双子座流星群

December 18 [Sun], 2011, 1:09
クリスマスを前に、天文ファン必見の天体ショーが繰り広げられる。
毎年恒例のふたご座流星群が、米国時間月日から日にかけての深夜日本時間日夜から日未明にピークを迎えるのだ。
年のふたご座流星群では、色とりどりの流れ星や特に明るい火球が夜空を彩るとみられている。
だがこうした華やかなショーを目にできるかは、観測タイミング次第とのことだ。
観測に最も適した時間帯は、月が出る前で空がまだ暗い、世界各地の現地時間で午後時前後だろうと、シカゴにあるアドラープラネタリウムの天文学者ゲザ札絅瓩禄劼戮討い襦K遒魏瓩憧屬發覆し遒困襪函羈單鼎の韻呂修量世襪気鳳譴童覆覆辰討靴泙Δ蕕澄嘉靴坊辰泙譴譴弌嵋姪譴諒僂鮓@泙醒亙神瓩猟磴ぐ銘屬砲襪佞燭敢造虍垢詢韻魎兮垢襪海箸任C襦佞燭敢造呂海領鰻欧諒ヨ妖世如¬樵阿發海寮浦造蕕箸蕕譴討い襦廚肇絅瓩論睫世垢襦絅瓩砲茲襪函屬發Ρの観測に最適なタイミングは、日日本では日の早朝、世界各地の現地時間で午前時ごろだ。
この時、流星群の放射点は天頂近くの高い位置に達するという。
この時間帯に観察する場合は、月の光を避けるために西を向き、天頂付近から流れ落ちてくる流星を探すのがお勧めだ。
同流星群のピーク時には、都市郊外でも時間あたり鐔個の流星を確認できる。
周囲に街の明かりがない場所であれば、時間あたり最大個の観測も可能だ。
これほど大量の流星が発生するにもかかわらず、ふたご座流星群は月のペルセウス座流星群ほど大々的に取り上げられることは少ない。
これはおそらく、月という発生時期がクリスマスシーズンに近く、ほぼすべての流星が観測可能な北半球では寒い時期にあたることが理由とみられる。
寒さをものともしない天文ファンに対して、ギュク氏は暖かい服装をしてリクライニング機能を持デッキチェアを用意し、ある程度長い時間観測を続ける心づもりで臨むようアドバイスしている。
流星の観察には忍耐も必要だ。
また、何人かで見ると観測しやすくなる。
友達を誘い、誰かが見逃した流星を他の人が確認できるようにするといいだろう。
光る時間が長く、見けやすい流星流星群のピークは数時間しか続かないが、ピークを挟む週間ほどは、数十個の流れ星が観測できるはずだ。
ふたご座流星群は比較的動きが遅く、他の流星群の流星と比べると、その速度は半分以下だ。
まり、ふたご座流星群の流星は空をゆっくりと横切る傾向にあり、目に留まりやすいということだとギュク氏は解説する。
しかも満月を過ぎた月の光が輝く空でも、ふたご座流星群は観測者が驚くようなショーを見せてくれるかもしれないとギュク氏は話す。
ふたご座流星群では、これまでにも火球の出現が確認されている。
火球は爆発を伴うこともあり、平均露出マニア専用SNS的な流れ星よりはかなり明るく輝く。
さらに、ふたご座流星群は他の流星群と比較しても非常に色彩豊かで、黄色が混じるほか、時には赤、緑、青といった色の流れ星も観察できるという。
謎の天体を発生源とする流星群流星群のもとになる粒子は、そのほとんどが砂粒ほどの大きさで、高速で地球の大気圏に突入し燃え上がり、周囲の空気を非常に高い温度にまで加熱するため、特徴的な筋状の光を短い時間放って消える。
毎年出現する流星群のほとんどは、通過する彗星が残した破片の雲の間を地球が通り抜け、短い期間に何トンものちりが地球上に降りそそぐために生じる。
しかしふたご座流星群の独特な点は、毎年出現する流星群としては唯一、小惑星状の天体ファエトンが母天体と考えられていることだ。
年にの衛星に発見されたファエトンは幅約キロの微小な天体である。
公転周期は1年半で、軌道はふたご座流星群の出現時期とぴったり合致しているため、流星群の母天体の第一候補と目されている。
氷が主成分の彗星と違い、ファエトンは太陽に近づいてもガスを放出せず、天体の破片からなる目に見える尾が発生することもない。
しかしこれは、太陽に頻繁に接近したため、その強烈な熱でファエトンの表面全体が焼かれたためではないかとギュク氏は述べている。
加えて、比較的最近になって、太陽に近づくとファエトンが通常以上に明るくなることが確認されており、これはファエトンの内部にいまだに保持されている凍ったガスが放たれて起きる現象とも考えられている。
そのため、小惑星という認識が一般的なファエトンだが、実際には活動をほぼ休止した彗星に分類した方が適切かもしれないとギュク氏は指摘している。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:i1ja1qf7jr
読者になる
2011年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/i1ja1qf7jr/index1_0.rdf