<民主代表選>「この国を立て直すことが第一の仕事」 菅新代表の当選あいさつ(毎日新聞)

June 11 [Fri], 2010, 12:16
 鳩山由紀夫首相退陣に伴う民主党代表選が4日行われ、菅直人副総理兼財務相(63)が、樽床伸二衆院環境委員長(50)を破り、新代表に就任した。菅氏は当選後、「この国を立て直すことが第一の仕事」と抱負を語った。菅氏のあいさつは次の通り。

 ◇

 まず、私からノーサイドの宣言をさせていただきたいと思います。樽床さんに投票され応援された方も、私に投票いただいた方も、これからはまさに一体となって今の難しい政治、そして目の前に迫っている参議院選挙に一致結束して戦いぬく、そのノーサイドの宣言をさせていただきたいと思いますが、いかがでしょうか。(拍手。樽床氏と握手)

 さきほどのあいさつで二つと言ってあの言えなかったの何ですかと聞かれたもんですから、やはり私たちは政権をあずかっている。代表はこの後も指名、国会の決議で総理大臣という重責を担わければならない。そういう意味で私は民主党の代表の役割の一つは内閣総理大臣として、この国を立て直すこと、それが第一の仕事であり、同時にもう一つの役目として先ほど申し上げたように、この民主党が全員が、おれたちも一緒にやっているんだと、自信を持っていえるような全員参加だと、そういう党にしていくんだ、この二つを申し上げたかったわけです。(拍手)

 まだ国会開催中であり、多くの重要法案もまだ審議中であると同時に参議院の選挙を前にして、財政の問題やマニフェストの問題など全党的な議論が進んでいるわけであります。そういった意味で私はまずはこの参議院選挙に向けてしっかりした政策、あるいは日本の立て直しの案をこのマニフェストとともに皆さんと一緒になって作り上げ、そして、今すでに公認をされているすべての参議院候補全員に皆さんひとりひとりがまさに当事者である方はもちろん、いうまでもありませんが、自分の選挙の番でない参議院議員、さらには衆議院議員議員も自らの選挙のときと勝るとも劣らない活動を私自身先頭にたつ覚悟でありますので、皆さんひとりひとりもその覚悟でのぞんでいただきたい。そして鳩山内閣のあとを、鳩山総理の思いを参議院選挙の勝利のなかで実現ができるこの本格政権をともに築いていきたい。どうか皆さんのご協力よろしくお願いします。ありがとうございました。(拍手)

【菅登板】「参院選の顔」に揺れる改選組 「何人帰れるだろう…」(産経新聞)
会期延長、民主で慎重論広がる=国民新「郵政先送りなら離脱も」(時事通信)
「国の引き延ばし、患者の切り捨て許すな」―B型肝炎訴訟団・弁護団が集会(医療介護CBニュース)
女子高生にわいせつ、アートコーポ会長が辞任(読売新聞)
「財布忘れた」、100回通過か=首都高料金詐欺容疑の男逮捕―警視庁(時事通信)
  • URL:http://yaplog.jp/i2hsoue0/archive/20
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。