無根拠な推理日記(アームチェア・ディテクティブ)。

September 01 [Thu], 2011, 0:23
※この考察はほとんどが縁による想像で作られています。※島田紳助氏を擁護するものでもなければ、逆に庇護するものでもありません。※あくまでもこういう事ならば説明がくというだけの事です。かなり送遅れる事になったが、島田紳助氏の辞任にいて、ちょいと考察。ニュースを一部だけ見たわずかな情報からで申し訳ない。ポイントは3島田伸介氏とのコンタクトそのコンタクト先、そして仲介者の友人が暴力団関係者だったその友人は過去に起きNEWメールた誰にもどうしようもない出来事の時にお世話になった人だったそもそもの原点が想像の上での事でしかないが、自分はここからこう解釈した。過去に起きた誰にもどうしようもない事件これは過去にNEWメール彼に芸能活動を辞めようかと本気で考えさせた事件である。しかし、彼はこれまでそういった事を話した様子はない。そうなると、この事件は誰にも言えず、泣き寝入りするしかなかった事件と捉えられるのではないだろうか。それこそ社会に出せないような、例えば暴力団とのトラブルではないだろうか。口にすれば迷惑が掛かり、かといって独力では解決できない、さらに今後も口にできないような事件としては条件を満たしている他にも詐欺をはじめとする金銭的な問題も浮かぶ。現実において、そう呼ばれる事件は多い。島田紳助氏自身がトラブルメーカーでもあったために、それに関連する可能性も十分に考えられる。暴力団関連の友人達島田紳助氏は彼ら二人を以前お世話になった人と表している。先ず1人、友人を通じてコンタクトを取っていた人物。彼が暴力団関係者だと言う事は会見で明らかになっている。そしてその友人が暴力団との関係者、それどころか幹部にいる人物だと言う事も、もう明らかになっている。要約してしまえば、紳助氏は自身の恩人である暴力団関係者とコンタクトを取っていたとなる。一体何があったのか。一目の内容と関連付けながら考えてみよう。誰にもどうしようもない出来事と恩人は暴力団関係者紳助氏の取ったコンタクトは事件解決へのお礼との事だった。ただし、紳助氏の頭は人以上に良い。ただお礼をしたいからしただけではないだろう。悪い意味にとらえがちだが、そうではない。本当にお礼を言うべき事だったからこそ、お礼を述べたのだ。過去の事件を暴力団の恩人が解決に携わったのは間違いないと見て、自分は理由をこのように思う。彼ら二人が中心となって、仲裁を申し出た暴力団が馬鹿な訳がない。相手が名の知られた人物であればこそ、潰してしまっては自らの首を絞める事になるからだ。発端が何かは全くの不明なのだが、ともかく、自分はこれが尤もらしい結論だと思った。まるところ、彼は過去の問題のツケを今支払ったと言えるだろう。そもそも過去の時点で彼ら二人がいなければ、芸能界を去ろうと思っていたのだ。もしかすると、暴力団は彼の真価に気付いたからこそ仲裁という選択肢をしたのかもしれない。そして、それは本人にしか分からない事なのだろう。紳助氏は情報が伝わったのを知った後、即座に辞任を申し出たそうだ。これは圧力が加わっていたからではなく、彼としてのけじめであったように思う。過去の繋ぎ目が切れたからというのはあるだろう。けれども、それ以上に彼からは敬意のようなものを感じた。今、改めて思う。暴力団が一体何だと言うんだろう。確かに社会の裏にある癌ではあるのかもしれない。しかし、それ以上の癌に対して、マスコミはこれまで囃し立ててきただけではないか。現在、マスコミでは暴力団悪という構図が前提に報道をされている。しかし、それは灰色を良しとする日本人として待ったを掛けたい。暴力団との関係があったからと言って排除するのは良くはない。もしかすると、それは現実よりももっとクリアな付き合いかもしれない。勿論、その中でその者が罪を犯したというのなら、それなりの贖罪はさせなければならない。少なくとも、自分はそういった不条理を認めない。だからこそ、現実を知った上でこう言いたい。紳助さん、これまで本当にお疲れ様でした。これからはその知性を活かし、裏での活躍を期待しています。最後に自分は島田紳助さんが嫌いではありませんでした。ただし、好きでもありません。それは彼が自分の苦手とするタイプだNEWメールという事もありますが、それ以上に自分の考えを通すという能力意欲、共に高すぎたせいです。しかし、人材としては彼程のものを失うのはあまりにも惜しい。一視聴者として、彼のこれまでの活躍を認めていきたいと思います。紳助さん、これまで本当にお疲れ様でした。これからはその知性を活かし、裏での活躍を期待しています。ただし、個性の活かし方は、その個に委ねてあげてください。以上、第二弾があるかも分からない無根拠な推理日記アームチェアディテクティブでした。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:i36qm1zlnb
読者になる
2011年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/i36qm1zlnb/index1_0.rdf