アンダーソンがちなちな

February 12 [Fri], 2016, 13:47
基本的には、看護士も看護師と表現するのも同様の仕事を指します。
どの点が違うかというと、かつては、男性を看護士、女性を看護婦と位置づけるように男女で区分して呼ばれていたのです。

最近は、男性も女性も一緒に看護師という呼び名に一本化されています。



看護師転職情報サイトにのっている看護のお仕事は、医療機関の求人の件数もとても多いのですが、それだけでなく一般には公開されていない求人情報が多くあり、登録していると意外な好条件の転職先を紹介してもらえる機会があるかもしれません。担当コンサルタントによるきちんとしたフォローもメリットとしてあげられているようで、できる限り細かな要求にも対応していただけるようです。近頃は、より一層、看護師の数が足りなくなってきていると言えます。看護師の免許を持っていても、看護師の職を選択していない人も多いのです。
では、看護師不足の原因はなんでしょう。それは、結局のところ、看護師の離職率の高さにあると言えるでしょう。

具体的には、常勤看護師の場合の離職率は、約11%にもなります。女性の方が圧倒的に多い仕事のため、結婚、出産を機に退職、となることも多くありますが、それだけではなく、ハードな仕事であるということも離職率が高くなる一因でしょう。
昔の話ですが、かつての看護師といったら女性が担うものというイメージがありました。
ですが、近年は看護師という名前も定着して、男性の看護師も珍しくなくなりました。



看護師に求められる能力を考えてみると、このような変化は、時代の流れとして当然なのかもしれませんね。

女性的な優しさも大切ですが、仕事の基礎になる体力の多さや冷静な判断力、瞬発力といった能力も今の看護師に求められる大切な能力だと言えます。収入の話になりますが、看護師という職業は、他と比べると、女性の仕事としては、相当高めの給料をもらうことできます。特殊な、医療現場という場所での労働ですし、夜勤や残業が多く、それに対する手当を間違いなくもらえる、というのも大きいです。


誰もがあまりやりたくはない夜勤が多かったり、残業を厭わずに長時間こなすというような看護師ですと、給料はもちろん、体を張った分、相当高額に達しているでしょう。
一般的に、看護師という職業は比較的高給のイメージがあります。
医療現場は責任の重い仕事の連続ですし、勤務形態が変則的など大変な面もありますが、実際の給与の平均を調べてみると、他の業種に比べて安定して高給だということが分かっています。



景気に左右されないのも強みでしょう。



こうした安定性と給与の高さから見ると、看護師は他にないくらい優秀な職業だと言えます。看護スタッフが別な職場を探すときのポイントは、はじめにどのような労働条件を求めているかをクリアーにしておくのが大切です。


夜の勤務は難しい、充分な休みが欲しい、患者さんの息をひきとる場は遠慮したいなど、個々の状況によって優先したいことも違ってきます。
看護スタッフの離職率の高さから補充したいところはいくらでもありますから、不満がたまるような勤め先で限界を待つ意味はありません。医療機関、それも病棟に勤務する看護師であれば2交代制や、あるいは3交代制の形でみんなが夜勤を務めます。

日勤と違って夜勤は職員が大きく減ってしまい、それなのに、夜半に腹痛、頭痛、眠れない、等々で入院患者から託児所付き求人を探す看護師コールがあったりと、決められた作業以外の急な対応が増える傾向があります。当然、通常業務もこなしますから、トータルの作業量としては、おおむね日勤よりも多くなるのが普通です。

看護師が転職する時には履歴書をちゃんと書かなくてはいけません。書くときに、重要なポイントが存在します。まず、写真は過去三ヶ月以内に撮った新しい写真を使いましょう。それから、住所、それに、氏名のような記入項目は正確にしっかりと分かりやすく丁寧に書いていくことが肝心なこととなります。看護師の方が職変えをする際に自分が望む条件が想像できない場合もあるものです。

