あがり症

December 15 [Sun], 2013, 10:25
あがり症氏に人の前で話すのは最も辛いことだと思います。
ところが社会に出たら会議、プレゼンテーション、演説など多くの人の前で話す機会はたくさんあります。
あがり症を克服したらもちろん最高ですが、出入りする考証とうまく付き合いながら話し方もあります。一TVドラマで登場人物がこんなことをしていました。失敗しても当たり前。成功すれば、美男"まずは自分は上がり、増ということを認めましょう。人前で話すのに緊張してしまうのは、出入りする考証だから当たり前。
顔が赤くなることも汗もあがり症だから当たり前。"早くも顔が赤くなりました""よく大和今日3番目の声がひっくり返る!"
心の中で自分を実況してみるのもおもしろいかもしれません。私はあがり症だから間違っても当然だ。
自ら自分を戒めるむしろうつ症を楽しむぐらいの気持ちで行きましょう。足かせな場なら"私はやきもき証ありて"などと前提するのもいいですねただし、"出入りする考証のために失敗しても当然"は自分だけが語る言葉。
相手には"私はあがり症だが、精一杯頑張ります"と伝えなければなりません。
あがり症の弟が毎週通ってる阿佐ヶ谷 鍼灸はいい腕の先生が沢山います。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:こう
読者になる
2013年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/i0bx0ees/index1_0.rdf