水沢だけどパプアキンイロクワガタ

April 22 [Fri], 2016, 11:10
ダイエットをしているときには、つい甘いケーキなどを食べたくなってしまいますが、その時はぐっと食べたい気持ちを我慢しなくてはいけません。

食べてしまったら、体重に出てしまいます。

もし、どうしても食べたくなったらカロリーを抑えたダイエット向けのケーキを作ることをお薦めします。年を取るにつれて、体を動かすこと自体が減り、基礎代謝が徐々に下がっていく気がします。


そのせいか、時間をかけてダイエットをしても、思うように体重が軽くなりません。やはり、体質を改善しないとダメですね。始めに、体を温かくするために、生姜湯から取り掛かっていきたいと思います。冬には良い飲み物ですし、これがあれば代謝アップ間違いなしでしょう。

私は子供の誕生後、増えた体重と元にもどすために、ダイエットと合わせて人生初体験の筋力トレーニングをしました。
完全母乳で育児をしていたので、思うように減量はできなかったのですが、筋トレはかなり熱心に鍛えました。おかげさまで約半年でほぼ元のスタイルに返り咲くことができました。


スタイルが良くなろうと思っても毎回ジョギングしたり歩行したりするのははっきり言って面倒な気持ちがおこりませんか。
そこでわたしが、一押ししたいのが室内でのゆっくりと継続する運動です。ラジオ体操も効能のある有酸素運動なので、楽な服装で、大きく体を動かし体操をすると、おのずとカロリーも消費されます。

ダイエットといえば、有酸素運動ですが、一番効果のあると考えられている心拍数を自分が理解することであなた自身の効率よくエネルギーを消費して、脂肪燃焼を高めることが可能となります。とはいえ、長時間体を動かし続けるほど痩せられるのではなく、特に激しい運動をすると筋肉に酸素が行き届かなくなってしまい、逆効果とも言えるのです。炭水化物の摂取を少なくする手段で食事制限をしたことがあります。よく噛んで、ちゃんと満足度を得ようとしたけど、困難だったです。
邦人なので、たまには、がっつりと真っ白なごはんを欲しいと思います。ですから、今は、夜のみ炭水化物のものを食べることを控えるけれど、朝と昼は普段通りに食べることにしています。

ダイエットは一日二日で結果が出るものではあるわけではないですよね。
急激な体型変化は身体に影響が出てしまいますので、段階的に痩せる方法を選び、それを引き続き行い、ゆっくりと体重を落としていくのが基本です。ちょっと体重が減ったからと言ってやめてしまうと、リバウンドが起きやすいので、少なくとも3ケ月は続けましょう。


短い間に健康的にやせるには水泳が一番だと思います。

走ったりは苦手な方でも、水の中ならば浮力があるので、体も楽ですし、泳ぎ終わった後は疲れさえも心地よく感じます。
やせることを目指して泳いでいる人は大勢いますから、1人で泳いでいても全く恥ずかしがることはありません。
水泳は予想以上にカロリーを使うので、続けることで痩せることが期待できます。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユウ
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/i91h56s0bd1taa/index1_0.rdf