初節句は何をすればいいの?

April 15 [Tue], 2014, 12:54
初めての誕生日の祝い方は昔からいろいろな風習が残っています。
現在でも「数え年」という言い方を良く聞きます。
初誕生には親戚などを招いて盛大にお祝いをしたそうです。
男の子が、生まれて初めて迎える5月5日の端午の節句が初節句です。
初節句の服装にきまりはある?
洋服や靴であれば、少し大きめのサイズの物を贈るなどの配慮をしてくれるでしょう。
インターネットなどで検索すると、お返しの贈り物に写真を入れてくれるようなサービスもあります。
食事の真似をさせる儀式で、生涯、食べる事に困らないようにとの願いが込められています。
我が子に対し、健やかで幸せな成長を願う家族の思いが、鯉のぼりに表現されているのです。
昔は、生まれてからお正月を迎えると一つ年をとるという年の数え方をしていました。
初節句に陣羽織は必須?
また、熨斗のサービスにも対応しています。
10万円でも、かなり立派なものを得ることができます。
初誕生のお祝いの席に招待しなかった方に内祝いを贈るときもあります。
1歳になったころは、伝い歩きをしたり言葉を話し始めたりするなど大きく成長を始めるときです。
その時に、一升餅をついてそれを子どもが背負ったり踏んだりする習慣がありました。
初節句デイズ
初節句ウェブログ
初節句図説
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ia8oguks
読者になる
2014年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ia8oguks/index1_0.rdf