モノレール

May 28 [Tue], 2013, 10:44
現在沖縄で鉄道と言えば、那覇市のモノレールが唯一の存在である。
しかし、戦前には路面電車、馬車鉄道、軽便鉄道、さらにはサトウキビなどを運送する産業用の鉄道なども存在した。

初めて沖縄に鉄道が登場したのは明治時代。
手押しのトロッコ鉄道であった。
大正時代に入ると、挫折続きの民間による鉄道計画がついに実現。
1914年に沖縄電気軌道が大門前〜首里間の路面電車を開業した。
一方で、民間の挫折が続く中で県営の気運が高まりを見せ、同年沖縄県営鉄道が誕生した。
これらの鉄道は大正末期までに路線の拡張などを精力的に行い、沖縄の鉄道は盛り上がりを見せた。

昭和に入ると、バスとの競合の中で次第に衰退していった。
太平洋戦争末期には全ての鉄道運行が停止し、施設も事故、空襲、地上戦で破壊されてしまった。

現在は那覇空港から沖縄 首里城までのモノレールができ沖縄の観光巡りにおすすめだ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:琉ニライカ球ナイ
読者になる
2013年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/i2mxqog6/index1_0.rdf