カーターの藤田

September 22 [Thu], 2016, 11:45
最近は金買取を利用する方も増えてきましたが、初めて利用する際には何より買取額を気にされていることでしょう。でも、買取額は一概には言えません。金の値段を決める金相場は、毎日変動しており、いつ売るかによって値段が大きく変わってくることもあります。なので、手元の金を少しでも高い値段で手放したいなら、ネットで情報を見て、価値が上がるタイミングを見計らうことが大事になってきます。不要な金を買い取りますという電話を先日受けました。営業の電話は普段から色々かかってきますが、金買取の話はこれまでになかったので、ちょっと中身を聞いてみようかという気になりました。色々と聴いてみたら、家にある貴金属、例えば金のアクセサリーなどで、ずっと身に付けていない品があったらその業者に売却できるという話でした。それなら色々あったなあと思って、トントン拍子で、査定に来てもらう話がまとまりました。贅沢品の代名詞である金。しかし、実は我々の日常生活の中にも、金の加工品がそこかしこに潜んでいるものです。金歯はその一例と言えるでしょう。こういうものも金買取で値段が付くので侮れません。とにかく金で出来ていれば、形は問わないわけです。数千円から一万円程度のお小遣いが入ってくることが見込めるので、歯医者さんで治療を受け、金歯が不要になったときは捨てずに買取店に持ち込むのをお勧めします。金買取業者は大抵の場合、トラブルを避けるため、年齢制限が設けられている場合が多いです。したがって、中高生など未成年は買取してもらえないのが一般的です。僅かながら、18歳以上なら買取を受け付けてくれるところもありますが、法定代理人である親が署名捺印した同意書が必要です。加えて、たとえ18歳からOKの店でも、本人が高校生であれば買取はできないのが普通です。2008年のリーマンショック以降、現在までの数年間で、少しずつとはいえ、金の市場買取価格が上がってきています。また世界の金融を巡る動きとしては最近、ギリシャ国内では、経済危機が限界に達したため、銀行預金が自由に引き出せなくなってしまいました。リーマンショックと同様、ギリシャのこの事態も、金製品の買取価格が上がる要因の一つになったとみられています。最近、金の価格が上がっていると聞いたので、自宅にあった金製品の買取をショップに依頼してみると、刻印が入っていないものは買取れないと言われてしまいました。刻印の入っているものもあったので、それだけ買取してもらってもよかったのですが、査定金額も低くなる上、手数料を引かれるとほとんど残りません。それよりは一括で買ってくれる店を探した方がいいと思って、多くの貴金属店が軒を連ねる御徒町に足を運んでみました。御徒町のお店は、町の買取ショップとは違う、本当の専門家揃いでした。比重検査、試金石検査などで金の純度を調べてくれて、全ての品物を無事に買い取ってもらうことができ、大満足でした。最近数が増えてきた金買取ですが、その中には明らかな詐欺もあるので気を付けてください。中でも「訪問購入」のケースは悪質なものが多いので気を付けましょう。いきなり家にやってきたかと思うと、しつこく金製品の買取を勧めてくるという事例です。こうした訪問購入は近年問題視され、法規制もされていますが、ほとんど二束三文の値段で換金させられたり、後から売却のキャンセルを申し入れても応じなかったりと非常に悪質です。弱々しい態度で話に応じていると、ひどい被害を受けてしまうので、怪しい人間が訪ねてきたら、きっぱりと拒絶してください。金のネックレスやブレスレットといった装飾品、あるいは指輪など、今では全然身に付けていないという金製品をそのまま眠らせておくのは得策とは言えませんね。使わない貴金属の処分に困ったときは、「金・プラチナ買取」を掲げている店に買取をお願いしてみましょう。金製品ならどこの店でも買取可能なことが多いです。最も高価な24金(純金)の場合、現在は1グラム4800円程で買えますので、それと比べればやや低めの買取金額になりますが、買取と言って一般にイメージされるよりはずっと高い金額で売却できる可能性が高いです。最近流行りの金買取ショップでは、意外なほど様々な種類のものが買取の対象になっています。「金の買取」などと言うと、豪華な屋敷の金庫に入っている金の延べ棒などが一般的にイメージされるのかもしれませんが、買取店で取引される品物はそれだけにとどまりません。意外なところではメガネなどです。メガネのフレームで金が使われているものや、古い金歯などだって値段をつけてもらえるのです。金のアクセサリーを買取に出そうという際に、候補に挙がってくるのは、金の高価買取を掲げているような、街のお店でしょう。そうは言っても、一見さんお断りのような雰囲気があったり、そうでなくても恥ずかしくて入りにくいと感じる人が私の周りにも多くいます。さて、そういう場合には、デパートでの買取がお勧めです。デパートの中にお店を構えている場合もあれば、催事場でやっている場合もあります。やはり小さなお店よりもデパートの方が信用があり、あまり慣れていない方にはぴったりだと言えます。そこのお店で売却すればいい値段になるという売り文句につられて行ってみたところ、査定の段になってから色々と難癖をつけられ、結局は安価で無理やり売却させられてしまったなどの「被害」に遭ってしまった経験をお持ちの方もいるでしょう。最近増えてきた買取ショップの中には、客の無知に付け込んで悪質な営業を行っているところも存在するので、店を選ぶ際には慎重になりすぎるくらいが丁度よいでしょう。黙って泣き寝入りするのが嫌な人は、警察よりも消費者センターにまず相談してみるのが効果的です。タンスの奥に仕舞いっぱなしの金の指輪やネックレスなどがある人は多くいるようです。知人にあげるのも捨てるのも何だかなあ、という場合は、買取ショップへの持込みも有力な選択肢ですね。そうした買取を専門としているお店もここ十年ほどで急激に増えてきたので、手持ちの金製品がいくらになるか複数のお店で見てもらって検討してみてください。少し前の話ですが、金買取のお店を利用したことがあります。金買取はそれまで利用したことがなく、適切な売却先がよく分からなくて、ネットの情報に頼ることになりました。そしたら、東京都台東区の御徒町という地域に、金の買取店ばかりが集まっているエリアがあることがわかったので、中でもお勧めと書かれている店に持っていきました。じかに見たところ、お店はしっかりしていましたし、思った以上の値段が付いたので満足しています。数万円程度の買取額を得た程度なら、貴金属を売却して利益を得ても、税金を課せられることはほぼありません。専門に金買取を扱う業者などだと、売買で動くお金も莫大ですから、利益分を届け出て納税しています。その点、個人ではよほどの資産家でもない限り、課税対象になるほどの取引はしませんよね。そうは言っても、法律が変わることもあるので、どうにも不安な方は、事前に調べておくというのも一つの手だと思います。要らなくなった金のネックレスがいくらで売れるか気になる人は、そのネックレスの裏面などをよく見てみてください。一般に流通している金製品には、金のグレードを証明する「K24」などの文字が刻印されていることが多いです。よく「18金」や「24金」などと言われるのがこの数値です。金の純度は伝統的に24分率で表されており、K24なら純金だと思えばほぼ間違いありません。純度が高いか低いかにより、専門店に売却する際の価格も全く違ったものになります。金に優るとも劣らない高級品といえばプラチナですが、プラチナの指輪などを店で見てもらうと、全く別の金属であるホワイトゴールドだと言われたなどというケースが割と多いようです。もちろん、両者は別物です。プラチナは大変希少で、金を上回るほど高価なので、プラチナに手を出せない人は代わりにホワイトゴールドを身に付けるようになったのです。ホワイトゴールドは金とニッケル系やパラジウム系の合金で、「K18WG」などの刻印があればホワイトゴールドだという証です。代替品と聞くと安そうな印象ですが、金であることに変わりはないので、金買取を扱っているお店ならどこでも買い取ってもらえるでしょう。お手持ちの金製品を売却したい方は、買取ショップに売りたいものを直接持っていく形式が普通ですね。鑑定士などと呼ばれる専門スタッフが直ちに商品を鑑定してくれ、その場で現金を受け取れますから、不安要素はありません。利用者のために、成約の前にしっかりと説明を設けているショップも増えてきましたので、お客さんとしても、ちゃんと納得する形で手放すことが可能です。初めての方でも安心ですね。金やプラチナ製のアクセサリーは、かつては気に入って使っていても、ずっと使い続けるのが嫌で何年も使わずじまいという方も多いと思います。そうしたアイテムをお持ちの方は、買取店に持ち込み、現金化するのもありでしょう。とはいえ、もちろん本物でないと買い取ってもらえません。メッキ加工の偽物の場合もあります。そのようなケースでは、残念ですが、勉強になったと思って諦める他にないでしょうね。買取にも色々な方式がありますが、最近増えてきたのが、宅配と振込でやりとりが完結する、宅配による金買取サービスです。このサービスは、売りたい商品を郵送や宅配便で業者に送り、あとは査定結果の連絡があるまで待つだけです。お店からメールや電話で査定額の連絡を受け、売却を決定するか、額が低いと思えば無償でキャンセルできます。店頭での買取はそんなに夜遅くまで空いていませんが、郵送買取なら時間や地域の制約を受けることもなく、周りに買取店が無い人はもちろん、忙しくてお店に行けない人から好評を得ています。デザインが古いとか、年齢が合わなくなったとかで、もう使わない貴金属のネックレスや指輪などをお持ちの方も多いと思います。そんなときは買取ショップで換金しましょう。貴金属買取のお店はたくさんありますが、現在の金相場や、店ごとの買取価格を確認し、一番高く売れるのはどこか、比較検討するのが賢いやり方です。店によっては手数料や査定料を買取価格から差し引いてくるので、よく調べて、有利な店を探してください。金で最も高価なのはもちろん純金ですが、他にも色々な金があります。カラットの略であるKを用い、純金なら「24K」などと表現します。合金、つまり純金ではなく他の金属が混ざっている場合は、「18金(18K)」などの表現になります。18Kは24分の18という意味ですから、つまり75パーセントが金です。そして、金に何を混ぜているかによって、金の色や呼び方が違うのです。18Kレッドゴールドなら銅が多め、18Kホワイトゴールドならパラジウム入りなどのバリエーションがあります。手持ちの金を買取してもらうときに、こうした純度によって価値が違うということを覚えておきましょう。手持ちの金製品を買い取ってもらいたい場合でも、勇み足になるのは正直、正解とは言えないのです。あまり意識されないことですが、僅かな情勢変化により、金は買取額が上下しやすいという性質があるからです。そこで、刻々と変わる相場に目をつけ、高値になるタイミングを見逃さないことを意識するといいでしょう。最近、国際価格の高騰に伴って金の買取相場が上昇しているようなので、専門店で買い取ってもらったという時、例外も多いですが、基本的には確定申告が必要なケースが出てきます。インゴットなどの地金を売却した際の利益は、事業でなければ「譲渡所得」として計上されますが、インゴットなどの地金の売却であれば、50万円までは控除されて非課税になります。色々と複雑な計算はありますが、要約すると、50万円以下の譲渡所得であれば課税はありません。あなたが一般的なサラリーマンで、譲渡所得20万円以内なら、基本的に確定申告をする必要もないのです。最近は金買取のお店も増えてきましたが、その中には手数料や「目減り」などを買取時の金額から差し引いてくるお店も少なくないようです。こうした費用を有料にしている店舗では、表向きの買取額が高くても、最終的に受け取る現金の額が低くなることになります。こうなると売らない方がよかったかも?と思ってしまいます。特に初めての方は、利用する店舗を決める際に、この点を確認しておくことをお勧めします。近年、一般的になってきた金買取。しかしその利用において注意すべきは、一にお店選び、二にも三にもお店選びです。広告に出ている買取額以上に、詐欺などではなく本当に信頼できる商売をしているのかをよく調べてから利用しましょう。ちょっとでも悪評判が付いている店はトラブルに遭う前に避けて通ることです。買取額が他と比べて高い場合は特に注意してください。そういう店ほど高額な手数料を取るケースがあるので、できれば見積に出す前に確かめられるといいでしょう。金の相場が上がっている近頃、手持ちの金を売却したい人が増えているので、それをビジネスチャンスと見てか、金買取に参入する業者が増えてきました。中には全国に展開しているようなところもあります。沢山のお店の中から選べるほうが利用の敷居が低くなりますし、店が地域に一つしかない状況と比べると、価格競争で買取額が上がるなど、利用客に優しい方向に全体が変わっていくのではないでしょうか。スタッフもより丁寧な接客を心掛けるようになるでしょう。買取をお願いするお客さんには、望んでいたシチュエーションといえるでしょう。最近問題になっている事件についてお伝えします。自宅に業者がやってきて、使っていない金製品を買い取りますなどと言い、二束三文で買い叩いていく、悪質な訪問購入の事案が増えているようで、法規制も行われています。まるで持ち主に利益があるかのようなことを言い、断ろうとすると、一転して強引な態度に出て、金を買い叩くことがあります。後から売却をキャンセルされまいと、もちろん、ちゃんとした契約書なども出してくれません。取り合わず追い帰すか、警察を呼んだ方がいいでしょう。最近、身内が亡くなり、私も遺品の指輪をもらったのですが、古い指輪では、いくら貴金属でも価値はないだろうと思いました。最近よく見かける金買取ショップに持っていけばいいと聞いて、素人が手を出して大丈夫なのか不安もありましたが、金買取は怖くないと知人から聞いていたので、利用してみることにしました。いざ行ってみると、査定にいい加減なところもなく、店も明るい感じで緊張しませんでした。買取金額もそこそこの値になったので、利用してみて正解だったと今では思います。全資産を現金で保有するのは少し不安ですよね。そこで、資産を保存する方法としてメジャーなのが、金の形で資産を保全しておく方法です。これなら景気の影響を受けませんからね。この方法を採用するなら、まず考えることは、実際にその金をどこで購入するかです。初めて金を買うときには、購入時の価格や条件が店舗ごとに違うので、そうした情報をサイトに明記している、実績・信頼のしっかりしたお店を選択するようにしましょう。信用のおける店から買った金であれば、いつか手放すときにも贋物の心配などと無縁で済みます。アクセサリーなどの金製品を手放したいと思っていても、買取ショップが近所にない方は、WEB上で気軽に申し込める郵送買取がオススメです。利用を申請すると、商品を入れる容器が自宅に届くので、商品をそれで梱包して、郵送や宅配便で送るだけです。何日かすると、電話やメールなどで査定額の提示があるので、承諾の返事をした時点で買取が成立となり、銀行口座への振込で買取代金を受け取れます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ひまり
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/iacepwn5aiirrm/index1_0.rdf