるようにしましょう。もちろん、葉酸はご飯で摂取できるのが一番なのですが、サプリを利用すれば、一日に葉酸をどれだけ摂っているのか簡単に管理できますから、推奨される摂取量をちゃんと摂りたい場合には是非試して貰いたいですね。
亜鉛と言うとアルコール分解やコラーゲン(美肌効果や関節痛などの改善効果が期待できるとして、たくさんの商品が開発され、売られています)の精製など、人間の体にとって必要不可欠の栄養素ですよね。妊活中にも、亜鉛が妊娠に重要な役割を与えています。


亜鉛不足に陥らないよう気を付けてちょーだい。なぜなら亜鉛は、卵巣に作用する事で、健康的な卵子を成熟させるのに、大変重要な役割を果たしている事が分かったからです。



妊娠を要望している女性だけでなく、男性が摂取した場合、質の高い精子をつくることをサポートする効果があるのです。健康な赤ちゃんを授かることの出来るように、夫婦での亜鉛摂取を実践してみましょう。
葉酸のサプリは様々にありますが、妊婦や妊活中の女性にとって嬉しい成分がしっかりとふくまれているサプリと言うと、ピジョンが出している葉酸サプリが一番おススメですね。こちらの会社が販売している葉酸サプリにはいくつかタイプがあり、それぞれの成分が異なっています。

大抵の商品が葉酸だけではなく鉄分をプラスしたものや、カルシウムがプラスされたものなど、それぞれに特長があります。
どれも妊婦にとって不足しがちな栄養素ですし、こうした成分がまとめて一錠にまとめて詰め込まれています。



この葉酸サプリであれば、イロイロなサプリを複数飲む必要が無いため、楽に栄養が摂れるので嬉しいですね。

ご自身の食生活や状況に合わせて、不足しがちな成分が含有したサプリを選んでちょーだい。妊活中や妊娠中の多くの方が、葉酸の名前を耳にしたことがあると思います。



それもそのはずで、妊娠と葉酸は切り離して考えることは出来ない程、関係の深いものです。


なぜなら、妊娠初期に十分な葉酸を摂取することで、胎児の先天的な異常を発症するリスクを低減してくれると言われているからです。この話はもちろん、妊活中の女性にまあまあ、最も重要な栄養素であることはミスありません。妊娠が分かった後、急いで今まで不足していた分の葉酸を摂取しようとても、あまり意味はありませんし、過剰摂取は禁物です。


そのため、妊娠しても問題の無い母体になるために、出来るだけ早い妊活中の時期から、葉酸をたっぷり摂取する事を心掛けてちょーだい。

不妊でクリニックに通うのはお金がかかりますし、精神的に参ってしまう人も少なくありません。自治体の助成金制度をつかってても、一定の年齢(40歳程度)を超えると支給回数が減るケースが多いです。治療を始めた年齢を考えると40歳以上といってもまだまだで、助成回数を増やしたほうが良いように思います。実は私自身もすでにアラフォーですので、常に急かされているような気がして、落ち込むことが多くなりました。

基本的に、葉酸は妊娠前から妊娠3ヶ月の期間の摂取が必須であると厚生省が推奨していますが、この期間を過ぎた後、具体的には妊娠中期から後期の妊婦にとって、葉酸は不必要なのか?という疑問も抱きます。しかし、決して沿うではないんですよね。



葉酸のはたらきである、赤ちゃんが先天性の障害を発症するというリスクを減少させるという有効性に限った話では、先に述べた妊娠初期という摂取時期が重要な期間だという事です。


ですから、おなかに赤ちゃんがいる間でも、特に妊娠3ヶ月までの葉酸摂取が、強く勧告されているという事です。大きくなってきたおなかを見ると、最近まで不妊治療に通っていたのが嘘のようです。疑い始めたのは結婚3周年を迎える前でした。



タイミングがわかるよう基礎体温アプリを使ってみましたが、妊娠しなくて、こればかりは神様次第かなと思いました。
でも、同年代のご夫婦がおこちゃまを連れてる姿を見るたびに、焦るやら、落ち込むやらで大変でした。ウィメンズクリニックでは多嚢胞性卵巣症候群と診断され、排卵誘発剤が有効というので試してから、早々に妊娠が発覚しました。



悩んでストレスを貯めるより早々に受診したほうが、体にも良いと思います。
妊娠における葉酸の効果が認められてから、病院や産婦人科でも妊婦への摂取が勧められているんですよね。



病院や産婦人科の診療方針によっては、サプリメントのサンプルを妊婦さんに渡している場所もある沿うですから、葉酸がいかに妊婦にとって有益なのかが分かると思います。ですが、妊娠中に葉酸を意識していなかった、という方もいらっしゃいますよね。



もし、こうした方法で摂取をしていなかっ立としても、問題はありません。
サプリ等で摂取する印象が強い葉酸ですが、実はビタミンの一種です。


ですから普段食べる機会の多いほうれん草などの青菜類や、肉類にも入っている栄養素なのです。



ですから、普通のご飯を摂っていたならば、ある程度の葉酸は補給できています。不妊の要因になるものといえば、受精卵が着床しにくくなる子宮着床障害や、排卵がスムーズでないといった女性由来の場合と、極端に精子の数が少ない無精子症や性機能障害といった男性由来のものとが挙げられるでしょう。もし不妊の原因が何か分かっていても、それだけが原因とは言い切れません。

不妊対策をしたいと思ったら、両親ともに受診して検査をうけることが必要です。

赤ちゃんを授かって病院がおこなう栄養指導や、地域が主催する、母親学級をうけに行った方は多いと思います。
実際には、こうした機会に葉酸の多い食品を知っ立という方も多いですよね。

一般的に、葉酸を多く含む代表的な食べ物としては、レバーを挙げることが出来ます。ほうれん草などの野菜にも、多くの葉酸がふくまれています。
食べ物を調理して葉酸を摂取しようとする場合は、葉酸が熱に弱く分解してしまい、体内での吸収率が悪いという性質を理解して、葉酸摂取の計画を立てましょう。
「葉酸」はビタミンの一種ですから、ビタミンを多く含んだ食べ物には「葉酸」も多くふくまれています。フルーツの中では、代表的なものにイチゴやライチがあると知られていますね。

その他の果物にも、葉酸が多く含有しているものがあります。アセロラやキウイフルーツ、意外なところでは柿にも葉酸は多くふくまれています。または、かんきつ類も葉酸が豊富な果物に当たります。

葉酸摂取の手間を出来るだけ省きたいとお考えの方は、オレンジジュースを飲んで葉酸を補給するのも良い方法だと言えますね。


P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:リンネ
読者になる
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる