エースだけどスッチー

August 13 [Sat], 2016, 1:19
准介護士ではなく、国家試験を合格して正介護士になろうと考えるならば、看護の専門学校や大学等を卒業することが絶対条件です。
介護士試験の受験資格が看護課程を卒業していることなのです。とはいえ、看護の専門学校は人気があって倍率がかなり高いため、看護学校受験のための予備校に通って勉強する人もいます。
もう准看として働いている人が正看を目指す場合は、通信で学べる学校もいくつかあるので、こちらを利用してみましょう。もっと介護士としての腕を上げたい、と考えているのであれば、一にも経験、二にも経験となります。


どんなことが起こっても、問題を解決できる方法が確立されている、といったことは、介護士という仕事柄あり得ません。


なので、たゆまぬ努力と、研鑽を重ねていくしかないのです。そうした中、「介護士としてもっと上を目指したい」という理由で働く場所を変えようとするケースもあるようです。
救急や最先端の介護を行なう大きな介護施設などで介護士スキルをさらに底上げを図ろうとする、とてもアグレッシブな転職になります。

病棟に勤める介護士は、夜間も常に患者のケアにあたるため夜勤が必須の職業です。

実際、夜勤はどのようなシフトで動いているかというと、その介護施設が2交代勤務なのか3交代勤務で働いているのかで全く違うのです。主に2交代制勤務のシフトでは、夜勤が17時間(休憩含む)と長いです。



3交代勤務での夜勤となると、時間に余裕のない厳しいスケジュールを組まれることがあります。

応募する介護施設がどのような勤務形態なのか調べておいた方が、実際の勤務に向けた心構えが出来ると思います。どうしても、介護士という職業においては煙草を吸う人がそれほど多くないという印象を受けますよね。実際にはそのイメージ通りに介護士の喫煙率は平均を下回っているそうです。
介護施設で働く職業上、煙草の臭いを漂わせまいと注意している人が多い職業であるということが理解できます。介護施設という場所で働く介護士は常に神経を使うことになりますし、これが続くとどうしても常に強いストレスにさらされ続けることになるでしょう。ということは、身体的にかなり厳しい仕事なのに、精神的なきつさも感じることになります。


溜めてばかりだと良いことは少しもありません。

解消の仕方を探し出せるかどうかというのは、この先も長く続けたい場合はかなり重視するべき点ではないでしょうか。

毎日、介護士として頑張っている中、大変な目にあったりもします。
そうなるとついつい、楽のできる病棟はどこかと考え始めるようなことがあっても、不思議ではありません。
一概には言えないものの、割合に楽できるかもしれないと考えられている病棟は、残業の少なさから、精神科、眼科、整形外科などがピックアップされるようです。とはいえ、どんな介護施設なのか、どういった症状の患者さんを診ているのかによって、業務のハードさについては差があります。

実は、介護士にはちゃんとした階級が存在するのです。
階級のトップからいえば、各介護施設の方針によっても異なりますが、普通は看護部長、総介護士長などと呼ばれる方々です。実際に階級を上げるためには、同じ職場に長く勤務して実績を重ねて、信頼を得られるように努めることが必要だと言えます。もちろん、出世して階級が上がれば、それだけ年収や待遇は良くなるでしょう。



初めての介護施設で新人の介護士として働こうとする時に、どこに配属されるかは大変気になりますが、面接の際の希望をほぼ聞き入れてくれるところもある一方、人事を担当する人の考えによって左右される場合もあるかもしれません。



人員配置については、介護施設側の持つその人のデータから、そこが適任だと評価され、充分に考えられた配属であることが殆どです。



ただし、配属されて、どうしても違和感や不満などが治まらない時は、新しい上司にそのことを相談してみると良いでしょう。介護士の勤務先は、介護施設以外にもあります。グループホームと呼ばれる、介護施設の一形態においても介護士の活躍が期待されています。

こういったグループホームに入所している方は、認知症患者の方であるため、そのことを心に留めて介護することが重要です。



特に介護関連に興味があるという場合は、職場としてグループホームを選ぶということも考えてみてはいかがでしょうか。



あまり知られていませんが、介護士で公務員になる方法があります。それは勤務先を国公立の介護施設にすることです。


もともと、介護士という職業が専門的な知識が求められ、長期間働ける仕事だということで勉強する人も多いのですが、加えて公務員に準じたメリットがつけば一層安定した職業になることは確実です。


安定した収入と、解雇の心配が少なく、福利厚生が手厚いという点は最大のメリットだと言えるでしょう。
24時間対応が求められることの多い、介護士という仕事の勤務時間についてですが、実際のところは、意外に時間の調整はやり易いようになっています。

