卒論のこと。 

June 29 [Mon], 2009, 22:07
卒論のテーマ

「演劇集団における人間関係の工夫について」になりました。てか、決めました。

この前やった芝居のメンバーにアンケートやってもらったのだが、あれはうまくいかなかった。

もっと質問内容を考えて、練り直したい。

チェック形式にしたほうがいいよね。絶対。楽だもの。

就活のSPI本とか使えないかな?

ちょっと違う気がするけども。

まとめかたとしては、「これはやっちゃだめ!」的なNG集にしたら面白いのかな、と。

ちょっと前に流行った血液型別説明書的なものにしてもいいと思うし、

大好きなテレビ番組「ジョーシマサイト リーダーズハウトゥ ブック」のHPのバックナンバーのページように、画像付きで書くのもいいんではないか。HOW NOT TO 本ていうか。使い方違う?

そんなことを思う次第です。

とりあえず一晩寝かせる。



ここから卒論は関係ない別の話。

最近になって、やっとわかったんだけど、

私は童話が好きみたい。

アンデルセンとか、グリム童話とか。

ファンタジーがなんとなく好きっぽいのはうすうす気付いていたんだが。

それだけ。発見したから言いたくなった。

卒論のこと。 

April 17 [Fri], 2009, 15:29
改めて今日ゼミに行きつつ考えてみて。

やばい、わたし全然進んでなくない!?

と思った。

っていうか一番進んでないし具体化してないよー。

行動力のなさのあらわれ。orz←なつかしい

私のなかではまだ人とうまくやる方法を研究したいっていうのが暫定1位。

この前友達からたまたままわってきたアンケートサイト。

ここで簡単にアンケートが作れるみたい。

携帯でもできるし、チェンメみたいにいろんなひとに回してもらえばいいんだから便利じゃん。

調査内容は、人付き合いに対して、で。

項目はこれから考えていこうかな。

でね、調査範囲をどうしようって思ったときにね。

若者、特にここ2、3年で言われるようになった「平成生まれ」について考えようかなと思ったんです。

ギリ昭和のわたしらと、1、2年しか生まれが違わない平成人。

学力ではゆとりゆとりって言われてるけど(厳密にはわたしたちもゆとり教育側なんだけどね)、

人付き合いに対する姿勢にも差があるのか。

なんでこのテーマにするかっつったら、この前お茶会があって、

今年の新入生はクールだなーって印象を受けたのが一番の要因かも。

きっと外見かっこつけてるけど、話したらいい子たちなんだろうな。

↑上京当初に、都内・東京近郊に住んでる子達に対して抱いた感情と一緒。


あと、先生と前はなして面白いって思った

「温厚な上司の怒らせ方」「一番大切な人の怒らせ方」のDVDにのっとった

「3分間で嫌われろ!!!」映像を作ること。

私Leader's hou to bookジョーシマサイトがめっちゃ好きで(これに出てくる森まやチャンがちょーかわいいんだよ)

3分で嫌われる方法をこういうおもしろかわいくだらない感じに作れないかな、って思った。

うまく、それを生かせたらなぁと思っています。

年度末にやったプレイバックトゥザフューチャーもそれなりにいい感じ(ごっちゃんの演技は神)だったと思うので

それも組み込めたらなぁ。


「ネガティブ」



以上。今思っていること。

ずーっと前のことを。 

April 17 [Fri], 2009, 15:16
久しぶりに更新。

卒論にむけてなんだけど、人とのつながりについて考えたくて、でも具体的に何しようって悩んだときから私の時間はとまったままで。

とりあえず去年やったねりまドラマくらぶのことを下記に。

メモしたまま記事に起こさないでいたんだけど、この機会に更新してやる!!


