不動産の会社で生き抜く方法

September 10 [Tue], 2013, 21:07
不動産会社に勤務している。不動産会社で勤めてる
旧友方に、不動産の会社で生き抜く手法をもしよかったら
教えてもらえるとうれしいです。

人気不動産

今、テナント会社専門で仲介をしている。
お客さまと店舗責任者との言った言わないから
問題が多発しているのと、双方から怒鳴られたり
仲介以外も間に立たされたり、ほんと日々絶対
4.5回は、電会話で怒鳴られたり、問題が起き
身がもちないでしょう。いくら文章で残そうとも説明しようとも
約束をしようとも突き破り、こっちを責めたてられます。
どうにかこうなりたくないんと言えますけどね。
今日も、約束者に何回も看板の図面をだすように
言ったのに出さずに設置。案の定、店舗責任者は、外せと
ブチ切れ。これをわたしけれど、管理不足なので使命をとれ!
と怒鳴られ、約束者は、変な店舗責任者の物件で出店して
しまったのは、お前のせいなから、使命をとれ!
と怒鳴り、とってもですよね。
こんなのが日々ですよね。

不動産業とは思った以上に難しい役割ですよね。
中でも最も難しいのはテナント賃貸管理仕事かもしれないでしょう。
理屈や道理、業務の手法のテーマではありないでしょう。
また率直で誠実に業務をしたからといってストレート本人に
伝わるとは限定ないでしょう。ある意味で世間の縮図が
小さい取引のなかにも見えるのが不動産取引ですよね。

色んな人がう。
ひとつ言える事は家主・客含め、皆未経験者だと言うということですよね。
なので本人目線の尺度や解釈での見解を持っている。
だから看板ひとつでそうした問題が起きてしまう。
賃借人からすれば所有者の気分なんて分かりないでしょう。
店舗責任者からすれば賃借人の考えに耳を貸す気もません。
あれは貴方の立ちまわり方のテーマではなく、双方当事者のテーマですよね。
けどながら熟練に対処すれば貴方の使命を回避している事は
可能かもしれないでしょう。あれは取引時点だけでのテーマでなく、
毎日毎日のなかで管理会社とはどういったものか?
家主に対して勉強している必需があるの可能性もあるですよね。
これでも人の意見に耳を貸さない店舗責任者はごぞんじかと感じますが
大勢う。そのような人に対して・・・為す術がありないでしょう。

自分が今やってる事は第三者の為の役割ですよね。
それのお陰でニコニコ儲けています人が大勢う。
利用する側と使われる側に分けたら悲しきかな使われる側の人ですよね。
それの場にいる限定、こうした業界ではツライ事しか待ち受けていないでしょう。
なから、今後設計やビジョンを持ち、いつの日か使われる側の立ち位置に
なります事を目指さないと今後は暗いですよね。
出世しているか?独立しているか?不動産業界で生き抜く道はふたつに一つだと思われます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:マカロン
読者になる
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/i72kdb94/index1_0.rdf