介護福祉士の資格試験は外国人も対象?

June 01 [Sat], 2013, 9:15
少子高齢化の進む日本では、高齢者の介護問題が年々増加しています。
人間は誰でも年を取り、いずれは皆、体が弱っていきますが、もしかしたら一人で歩けなくなったり、病気をして寝たきりになり介護が必要になるかもしれません。

そんなにときに頼りになるのが、専門家である介護福祉士やホームヘルパーです。
介護対象となる高齢者を受け入れているデイケアセンターや特別養護老人ホームなどの介護施設は増えてきてはいますが、まだまだ需要と供給のバランスが取れていない状態です。

そのため介護の現場では、人員の確保が難しく常に人手が不足しています。
深刻化する人材不足のため、2008年より厚生労働省がインドネシア政府との経済連携協定に基づき、インドネシア人介護福祉士と看護士候補者の受け入れを始めました。

これを皮切りに、翌年からフィリピン人候補者も来日しています。
しかし、介護福祉士の資格を取得するための国家試験の問題が、日本人と同じ問題であったために日本語を習得していない外国人には難しく、日本語の習得がネックになっています。

最近では外国人向けの試験問題を作成し配慮しているようですが、介護福祉士を目指して来日した候補者がこの機会を活かすことができるように対策を考え、介護福祉士の資格を取得できるようにして、貴重な人材をもっと活用できるようにして欲しいものです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:i88binlg
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/i88binlg/index1_0.rdf