ねりまドラマくらぶで実際やったゲームは

ヤドカリ
→ヤドカリ・家にわかれて、「ヤドカリ」「家」「嵐」の号令で動くゲーム
コウモリとガ
→コウモリが目隠しをして、ガの掛け声だけをたよりにやるおにごっこ
ジェスチャーゲーム
→自分の背中に動物の絵をつけて、友達に質問して、どんな動物か当てるゲーム

でした。

ゲームの所々に演じる要素を入れてみたりして、若干演劇的にしてみたり。

ルール説明の際に一緒にマネしてもらって、「慣れておいてもらう」ことも重要なんだなーと感じました。

あとは、言葉づかいとかちょっと難しかった。

どこまで噛み砕くべきなのか。


その後、ヒーローのお面作りをして、音の映画上映をして、ヒーローショー。

最初はこどもとうまく絡めるかめっちゃ不安でした。

パワフルだったし。

でも、スキッツの先輩方の協力でなんとか話せるくらいまでいけて、

おやつ休憩の時にはずいぶんこどもたちが心を開いてくれたように感じます。

ただ、最後のヒーローショーではお話をつくることに集中しちゃって

こどもたちのお話をちゃんと聞いてあげられなかったかな。

空気読めなかったなーと思います。

そこでちょっとつまんない、って思わせちゃったかも。

そこが心残りです。


でも、わたしは楽しかった!!!

ネイチャーゲームについて。 

August 17 [Sun], 2008, 23:47
帰省中に調べたゲームのうち、おもしろそうだったもの

木の中のリス
・人数よりも、すくないものを争うおもしろさ
・気になって手をつないだり、リスになってその木の中に入ったりする、ふれ合い。

【やり方】
・3人組。2人が内向きに手をつなぐ。その中に1人はいる。
中の1人は、リス。リスを囲む外の2人は、木

「オオカミがきた」・・・・リス・・・他の木に移る
「木こりがきた」 ・・・・木 ・・・移動。違うところで、リスをかこう。
「嵐だぞ」    ・・・・全員役割交代し、新たな3人組を

大根ぬき
体育館でのゲームです。

子ども達は、バスケットボールの時に使う円になった白線の中にはらばいになります。
それをちがうグループの人がひっぱって、円から出します。
なかなか激しいゲームです。
すって、やけどしないように気をつける必要があります。

コウモリとガ
コウモリ役1人とガ役数人を決め、残りの人は手をつないで輪になります。
コウモリが暗闇の中で超音波を利用して虫を捕まえる性質を利用して、
コウモリ役は目隠しをし、「コウモリ!」と言ったらガは「ガ!」と言ってコウモリがその声を頼りにガを捕まえるゲームです。
小学校高学年なら「バット!(コウモリ)」と「モス!(ガ)」のように英語を使うとリズム感が出ます。


ミクロハイク
虫眼鏡と1メートルほどの細い糸を用意します。
野外で適当なところを探します。空き地の一角や公園のかたすみ、近くの田んぼのあぜみちでもOK。
場所が見つかったら、細い糸を地面すれすれにはうように引き、虫眼鏡で糸の端をのぞきます。
このとき、できればはらばいになって思いっきり地面を顔に近づけ、糸が1本の道でその道を歩いているように想像するといろんな発見ができます。

木の鼓動
幹の直径が15センチ以上あり、樹皮のうすい木に聴診器をあててみます。
雑音が入らないように静かに聴診器をおしつけ、よく聞こえるところを探しましょう。


などなど。


23日に大根ぬきとコウモリとガは実施予定。

23日のことについて。 8/6 その1 

August 06 [Wed], 2008, 16:07
ふみチャンから連絡。

実施日…8/23(土)

13:00〜17:00で実施予定。

対象は小学生。人数はまだ決まんない。

まっつん、まーちゃんのドラマ班と一緒に、って感じ。

こっちのネイチャー・エコ班はふみチャン・のぶチャンとわたしです。

場所は、炎天下の中でやるのはきついのでたぶん実4。

ヒーローショーやりたい。
仮面つくるのはどう?
ヒーローショーのBGMをこの前の国リハみたいにつくってみる?
音あてゲーム(人工or自然)



仮面を作るにあたって、わたしたちが事前に木の実とかはっぱとかをとってきて(今あるのかどうかわからないんだけど)それをボンドなんかで貼り付けて仮面作ったらどうかなと思いました。

箱根町立森のふれあい館っていうところで体験できるクラフトからヒントを得ました。

こちらです。PCのみ対応。

体験教室・ゲームっていうページからクラフトについて読めます。


ネイチャーゲームの具体例について調べたので次の記事にupします。