レッキスが飯島

September 05 [Mon], 2016, 12:19
ニキビというのは潰してしまっても良いのでしょうか。実は、ニキビは潰してしまっても良い状態のものと潰してはいけないものとがあります。
潰しても良いニキビの状態というのは、炎症を起こしたニキビが落ち着いてきて、中の膿が白く盛り上がった状態のニキビです。

このニキビの状態とは、膿が外に出ようと芯が出来始めている時ですから、専用の器具や針といったものを使えば、潰すのもいいでしょう。ニキビは一度治ってもまたできやすい肌のトラブルだとよく言います。症状が治まったからといって不摂生や暴飲暴食などを行っていると、またすぐに再発します。



繰り返し出来ないようにするには、お肌をキレイに保つようにし、バランスの悪い食生活をせず、十分な睡眠を取ることが大切なこととなります。
角栓が毛穴を詰まらせることが、ニキビをつくる原因のひとつなのです。


気になるのでつい角栓を指でつぶして押し出してしまうと、その部分にニキビ跡ができる原因となります。角栓ができてしまわないように、そして、悪化させない為には、十分に肌の保湿を行うこと、毛穴に余分な皮脂を溜め込まないようにすることが、大切なことなのです。

ニキビを潰してしまうと、膿が中から出てきます。もっと潰すと今度は芯が出ます。
これがニキビの元なのですが、潰して中から芯を出すことはあまりお勧めできることではありません。


無理やりに潰してしまうのですから、ますます炎症は広がってしまいます。ニキビ跡が残ってしまうことも多くあるので薬をつけるなどしてゆっくりと治していきましょう。顔ではないところで、ニキビができやすいのはなんと背中だったのです。背中は自分で見えないので、背中にニキビができても、気づかないことも多くあります。でも、背中のニキビもニキビケアを怠らずしなければ跡になってしまうことがありますので、注意してください。繰り返しニキビができてしまう場合は、単に一般的なニキビケアをするのではなく、どうしてニキビが繰り返されるのかという理由を知った上でのケアが大切です。
ニキビが一向に治らないのは、ホルモンバランスが崩れたり、食習慣が乱れたり、合わない化粧品を使うことによって肌が荒れてしまっている等、色々な原因があります。



ニキビが繰り返される本当の原因をきちんと知った上で、根本的な治療を行っていきましょう。
実はニキビ対策には、たくさんの方法があります。一番最初に思いつくのは、きちんと顔を洗うことでしょう。

ただ適当に洗顔するのではなく、洗顔フォームを利用して洗うと、さらに予防効果は高まります。
洗顔した後は、化粧水を利用することで、ニキビ予防効果を更に高めることができます。
なぜニキビができるのか?その理由のひとつに、乾燥ということがあります。

ニキビは余分な油脂が原因でできているんじゃなかったの?と疑問に思う人も少なくないでしょう。

当然、余分な油脂のせいで毛穴が詰まるのも原因のひとつなのは間違いありませんが、そう思って逆に油脂を落としすぎてしまうと、今度は肌が乾燥しすぎて、それが原因でニキビができてしまうのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Misaki
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/i1vte1edatw9ln/index1_0.rdf