行政書士6か月コーチングの効果とDr.HOUSE シーズン5/KINOMIの××クリニック❤/悩み診断1

August 27 [Tue], 2013, 2:03
こんにちは^^


今日も行政書士6か月コーチングレビュー特集中です(^^)
行政書士6か月コーチングは全く効果無し?という噂を聴き、半信半疑でしたが…
↓↓

行政書士6か月コーチング検証レビューはこちら
この教材は本物です!


法の宿株式会社さんが世に放つ情報教材行政書士6か月コーチングを
オリジナル特典付きでお届けしています。


※ステップは3段階。必ずリンク先をチェックして下さいね(^^)


詳細はこのページのリンクからご確認下さい。
↓↓

行政書士6か月コーチング検証レビューはこちら


て事で、あとはぐうたら日記です。
読み飛ばして下さい^^;


きょうの朝ごはんはサトウのごはんと、かますと赤味噌のおみそしる

絶妙な組み合わせでしょ?



ゆっくり15分掛けて完食、9時24分にマイホームを飛び出しました



いつもとは違うファミリーマートに寄り道して、コカ・コーラをGET(^^)v



これが無いと、調子狂います。



会社に行くと、日課のポータルニュースをチェック。

今日の話題は・・・

↓↓

 AKB48の板野友美が27日、東京・秋葉原のAKB48劇場での公演を最後にグループを卒業する。歌手になる夢を胸に、グループ発足当初からのメンバーとして活動を続けて約8年。「自分らしさ」を貫く芯の強さやクールな雰囲気、高いファッションセンスが支持を集めた。国民的アイドルグループへと成長していくAKB48をけん引してきた「ともちん」が、ソロアーティストになる夢への一歩を踏み出すことになった。

〔写真特集〕AKB48 板野友美さん〜東京ドームで卒業セレモニー〜

 板野は2005年12月、同劇場オープンのステージに立った1期生の一人。当時は14歳で、「よく泣いていた」と振り返る。以後、グループの知名度が低い時代から今日まで、「神7」などと呼ばれる中心メンバーとして活躍した。ファッションセンスにも定評があり、「おしゃれ番長」との異名も。2011年には、念願のソロデビューをAKB48のメンバーとして初めて果たし、これまでに計4枚のシングルをリリース、ヒットチャートの1位にも輝いた。
 AKB48の発足当初は、髪の毛を染めることがタブーとされた時代。初めて茶髪にしたのが板野だった。「最初の頃は自分の在り方を悩んだのだろう。でも、『私はこうありたい』と考えたのだと思う」と語るのは、同期でAKB48グループ総監督の高橋みなみ。こうした自分自身を貫く姿勢は、板野の個性としてファンの間に浸透し、人気の源泉の一つになった。
 ただ、クールで人にこびないように見える雰囲気が「誤解されることが多い」のは、自他ともに認めるところだ。6月の「総選挙」では「私はそんなに強い人間じゃない」と明かした。11年の「総選挙」では順位が伸び悩み、ステージ上で涙を流す場面も。卒業が近づく中、ブログには「8年もいると仲間との別れがつらい」とのコメントをつづり、東京ドームでの卒業セレモニーでも「一人になるのは寂しい」と本音を吐露した。
 それでも板野は「私の夢は、この先も続いています」と前を向く。「一歩一歩、頑張って歩けば、夢に近づける」。AKB48での活動を通じて学んだことを胸に刻み、ソロアーティストとしての飛躍を目指す構えだ。卒業公演では、自身も所属するチームKの大島優子、秋元才加らと共に最後の舞台に立つ。
(この記事は時事通信から引用させて頂きました)



やっぱりなあ

限りなく怪しいかも^^;



それはそうと今日の仕事と言えば。。。

予定ではブログアフィリに15時間と、ブログテンプレの張替えに2.5時間。



ベテランが居るから問題無いだろう



稼ぐぞ〜



稼ぐとなれば、こんなのあります。

↓↓





あれ?関係ない?^^;

ま、いっか(笑)



ではでは。今日の晩御飯は何しよ?

トンカツか手巻き寿司がくいてーなー^^;



これも良いか?

↓↓





では次の更新は明日の午後になるはず(^^)

お待ちしております。