親から子供へ

March 31 [Sun], 2013, 11:04
わたしたちも、すぐに法律を調べてみたのですが、確かに隠し子であっても法律上相続する権利があるそうです。1.配偶者は常に相続人となる配偶者とは、法律上の夫婦のことです。

Aの息子B、娘Cは、まだ未成年で、遺産分割協議には直接は出てきませんでした。誰が相続人となることができるか、という点については民法上に規定が設けられています。

遺産相続と言いますと、夫から妻へ、親から子供へというのが一般的なケースです。Aは、わたしたちの家とは折り合いが悪く、父の世話なども当然ほとんどしませんでした。

まぁ、旦那が亡くなっているのですし、家に嫁いだというわけでもないので当然と言えば当然かもしれません。被相続人(亡くなった人)に借金がないかどうかを調べることが非常に大切となります。

遺産相続順位を考える
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まう
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/i9zcdpmf/index1_0.rdf