ダイエット中はのどの渇きを空腹と間違えるな!

January 12 [Sun], 2014, 15:40
脳のセンターが空腹を訴えているために食べる人もいますが、食べろと指示する脳のセンターは、胃を満たすためではなく、喉の渇きをいやしたいときにも働きます。

これは消化管ホルモンが原因なのか、職に関するホルモン反応が原因かは明らかではありません。

食物を摂取すると血が濃くなるので、自然と体がそれを薄めようとするので、水が欲しくなるのです。

食べたいというホルモンの反応に対抗するいちばんの方法は、喉が渇いたと感じたら清涼飲料やアルコールではなく、カロリーを含まない水分をとることです。

空腹だと感じたらまず水を1、2杯飲んで、体が必要としているのは本当は水分かどうかを確認する必要があります。



アルコールは減量の大敵です。

これはアルコール自体のカロリーが高いからでもありますが、飲み過ぎると、やたらと食べたくなるのです。

アルコールはレプチンの量を低下させます。

用途目に入るものを片っ端から食べたくなるのはそのせいです。

1日に1杯程度の飲酒は動脈硬化の予防になる半面、アルコールはレプチンの分泌を低下させて、何キロもの余分な体重をもたらします。



ホルモンの分泌労は、必ず制御できるとはかぎりません。

グレリンがレプチンより増えると、ずっと昆虫しか食べなかったライオンよりひどい空腹を感じます。

このような空腹感を鎮めるため、緊急用の食べ物リストを作成しておきます。

野菜ジュース、ひとつかみのナッツ、果物、刻み野菜、アボカドをつぶして作った濃いジュース、ウアカモーレなど。



エルセーヌは勧誘されない?口コミで評判のダイエットコース体験記♪
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:i9r849ie
読者になる
2014年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/i9r849ie/index1_0.rdf