国際石油開発、元通産省の北村副社長が社長就任(レスポンス)

May 28 [Fri], 2010, 10:58
国際石油開発帝石は24日、通産省(経済産業省)出身の北村俊昭副社長執行役員が社長に昇格する人事を発表した。6月23日開催の定時株主総会で正式に決定する。

業務内容の拡大・多様化に対処するためトップが交代する。黒田直樹社長は代表権を持つ会長となる。松岡邦彦会長は代表権を返上して相談役に退く。

北村氏は東京大学法学部卒業後、通産省に入省、製造産業局長や通商政策局長を経て2007年に退官、東京海上日動火災の顧問や早稲田大学大学院客員教授を経て2009年8月国際石油開発に副社長に入社した。61歳。

《レスポンス 編集部》

【関連記事】
自動車用品小売業協会会長に、イエローハットの堀江社長
JOGMEC、新日本石油開発のベトナム石油探鉱に出資
コスモ石油が組織改正、販売部門の機能を一元化
国際石油開発帝石 特別編集

暴行隠しの書類作成、元刑事課長ら懲戒処分 京都府警(産経新聞)
宮崎への種牛提供を検討=首相「できる限り支援」(時事通信)
車内放置で乳児死亡、母親に実刑=裁判員「事件の重大さ分かって」―秋田(時事通信)
<濃霧>九州北部で発生 関門海峡は入航中止(毎日新聞)
「政府が悪くても幸せになれる」 少子化対策(産経新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/i4ux5ybn/archive/56
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。