それもこれも、シフトがどうなっているかによりますが、有給休暇を時間単位で取る時間休をとることができます。


なので、園児や小学生などの母親をしながらであってもそれ程無茶をすることなく、働き続けることが可能、と考えられているようです。子供がいることで、予定外の急用ができたりと休みや早退もありがちなのですが、それでも都合をつけながら、やっていくことができているのは、時間調整しやすい働き方による、というのが大きいようです。なお他業種同様、8時間勤務が基本です。



近年、日本においてはEPA(経済連携協定)に基づく形で、インドネシアやフィリピン、ベトナム出身の聞いたことのある方も多いと思いますが、いわゆる外国人介護士候補生の受け入れを実施中です。

とは言え、介護士国家試験の勉強をして仮に、3年かかっても不合格だった時には、自分の国に帰らなければなりません。就労と日本語の勉強と国家試験に受かるために勉強をしないといけませんから、かなり過酷な条件であると言えるでしょう。
言うまでもなく、介護士の仕事というのはきついものであり、心身に辛さを覚えることも多いかもしれません。

二交代制、三交代制で避けては通れない夜勤も続けるうちに生活が不規則になってしまい、そうこうしているうちに、体調を悪くする人もいます。



昼夜にわたる、大変な仕事によって疲労はたまる一方であり、腰痛や頭痛に苦しむことになり、心身への負担をしみじみと実感してしまうことはあります。
他の一般的な職業と、介護士の収入などを比べたデータによると、平均年収という一点では確実に、介護士の方が上回るといいます。

介護士不足に陥っている介護機関は少なくはなく需要はいつでもある訳ですから、例え不景気下であっても、年収額が大きく落ちることがない、というような大きなメリットがあるといえます。ところが、高給を得られる職業ではありますが、ただ働きであるサービス残業が蔓延している等、働きやすい良好な環境にいる介護士は、かなり少ないとみて良いのかもしれません。

一般的に、介護士が持つ悩みに多いものと言えば、対人関係の問題や不規則な勤務形態です。
介護士には女性も多いので、人間関係のもめごとが多い職場も少なくないのです。勤務時間が不規則で、夜勤を避けられないのも健康上好ましくありません。転職し、環境の整った職場へ移るのもアリだと思います。
一般的に、介護士が持つ悩みとして代表的なものは不規則な勤務形態ではないでしょうか。
平日が休みになってしまっては、デートできなかったり友達とも簡単に会えないなどのケースが多いようです。または、昨今の介護士不足の影響から忙しくて休みが取れないケースもあります。こうした勤務形態を離れて、規則正しい休みを取りたいのであれば、日勤のみで働ける介護施設であればそれが可能ですので、転職を視野に入れて行動するのもおススメします。

介護施設で働く介護士は、病気を抱えた患者と接する場合が多いので、髪形にも気を付けた方が良いでしょう。自分が患者なら、どのような印象の介護士に信頼を置けるかを考えながら、清潔な印象を与えるヘアスタイルにすることが大事です。勤務先によって、ルールがそれぞれ異なるケースがあると覚えておきましょう。若い方はあまり知らないかもしれませんが、昔の介護士は大多数が女性でした。


しかし今日では一般的に「介護士」という名称が使われているように男性の介護士も珍しくなくなりました。
実際に介護士に必要な適性を考慮しても、このような変化は、時代の流れとして当然なのかもしれませんね。

女性的な優しさも大切ですが、体力の多さや冷静な判断力、瞬発力といった要素も、今後はもっと重視される要素になってくるでしょう。引く手あまたの介護士は就職しやすく、さらに転職に際しても簡単なことが多いです。


まず履歴書を、転職を希望する介護機関に提出して書類選考を受け、これに合格した後、面接という流れになるのがふつうです。面接では、今まで勤務してきた職場における経験などについての話をすることになります。しかし、能力的なこと以外に、職場で円滑な人間関係を作ることができるかなど、性格的な部分もテストされていると思ってください。



仕事上の能力や技能はもちろんですが、人間的な魅力などもわかってもらえれば、かなりポイントは高いはずです。


一般に高給取りだとされている介護士ですが、その給料は勤め先により違いがあり、例えば大学介護施設と小規模のクリニックでは、金額がかなり変わってくるでしょう。



退職時につく手当、退職金はどうかというと、国立介護施設や公立介護機関に勤めていたのでしたら、公務員や準公務員の扱いになることもあって、勤続年数などから計算され、働いた分に見合った額を受け取れるはずです。

