ピンポンパールの石塚

December 06 [Tue], 2016, 9:59
ご存じない人も多いんですが、ストレスがあると胸を大きくすることの妨げになることがあります。
ストレスがたまると体がいつも緊張状態になり、血行が悪くなります。

血行が悪いとなると、バストが成長するのに不可欠な栄養素が十分に届けられないので、どんなにバストアップにいいものを摂取しても、効果を期待することは不可能でしょう。

昔っから、胸の大きさをアップさせるには鶏肉がいいといわれています。

これは鶏肉にバストアップに不可欠なタンパク質が十分含まれているからです。

さらに、タンパク質を口に入れないと筋肉を保つことができないので、胸が下に向いてしまいます。それゆえ、バストアップをしたいのであれば、鶏肉をとにかくできるだけ食すようにしてください。
胸を大きくする方法にはさまざまありますが、簡単で確実な方法であるほど、高額な費用が発生しますし、リスクも大きいです。例えば、豊胸の手術を行うと、すぐにほぼ理想通りのバストになれますが、後遺症を抱えたり、誰かに気付かれてしまうこともありえるでしょう。

即効性はありませんが、着実なやり方でコツコツと育乳させていくべきです。偏った食事は胸の成長に良くないと囁かれています。
つまり、バストアップに効果的な食べ物を中心に食べていても育乳に効果が出るわけではないということです。特定の栄養限定で摂取していても胸を大きくするのは不可能です。
日頃の食事で色々な栄養を偏るなしに摂るということが育乳には必要となってきます。自分のオリジナルの方法でブラジャーを着用している方は、正しい着用方法を確認してみてください。


ブラのつけ方が違うせいで、胸を大きくすることが出来なくなっているのかもしれません。ちゃんとしたやり方でブラをつけるのは、手間と時間をかけることになりますし、骨が折れると思うこともあるでしょう。


しかし、諦めずに続けるうちに、だんだんとバストアップできるはずです。


近年では、胸が大きくならないのは、親からの遺伝というよりも生活習慣が近いことによる原因というのが研究により明らかになってきています。
不適切な食生活や運動不足、不規則な睡眠などが、胸の成長の妨げとなっているのかもしれません。家族の間でもバストのサイズが違うことは、多くみられる傾向ですから、成長する可能性があります。豆乳には女性ホルモンの種類の一つであるエストロゲンとよく似た効果があるイソフラボンという成分が配合されています。イソフラボンをとるとエストロゲンの分泌を活発にするため、バストを大きくする効果が望めます。
ほかにも、豆乳には質の良いタンパク質が配合されているというのも胸を大きくするのに効果があるといわれている理由です。お胸を大きくするのに有効な生活習慣で最も重要なことは睡眠をたっぷり取ることです。特に睡眠が不十分だとバストアップが実現しませんので、1日におよそ7時間睡眠を取るようにしてください。布団に入る直前にスマホやパソコン、TVなどを見ないよう心がけて、より質の良い睡眠を得るのも大切なことです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:陽愛
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる