曽我が直ちゃん

December 29 [Thu], 2016, 19:45
脳は形成で受け持つキャパシティーが異なります。右側の脳は主に視覚や「大局観」を司り、作製系統ロジックのリソースになっています。一方、左手の脳は線形系統でディテールお気に入りであり、主にロジカルロジックを専従行う。たいていの状況、十人十色右側か左手のどちらかの脳が優位となっています。

なので、芸術家になる他人は、まず会計士になろうとは考えません。その逆もしかりです。
とはいえ、脳の勢いが最大限にスタートされるのは、右側と左手の脳がとも活発に行ない、勉学や努力に関与するシーンなのです。

右脳と左脳を一緒に働かせると、癇合同が強化され、一段とうまく連携できるようになります。今回は、右脳と左脳のアライアンスを強化する、誰にでももらえる簡単な行動10を紹介します。
1. ビジュアライズと日曜大工を結び付ける

出来事を視覚的にイメージするシーン、右脳が活発に働きます。最も、イメージして終わりなら、左脳の出番はありません。形成の脳を連携させるには、ガーデニング用の棚を取るなど、日曜大工に申し込むことです。予め、右脳を使って完成形を姿に感じ行う。次に、左脳を使って、終結までの段取りを策ください。
2. 試合

ボード試合の中には、見た目構成と計画系統構成がとも含まれていて、形成の脳を連携して働かせるものがあります。チェスやチェッカーが良い実例だ。アスリートは、頭の中に盤の全体を描きながら、1つ1つの駒の動かし方を計画系統にロジックする必要があります(ときには何手も業者を読んで)。ジグソーパズルなんかも同じです。
3. 楽器の歌唱を習う

Musicを楽しむことは主に右脳の部門だ。一方、指の動かし方を覚えたり、楽譜を読み取ったりするのは左脳の義務となります。
4. 逆の脳もはたらくように状況をセットアップやる

あなたが主に左脳を扱うセールス(簿記、リポート樹立、掟検証など)をやるなら、デスクの見回りに、森林を感じさせる芸術作を置いたり、Musicを流したりしてみましょう。そうすれば、右脳も自ずと活性化されます。
5. ジャグリングを得る

ジャグリングをするためには、目と手の動きをうまく調整しなければならず、自然と形成の脳を連携させることができます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ダン
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/i4oatlnhddnr1o/index1_0.rdf