真下がチータ

June 04 [Sat], 2016, 9:21
転職理由は、書類選考や面接の際に最も重要です。相手が納得する理由がないと評価が下がります。しかし、転職にいたった理由を聞かれてもどう答えたらいいかわからない人も多いはずだと思います。大半の人が履歴書に記入する際や面接で答える際に、悩まされるのが、この転職理由になります。
どんな転職の理由がよいかというと、まず、本気で転職したくなった理由を思い出してください。そのままストレートに言うわけではないので、思いつくままにノートに書きましょう。次に、それをポジティブな印象になるように表現方法を工夫してください。転職理由に関することばかりだと自分を正当化しているように聞こえてしまうので、長くなりすぎないようにしましょう。
長時間労働が原因で辞めた時は「より効率の良い仕事の仕方を重視したい」、やりがいを感じる仕事と思えずに辞めた時は「環境を変えることで自分を成長させたい」とすれば受ける感じは悪くはないでしょう。マイナスのイメージの転職理由も表現を変えると、ポジティブに感じさせるられるようになります。採用される履歴書の書き方は、理想は150文字から200文字程度です。
転職するための活動は今の職に就いている間に行い、転職先が決まってから、辞めるのが一番です。退職後の方が時間の余裕がありますし、すぐにでも働くことが可能ですが、転職先がすぐに決まらない場合もあります。無職の期間が半年以上になると、就職先が減少していきますから、後先を考慮せずに今の仕事を辞職しないようにしましょう。
人材紹介の会社を通して納得のいく転職が出来た人もたくさんいます。自分だけで転職活動を進めるのは、辛い気持ちになることも多いです。転職活動が長引くと、どう行動するのか正しいのかが分からなくなることもあります。人材紹介のサービスを提供する会社を利用すれば、自分のプロフィールに合う求人を教えてくれたり、自分だけでは思いつかなかったようなアドバイスをもらえるでしょう。
面接の場では、身だしなみには細心の注意を払ってください。清潔な印象のある装いで面接に臨むということがポイントです。緊張であがってしまうとは思いますが、念を入れて練習しておき、面接に備えるようにしてください。面接で問われることは大体決められていますので、先に答えを用意しておくことが大切です。
転職する際に求められる資格というのは、専門職でなければ、それほど多くないようですが、所有している資格を有効に使って働くことができるということでは、やっぱり、国家資格が強いようです。特に、建築や土木関係では、建築士のように「業務独占資格」と称される、その資格を有していないと実際に働くことができないという仕事がたくさんあるため、狙い目と言えるかもしれません。
異業種に職を変えるのは困難であるという印象が強いですが、実情はどうなのでしょうか?結論から述べますと、これまでと違う業種に就くのは簡単ではありません。経験者と未経験者が同時に面接に来た場合、採用担当者は経験者を選択する可能性が高いです。ただ、確実に無理というわけではないので、懸命に努力を重ねれば異業種に転職できるかもしれません。
転職を考えたときに有利になれる資格はどれかときかれれば、社会保険労務士や公認会計士があげられるでしょう。これまでの職場での経験や実績を生かした転職活動を考えている人にも間違いなくお勧めしたい資格です。社会保険労務士の資格を得ていると、総務や人事関係の仕事で採用されやすくなりますし、公認会計士の資格があると財務関係の業種に強くアピールを行うことができます。
一般的に、転職する際、資格の中でも有利だと思われているものに中小企業診断士があげられます。中小企業診断士となることで、経営に関する知識を持っていることが認められるので、自分のことを会社にとって貴重な戦力であると認識させることが可能です。法律に関する知識が豊富な行政書士やお金に関するあれこれに精通するファイナンシャルプランナーも、転職の大きな後ろ盾となるでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:さくら
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/i5eecxmbrgaisa/index1_0.rdf