岩上が真鍋

September 20 [Tue], 2016, 12:06
ニキビというのは、10代の若い子たちや学生たちが使う言葉で、20歳以上になるとニキビとは言わないななんてよく聞きます。
つい先日、何年ぶりかで鼻の頭に大きな吹き出物ができたので、主人に、「ニキビ作っちゃった」というと、笑いながら、「その歳じゃもうニキビなんて言わないよ」と、言われてしまいました。



一般的にニキビは繰り返しできやすい肌トラブルなのです。
症状が治まったからといって不摂生な食生活などをしていると、また繰り返しニキビができてしまいます。
繰り返し出来ないようにするには、お肌を清潔に保つようにし、不摂生な食生活をせず、たっぷりと睡眠を取る事が重要だと思います。一般的にニキビになるとほぼ潰してしまいます。

しかし、跡が気になるから潰すな、と、いう説が主です。早急に治すには、ニキビ専用の薬品が何より効果的だと思います。
潰したニキビ跡にも効果があります。


洗顔後に化粧水・乳液を塗って、ニキビ箇所を選んで薬を使います。妊娠の初期はホルモンバランスの乱れが原因となってからニキビができやすくなってきます。


さらに妊娠による精神的なストレスもニキビができる原因となります。とはいって、抗生剤等は使用できません。ホルモンバランスがちゃんと整えられるように、とにかくリラックスをして、身体を労わるようにしましょう。



何をしてもにきびが出来てしまうときには、単に今あるニキビを治すという考え方を変えて、ニキビの本当の原因は何かを突き止めて、それにあったケアが見つけなければなりません。慢性的なニキビの原因として、ホルモンバランスや食習慣が乱れていたり、化粧品が毛穴に残ってしまっているなど、ニキビの原因には様々なものがあります。慢性的なニキビの理由に正面から向き合い、あなたに一番合ったケアをしましょう。



ニキビが悪化すると、芯を持ったように固く、触ると痛みを感じるといった症状が見られます。

ニキビが出来たら、ついなんとなくその箇所を確かめたくて触ってみたくなりますが、触ってしまうとさらに雑菌が入って長引く原因となるので、ケアとしてニキビ対策用のクリームを塗るなどして、清潔な状態を保つようにしましょう。徹夜ばかりしていたらニキビ面になってしまいました。

私はすぐニキビができる方なので、わずかでも肌に負担を掛けるとニキビが発生するのです。

だからどんなに忙しくても、できるだけ早く寝てしっかりと睡眠時間を確保するように注意しています。


睡眠時間足りなくなることがニキビを作り出す原因だと思います。



ニキビなどは誰しもが素早くキレイに治したいものです。ニキビを素早く治すためにも、ニキビには触れないことが重要なことです。

雑菌の付いた手で軽い気持ちで触っていると、ニキビを悪化させてしまいますし、触りすぎてしまうとお肌のほうを傷つけてしまいます。

ニキビは男女にかかわらず、難しい問題です。
なるべくニキビにならないように対策をとっている人は多数いると思います。ニキビに効くお手入れ方法の一つに水洗顔が挙げられます。ニキビ顔になってしまうと、洗顔を何度もしてしまったり、洗浄効果の高い洗顔料で洗顔したい気持ちになりますが、これらはダメなのです。生理が近いとニキビになる女性は多いと思われます。

ニキビになってしまう理由として、ホルモンバランスが乱れ、肌が不安定な状態になってしまうのと、生理の前にはどうしても甘いものが無性に食べたくなったりするので、ニキビが出てしまうことが少なくないのでしょう。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:フウマ
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/iaiaulzqesnros/index1_0.rdf