他方で個人介護施設の状況を見てみますと、介護施設にもよりますが、たいていは退職金の取り決めがはっきりしていないようで、最終的に、院長先生がどう考えているか、といったところに収束するのかもしれません。
決められた額の退職金を確実にもらいたいなら、公立介護施設を選ぶと良いでしょう。前に勤めたことのある職場に再就職し、働いている介護士は多いですし、増えてもいます。ただし、そうしてうまく、職場復帰が可能かどうかについては、辞めた当時、どういった状況だったかで違いがあるようです。例を挙げるなら、結婚や転居、または出産、育児を理由とした辞職であれば、心理的にも、職場にとっても出戻りは簡単でしょう。

こういった事例は増加しています。様々な事情により夜勤はできないとして、昼間だけのパート介護士として出戻ってきて、働く人も増加中です。

人間関係について言えば、介護士の世界は最悪に近いと、当たり前のように囁かれたりしていますが、高い割合で女性の数が多い仕事場であることが、理由の一つであるようです。
というのも、小さな集団を作って、気の合う者同士固まる傾向が女性には強くてそうして集まれば誰かの噂話や、あるいは陰口などを囁き合ったりしますし、女性ワーカーの多い職場だと、何か独特の雰囲気が漂います。
日常的にそんな環境に接していると少なからず嫌悪感を覚えることもあるでしょうけれど、そうなってしまうのも、女性の多い環境ならではのことだと達観しておくのが良いでしょう。近年、相次ぐ介護施設の統廃合によって医師不足あるいは介護士不足が叫ばれています。日勤に夜勤にとイレギュラーな勤務をしながら急患対応も必要で、多くの介護士がものすごい激務に追われているのです。



少しずつ介護士を志す男性も増えてきてはいますが、今のところはまだ女性の仕事という状態なので、ストレスが蓄積されたり、行きたいときにトイレに行けない介護士が便秘に悩まされがちというのも深刻な現状を表しているといえます。転職活動を行う時には、ご多分に漏れず介護士の場合も履歴書が必須となりますが、注意すべきことがあります。注意すべきこと、それは履歴書に書くことの中でも特に志望した動機について、どのように表記するかということになります。雇用条件であったり、労働環境であったりが良かったのが志望のきっかけだとは言わずに、「ステップアップすることが出来そうだから」とか今までやってきたことを活かすことが出来そうだというような理由などやる気に満ちたような内容がいいと思います。

笑顔で辛い人を優しく支えるという点から、男性から人気が高い介護士が、独身の女性も多いです。

調べてみると、介護士をしている女性の結婚年齢については全体的に、早い人と遅い人の差が大きい事が指摘できるのです。結婚が遅い人に共通していることは、仕事を優先して恋愛の機会を逃していたり、キャリアアップを最優先に考えるため、結果的に晩婚化しているといったことが主な理由のようです。
何かと業務が多い介護士ですが、それだけに、介護士がいなければ介護施設内で仕事が回らないほどであり、大きなやりがいを得られる仕事の一つです。



入院患者のいる介護施設ではもちろん24時間稼働しますし、介護士も24時間、とぎれなく勤務します。

そういう訳で、仕事は日勤業務と夜勤業務で人員を交代させながら業務につくことになります。



他の交代制のお仕事と同様、生活リズムを上手にコントロールできなければうまく睡眠がとれなくて疲労が溜まることになります。

色々とある中で、介護士という資格の一番いい点を挙げるとすれば、なんといってももしも離職している期間があっても、再度、介護士として雇ってもらえるということでしょう。どうしてかというと、介護士の仕事が専門職だということ、人手不足であるということが少なからず関係しています。
どこでどのように働くかにさほどこだわっていない人の場合は上手くいけば50代だったとしても、復職が可能です。
一般的に、介護施設は症状によっていくつかの科に分けられていますが、それぞれの科の診察内容次第で、介護士に求められる技術やケアのやり方も違ってきます。ローテーション研修は一つの科だけでは分からない幅広い技術を学べますし、視野を広げて、総合的な知識を学ぶこともできるでしょう。
今後どうなりたいかという希望を見付けることになりますし、やる気も上がります。



介護士の仕事を選択する、外せない理由の一つにお給料を多くもらえるということがあると思います。


卒後間もない介護士の場合も、ほぼ同じような年齢の、一般的な会社に勤めた人達と比べた時にもより高収入といえるでしょう。そうはいっても、そのように高給をいただくということは自分の腕を磨いて、患者さんに返していかなければなりません。介護士という仕事をしているのは女性がかなりの割合を占めている職業なので人生の中の、結婚や出産といった出来事をきっかけに退職する人も多くて離職率が高めの仕事であると言えます。



それにプラスして、働く時間帯がイレギュラーであることや、労働環境の大変さによって離婚率についても高くなっているようです。
収入面で夫に頼らずとも子供を育てられるという点も離婚へつながる一因とも考えられます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Makoto
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/i0bcvaaed03tje/index1_0.rdf