弐寺報告 

March 13 [Thu], 2008, 17:53
pinkroseのハイパークリアに成功しました〜
取りあえずさりげにBlindJusticeが難しいような感じがしました。取りあえず本日はこのくらいです〜

小さい秋見つけた(上野界隈) 

February 17 [Sun], 2008, 9:02
文化の日、晴天に恵まれて上野界隈を散策しました。
本格的な紅葉はまだまだですが、色づいた葉や、高い雲に秋を感じました。
気持ちの良い午後のひとときでした。

おまつり♪ 

February 13 [Wed], 2008, 4:45
今日は駅のところでお祭りがあったので、



バスに乗って行く事にしました。



が、お財布を見たら小銭もなければ千円札もなく、



あるのは万札だけ・・・・



1万円だとバス乗れないんですよね。   /(-_-)ヽコマッタァ



仕方がないので、いびに「帰りは絶対バス乗るから。」と約束して、



行きはタクシーに乗っていきました。





土曜日ということで、ものすごく混みあっていましたが、



そんな中でも目ざとくお面を発見!



で、もちろん買わされました(T0T)







次に見つけたのはヨーヨー。







その後はサッカーゲーム。







みぃは失敗!ゴールならず。







いびは見事ゴール!!






その後もくじ引きなどをして、おなかがすいいてきたのでお昼にしようということに。



せっかくのお祭りだし、お好み焼きにしようか、やきそばにしようか悩んでいたら、



みぃ「ハッピーセット!!」



私「・・・・はい?」



いび「おらシェーク!」



私「はい・・・・(T-T)」



せっかくのお祭りなのに、どこでも食べられるマックに決定(ノ_-。)



みぃ&いび「ママ、みて〜!」







はい、バカ姉弟です・・・・




食後は近くのビルの屋上にあるチビッコ広場へ。











しばらく遊んで「はい、じゃぁそろそろ帰るよ〜!」と言うと、



いびくん「やだ!まだあしょぶの〜!!」



出たよ(-_-メ)



私「あっそう、じゃぁママたち帰るね。元気でね、バイバ〜イ!」



いつもだったらこんなこと言われても全く気にせず遊びだすいびですが、



今回行ったこの場所はいびくんもはじめてだったので、



「待ってよ〜」ε=ε=ε= 。・゜(゜ノT-T)ノ







泣きながら追いかけてきました(。・m・)クスクス






そしていびくん念願のバスに乗り、



さぞ喜んでるかと思いきや・・・・







二人とも爆睡(*^▽^*)





いっぱい遊んで疲れちゃったのね(='m&#039



子供の遊びつかれて寝てる姿って、とってもいとおしく感じるのは私だけでしょうか?

エスカレーター事故 

February 04 [Mon], 2008, 5:02
エスカレーターの事故が続いてます。。。
今回はトラベレーターというスロープ式ですが。
友達3人と買い物に来てた小3の男の子が
事故防止用に取り付けてある保護板と手摺りの間に首を挟まれて重体だそうです。
板は固定されてる上に
手摺りとの隙間は14.5cm。
手摺りの外側に落とした50円玉を取ろうと
乗り出して挟まれたそうです。
事故防止用の物で事故が起きてしまうなんて。。。
回復してほしいですね。
開店間もない頃に1回行っただけだけど
知ってる店で、そんな事故が起きてたなんて驚きでした。。。

幼稚園視察 

January 21 [Mon], 2008, 10:28
今日は、長男と一緒に来年入園予定の幼稚園へ視察へ行って来ました。

その園には私の学生時代からの友人の娘ちゃんも通っていて、長男とは大の仲良し☆

その娘ちゃんは、教室でピアニカの練習をしながら、私たちに満面の笑みで手を振ってくれました。

相変わらず、美女な娘ちゃん。長男の嫁になってくれたらいいなぁなんて、遠い先のお話。

私は、園にお邪魔してすぐに『ここに絶対通園させたい!』と強く思いました。

それはなぜかというと、教室を案内してくれた園長先生と擦れ違う子供たちがみんな『えんちょーせんせーーーー!』と抱きつき、好き好きモード全開なのです。

園長先生自ら何百人の園児の保育にしっかりと携わり、子供たちとの信頼関係を築いているというのが、見ているだけで分かるのです。

お父さんみたいな園長先生の保育指針を聞いていくうちに、何だか親の私の心が洗われていく気分でした。

こんな幼稚園に通わせることができたらほんとに素敵だなと思います。

まさに、私や夫にとっては理想の園でした。

長男は4月まで待てないといった様子。

視察の段階でもう『帰りたくないっ』を繰り返していて、ダダをこねる長男を引っ張って帰りました。

園長先生がいろんなお話をしてくれたのですが、一番心に響き、考えさせられたのは

『お父さんお母さんは、自分の子に対して怒らなければならないところはなかなか怒らず、褒めなければならないところは目一杯褒めない。怒らなくていいところでガミガミ怒って、寝顔を見てごめんねって言うでしょ?』という言葉。

