リアンフィル

February 13 [Mon], 2012, 18:48
リアンフィルにピッコロ大魔王様と秘密のなんとかさんと一緒に行って来ました本当に素晴らしかったもはやアマオケではない細かく言うと長くなるのですが、忘れないうちに書きますφあと文句はつけません大学祝典序曲うまいとか以前にチャーリー先輩間に合ってよかったoo5分前着っていうしかも音出ししてない笑指揮者には高熱と伝えてたみたいだけど熱下がったとか言って乗れることによく乗せてくれたなとりあえず速かったでも弦のキレが半端じゃないからかっこよかったあーFgおいしいおいし過ぎて思わず少しにやけた少しですよ少し魔法使いの弟子Fgのおいしさに定評のある曲ですねいずれ自分も曲始まってからの鳥肌ったらもうそして冒頭のFlのまた綺麗なことただ、家でこれ聴いててこのグロッケンアマオケでできる人いるんかとか思ってたら、いた笑ブチ先輩素晴らしかったですさすが鍵盤の垂サしてオールスターにも関わらずあの人全乗りさすがですサンサーンス交響曲第三番オルガン付き正直初めこの曲は眼中にはありませんでした笑チャーリー楠木友里先輩いないし。
が、始まった途端世界変わりました。
この曲はちょうど30分ですが、身じろぎもせず聴いてしまいました。
どのパートも凄まじかったです。
ホントに全国屈指の奏者なんだろうな。
一楽章から引きこまれました。
迫力がCDとは比べものになりませんパイプオルガンのファンになった二楽章始まると冒頭のVnで喉の奥がカッと開いた感じがしました。
わかんないだろうけどVcに渡されると、じろうレベル以上の人たちがじろう以上にワーッと弾いてましたとりあえず弦スッゴい木管は、Flはよく音が粒のようにと表現されますが、まさにその通りです。
ただし、決して気取るような音ではなく、心地よい音でした。
それからPiccは余裕のある音でしたこれ以上は自粛しますObは、軽い音にも関わらず、芯がしっかりしていて、よく張った音でした。
連符も一音一音がしっかりなって。
Clは、経験者ですがボキャブラリーが足りないため形容できませんしかし自分に残るものはありました※ホントにFg。
トップ、ヤバい音の張り方とかタンギング聴いた感じでこの人できるっと思いましたそれから2ndFgの合わせ方や低音がもう。
しかも2ndの目立つところはしっかり主張して。
2ndはこうあるべきなんですね木管メイントップは本当に非の打ち所がありませんでした金管は下手なこと言って恥かきたくないので割愛この日のプログラムFgおいし過ぎた帰りは一緒に来た二人とさよならしてチャーリー先輩と呑んで帰りました本当はレセ出なきゃまずいらしかったそうですが、遅れてきた罪滅ぼしってことで出ませんでした勘弁してくださいmmでも新宿から実家へ楽器持って直行しようとしていた自分にはそんな時間は残されておらず、結局一時間弱しかいられませんでした写真撮りたかったなすみませんチャーリー先輩今度リベンジしよ皆様昨日はお疲れ様でしたまた来年以降もあるといいな文章めちゃくちゃだな直さないけど笑
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:i4usssqeu5
読者になる
2012年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/i4usssqeu5/index1_0.rdf