そんな場合、多数の求人情報がある看護師転職サイトを使った場合が、自分に合った転職先を見つけ出すことができるはずです。看護師として勤務している人は何万人もいますが、それと比べて、看護の、資格を保有していながらも、仕事に就いていない人が五十万人以上いると予測されています。

全国で四万人もの看護師が足りないと考えられているので、それだけいる50万人の中の数%の人でも職に就くことができれば、この問題も少しは解決できると考えます。託児所付き求人を探す看護師の年収は高いと思われている方もいるのではないでしょうか。
けれども、託児所付き求人を探す看護師は夜勤がないとそれほど稼ぐことができず、給料も低額ということがあります。それ故、独身だとシフトに夜勤がある病院に勤務して稼いで、嫁いだ後は、夜勤のない病院に再び就職する方も多いです。一般的に看護師が転職する要因は、人間関係といった人が多くいます。女の人が多くいる仕事ですし、イライラしやすいこともあり、人間関係が嫌だと思う人はなかなかの数いるでしょう。その時、パワハラやイジメが転職しようと考える理由という人も存在します。



厳しい環境の中で無理して働いていると、体調を崩しやすくしますから、早く転職することをお勧めします。看護士の自己PRは、実際何を契機として看護師を目指すようになったのかを取り入れることで相手に感銘を与えることができます。転職する時の志望動機は、今までに培った技術を次の仕事に役立てたい、なお一層誰かの役に立つ技術を習熟したいなど、プラスのイメージを与えるものにしてください。前の職場の非難や悪口は喋らないようにすることが大切です。

医者がしていたことを看護師がするようになり、仕事内容が充実化しています。



注射や点滴、カルテの整理、記録、多く発生する急患の対応に追われて休みにくく、帰宅できない日も増加しつつあるようです。
結婚し、子供を産んだ人にとっては、家事と子供を育てることに加えて仕事は、きつ過ぎます。


より一層、離職者が増加してしまい、看護師不足は解決できません。短期大学では、看護師と保健師、助産師を受験するための資格を得られるカリキュラムがあるのです。

大学だったら高度な看護知識が学べるので、専門知識を持つ看護師を志す人には適しています。
大学は短大や専門と比べて1年多い分、保健士の勉強もします。最近、話題のマイナビ看護師は、、転職サイトで有名なマイナビの姉妹サイトで、看護師用転職サイトですから、知名度はもちろん、信頼性も危険はありません。


そのマイナビグループの人脈がありますので、全国の看護師の求人情報をチェックできるのも助かります。


地方にいる方の転職や逆に、地方で働きたいと考えている方にとっても、すごく役立っている看護師専門転職サイトだといわれています。
知人の看護師が仕事をやめようかやめないかで迷っていると相談されました。最近、結婚したのですが土日祝祭日も仕事なので、土日休みの夫と休日が合わなくて、一緒にいられない生活が続いているらしいです。

子育てもしたいし、しかし、仕事を辞めたくないしと答えを出せないでいました。看護士の求人はたくさんありますが、希望に合った条件の求人があるとは限らないものです。
看護師の資格がある方の中で就職さえできればそれでいいやと思われる方は少ないでしょう。

できるだけ給料が高めで職場の環境が良く、夜勤のないところに勤めたいと思われる方が多いです。
希望に合ったところに転職するには、情報収集が鍵を握ります。一般的に看護師の職場というと病院を思い浮かべますが、その病院といっても様々な科を併設した総合病院から町医者までかなり違いがあります。病院に限らず、保育園や介護施設といった場所も看護師の勤務先です。

一般企業においても給料が会社ごとに違うもので、その点は看護師にも同じことが言えます。



地域の診療所と総合病院とでは、やはり収入に差が出てしまいます。
ですから、平均的な看護師の年収には、大幅な違いがある事を知っておきましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:日菜
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ia5eyniialktwy/index1_0.rdf