確かにそうだなぁと。園長先生いわく、親とはそういうものだと。

先生もそうだったらしく、簡単なようでなかなか出来ないのが怒ることと褒めることらしいのです。

言われてみれば、そうかもしれませんね。

夫と晩酌中にその話をして、自分たちも忙しさを理由にしてその傾向があったなぁって反省しました。

夫も絶賛の園長先生、ありがとうございました。なんだか育児がさらに楽しくなってきつつあります。

『深呼吸の育児』なら私も息子たちものびのび過ごせますね。当たり前の事に気づけた、とてもいい日でした。

うちのペット 

January 16 [Wed], 2008, 22:08
 我が家にいつの間にかやってきた居候。

それは『ヤモリ君』。

夜になると台所の窓にやってくる。

そしてやってくる虫を次々とパクつく。

じっと見ているとゆっくりと体勢を動かし、準備をする。

そして一気に走ってパクリと加える。

だけど時々大物過ぎて逃がすこともある。

その姿が妙に可愛くて今、とっても気になる存在。

でも時々夜、外出して夜遅くに戻ったときは、慌ててキッチンの電気をつけてあげる。

するとすぐに顔を出す。

だけど夜遅くは虫もあまり飛んでいないんだな〜。

ペットに餌をやるのに『明かり』をあげることはあまりないだろう。

今夜も変わった『餌』をあげそこないました。

『ごめん!!やもりくん』

献品に・・・ 

January 09 [Wed], 2008, 20:57
行ってきました〜。
一安心です。

H先生と、話も出来たし・・・

事務所の先生方が、「キティ」の帽子、を気に入ってくださったりしたので・・・
売れるかなぁ?

売れ残りは、午後、引き上げて帰りたいので、無理に購入してくれなくていいということを、お手伝いに行かれる方は、今年の役員に伝えていただけませんか?
養護のバザーもあるので・・・そちらにも、だそうかな、と思っていますので・・・。

よろしくお願いします。

「内村鑑三一日一生きょうのことば」 10月20日(土) 

December 22 [Sat], 2007, 12:36
'''「内村鑑三一日一生きょうのことば」'''(教文館発行:続「一日一生」内村鑑三より)



'''10月20日(土)'''



与えよ。そうすれば、自分にも与えられるであろう。人々はおし入れ、ゆすり入れ、あふれ出るまでに量



をよくして、あなたがたのふところに入れてくれるであろう。あなたがたの量るその量りで、自分にも量



りかえされるであろうから。(ルカ伝六・三八)




慰められんと欲する者は慰められない。慰めんと欲する者のみ慰められる。助けられんと欲する者は助け



られない。助けんと欲する者のみ助けられる。教えられんと欲する者は教えられない。教えんと欲する者



のみ教えられる。主の言い給えるがごとし。すなわち「なんじら、人に与えよ。さらばなんじも与えられ



るべし…。なんじらが人が量らるべし」(ルカ伝六・三八)と。自己の弱きをのみ悲しみ、自己の不足を



のみ、かこち、自己の痛みのみを感じ、ただひとえに人に慰められんと欲し、助けられんと欲し、導かれ



んと欲する者は、いつまで待つも、慰められず、助けられず、導かれないのである。慰められんと欲する



か、自ら進んで、自己よりも不幸なる人を助けよ。助けられんと欲するか、自己より弱き人を助けよ。教



えられんと欲するか、自己よりも愚かなる者を教えよ。まず与えうるにあらざれば得るあたわず。人を量



るその量器をもって量らるべし。(信一六・二七九)

セフ・フェルフォーセン監督辞任 

December 13 [Thu], 2007, 6:34
グランパスのフェルフォーセン監督が今季限りで辞任
サッカー界からも引退するそうだ



フェルフォーセン監督は、3年計画の2年目だったのだが
今季限りで辞任・・・
故障者が多く選手層が薄い中で
今年は、戦術を考え
ここまでよくやっていたと思う
現在順位は12位と去年の7位と比べると
決して良いものでは無い
しかし、去年と今の戦力を比較すると
今の順位も仕方が無いのかも



