タイの旅〜アユタヤ

September 03 [Sun], 2017, 14:59
今日はいよいよ古都アユタヤです!
アユタヤは西暦1350年から約400年間栄えた王朝でしたが、隣国ビルマの侵攻で
壊滅してしまいました。その遺跡から当時の王朝の栄華な姿と、ビルマ軍の破壊に
よる悲惨な姿など、いろんな側面から観光したいと思っています!


バンコク到着初日からお世話になっているピンク色のタクシードライバーMANTTさん
とアユタヤ歴史公園の近くで腹ごしらえです。

開放感があって雰囲気のいいカフェ風のお店でした。地元の人も観光客もいました。
MANTTさんが紹介してくれただけあって、次から次にお客さんがきていました。


うーん、わからない・・絶対無理。


写真を指さして注文、見えるところで調理してくれます。


少し辛かったけど、おいしかったです!写真の右前方に足だけ写っていますが、現地の
高校生3人組で日本語を勉強しているらしく「日本人ですか?」と話しかけてきました。
その後、「タイの料理はおいしいですか?」と上手な日本語で尋ねてきたので、「タイ
の料理はとってもおいしいです!」と返しました!




お腹もいっぱいになったところで、歴史公園の入り口に向かうと・・象が!!


もちろん乗りました!時間にして15分くらい、池のある公園の周りをぐるっと一周して
くれます。自分が乗っている写真は残念ながらスマホでは撮れなかったけど、オプション
でお金を払って撮ってもらい、大きいサイズで印刷してその場でもらいました!


象に乗った場所にある公園の池から何やら大きい生き物が・・トカゲもスケールが違う!


思い切って接写・・




いよいよアユタヤ歴史公園の入り口です・・と思ったらいきなり小さい女の子が近づいて
きて、5センチくらいの小さなお人形を片手に「40バーツ」と言ってきました(汗
にっこり微笑まれたので、80バーツで2つ買いました(1個120円です)。


中に入ると黄金の仏像の前に人がたくさん・・




ワット・プラ・シーサンペットが見えてきました。


ワット・プラ・シーサンペットは1491年に建立された寺院だそうです。当時は16mの
黄金仏があったそうですが、ビルマ軍の攻撃で破壊されてしまったとのこと。








ちょっと痛々しいですね・・








当時の仏像の頭部には金箔が貼られていたため、ビルマ軍が頭部だけ切り取って
持ち帰ったそうです。確かに頭部のない仏像が多かったです。






アユタヤ歴史公園は広いです。徒歩で全て見て回るには半日以上かかると思います。
ピンク色のタクシードライバーMANTTさんにいろいろ聞きながらスポット間を移動して
もらいました。


ワット・マハータートの入り口です。あれは、もしや・・!


出ました!!これも写真でしか見たことのなかった木の根に取り込まれた仏頭です!
これもビルマ軍によって破壊された仏像の頭部が放置され、長い年月の間に木の根に
取り込まれてしまったものです。こんな姿で現代に残っているなんて本当に凄いこと。














最後はワット・ロカヤスタの寝釈迦仏です。これは全長が57m!圧巻の大きさです。
オレンジ色の装束を着ている日と裸の日があるそうですが、僕が行ったときは装束を
着ていました。さすがに野外にあるので、塗装が落ちてしまっていますが、ここも絶好
の観光スポットだと思います。


なんか微笑んでいるように見えませんか?アユタヤ最高でした!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:T.H
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 現住所:千葉県
  • アイコン画像 職業:会社員
読者になる
東南アジアが大好きです!
旅のモットーは現地の文化に触れることと、世界遺産を訪れることです。サラリーマンなので夏休みくらいしか旅行に行けませんが、写真を中心に旅の記録として残しておきます。
2017年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/i_fantasia/index1_0.rdf