看護師は見た!冬の病気の恐怖

February 04 [Tue], 2014, 10:08
放置しておくと症状が悪化するだけではなく、糖尿病などの違う病気も併発する恐れがあります。
秋ごろまでは散歩によくでていたのですが、最近は寒いので室内でテレビばかり見てしまうと嘆いていらっしゃいました。
排尿の量が減少している、唇がカサカサと乾いている、泣き方が弱い上にぐったりとしているといった症状が見られたときには、早期に病院を受診しましょう。
インフルエンザは「知っておきたい」ではなく、常識であるそうです。
医療機関の多くがお休みになる年末年始、日曜祝日、夜中など、子供が熱を出したり吐いたりしてしまったら困りますよね。
百日咳というと、こどもの病気というイメージがします。
冬に多い、感染性胃腸炎の原因のノロウィルス。
また、膀胱炎には他の婦人科系の病気や腎臓に関する病気などにつながる恐れもありますので、注意して治療を進めるようにすることが望ましいそうです。
診断結果は百日咳様疾患でした。
肥満症は心筋梗塞や、糖尿病など重大な疾患をひきおこす原因になっています。
救急車を呼び、心臓マッサージを施してもらい一命は取り留めました。
看護師が知っておきたい冬の病気大解析
看護師が知っておきたい冬の病気を探求するブログ
看護師が知っておきたい冬の病気なぜなに
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:iaitjlli
読者になる
2014年02月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/iaitjlli/index1_0.rdf