残りの試合もフェルフォーセン監督の
ボールを支配するサッカーを見せてもらいたい
そしてもちろん勝ちにこだわってもらいたい



フェルフォーセン監督の印象は
試合においての戦術以上に
サポーターに対して、とても親切な監督って事だ
サインには、必ずと言っても良いぐらい応じてくれるし
写真もいっしょに撮ってくれる
とても紳士的な人でした
笑顔でサポーターと接している姿が
ホント、とても印象に残ってます







次期監督が誰になるって事より
とにかく目の前にある試合が大切
天皇杯もあるから・・・



とにかく応援するしかない
勝利のために




'''FORZA NAGOYA'''

臓器移植法10年/法改正と支援策の再考を(河北新報社社説) 

December 07 [Fri], 2007, 1:43
臓器移植法10年/法改正と支援策の再考を

 あまりにも少なすぎる。こう指摘せざるを得ないのは国内で実施された脳死者からの臓器移植だ。1997年10月に臓器移植法によって合法化されてから10年が経過したが、脳死移植が実現したのは米国の年間実施数の1%にも満たない62件にすぎなかった。法制化をめぐって国民的議論が巻き起こった経緯があるだけに、このまま放置していいのかと問い掛けたい。

 なぜ、脳死移植が進まないのか。提供者側の問題点から指摘したい。脳死での臓器提供は提供者本人の書面による意思表示を条件にしており、意思表示カード(ドナーカード)を持つ人は8%程度(内閣府調べ)にとどまっている。さらに、その中で、提供の意思があるのは1―2%とみられている。

 6月末現在で、この10年間、日本臓器移植ネットワークが亡くなったと連絡を受けた1316人がドナーカードを所持し、うち866人が脳死下での臓器提供の意思を示していた。しかし、臓器提供が行える施設(ドナー病院)に運ばれたのは、その半数の421人にとどまる。さらにこの中で、脳死状態を経たと思われるのは95人だった。

 移植への理解が広がらない上に、移植に同意するカードを所持していてもドナー病院と結びつかない。ドナー病院まで結びついても脳死判定に至らない。こうした実態を考えると、基になる母数を増やさない限り打開策はない。

 国会には現在、年齢に関係なく、本人の意思が不明な場合には家族の同意で脳死者からの臓器提供を可能にするA案と、本人の書面による意思表示を変えずに、提供可能な年齢条件を15歳から12歳に引き下げるB案の2つの改正法案が提出されている。だが、年金制度改革などの重要課題に隠れ、実質審議には至っていない。改正二法案は2005年8月にも国会に提出されたが、「郵政解散」ですぐ廃案に。政局に翻弄(ほんろう)され続ける皮肉な巡り合わせに、患者支援団体などの焦りは強まっている。

 足踏み状態が続くのであれば、10年間の現実を直視して、幅広く識者を集めて「第二次脳死臨調」を設置するのも一つの方策ではないか。心臓移植については体重差制限により、体重の軽い子どもへの移植は困難といった問題から、経営環境が厳しさを増す病院の脳死判定態勢づくりの負担をどう軽減するのかといった問題まで、各段階ごとに課題が山積している。こうした問題も一度総点検した上で、法整備と合わせて改善策を考えるのも意味があろう。

 脳死移植は、「命のリレー」と称される。移植を待つ登録患者数は全国で約1万2000人おり、うち東北には約800人いる。日本移植学会によると、臓器移植法施行後、心臓だけで約80人が海外に渡っている。ドナーが見つからないために家族からの生体部分肝移植を決断する患者も多い。海外に依存したり、健常者にメスを入れたりせずに済む自立的な医療になるよう、願うばかりだ。

2007年10月28日日曜日
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:iaerbe184
読者になる
2008年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像☆ネル☆
» 弐寺報告 (2008年10月22日)
アイコン画像タイラノ清盛
» 弐寺報告 (2008年10月19日)
アイコン画像ヨシオ
» 弐寺報告 (2008年10月16日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» 弐寺報告 (2008年10月11日)
アイコン画像めーたん
» 弐寺報告 (2008年10月10日)
アイコン画像きりひと
» 弐寺報告 (2008年10月03日)
アイコン画像りぃこ
» 弐寺報告 (2008年10月02日)
アイコン画像マヨネーズ・ラテ
» 弐寺報告 (2008年10月01日)
アイコン画像ハム太郎
» 弐寺報告 (2008年09月27日)
アイコン画像ikumi
» 弐寺報告 (2008年09月26日)
Yapme!一覧
読者になる