自らがAGAなのか知る為には?

February 07 [Sat], 2015, 9:18
ご自分の髪の毛全体的な雰囲気は、周りの人々へと最も印象を与える、大切な部分であると言われております。
幾ら年を取ろうとも、いつまでもボリュームのある、若々しい髪の毛をキープしたいのが、多くの方々が理想とする願望だと思います。
私達の人体は年齢を重ねるに連れて、様々な身体の場所が、自然に老化して行って衰えてしまいます。
髪の毛や頭皮などにも同様の事が当て嵌まります。
元気でコシのあった印象の毛髪は、年相応にやせ細ってしまい、次第に弱々しい雰囲気の毛髪へと様変わりして行ってしまいます。
殆どの人々の場合では、その現象に気付くと、自ら薄毛や脱毛症を発症してしまったのではないかと、心配で不安な気持ちへと陥るとも言われています。
現在はAGAチェック診断なども開発されていますので、ご自身が男性脱毛症を起こしやすい髪の毛や頭皮の状態なのか、きちんと分かるようになっているそうです。
このAGAチェック診断を実行する事により、脱毛症状の改善の見込みはあるのかも、きちんと診断する事が出来るそうです。
気になって仕方がない、不安な気持ちで頭の中がいっぱいの人達などは、一度検査して見る事をお勧め致します。

育毛にはメリットが多い石鹸シャンプーで髪を元気に

January 18 [Sun], 2015, 9:23
石鹸シャンプーって知ってますか(?_?)?
名前のとおり、成分が石鹸でできているシャンプーのこと。
一般的に使われているシャンプーは石油シャンプーで、主な成分が石油のシャンプーです。
成分表示を見てみて、石けん素地、石けん分、脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウムの成分があれば、石鹸シャンプーだと見分けることができますよ(^^)
石鹸シャンプーは、メリットが多く、育毛には最適です。
天然由来の植物が主成分なので刺激が少なく、頭皮に優しいので、赤ちゃんでも問題なく使うことができます(^^)
髪が健康になることも薄毛対策には効果的ですよね(^^)
シャンプー後は髪がサラサラになると気持ちいいですよね。
サラサラ感を出すために、市販のシャンプーにはシリコンが配合されています(-_-;)
シリコンは、髪の表面を覆って一時的にツルツルにしますが、外からの髪への栄養をブロックしてしまいます(-_-;)
石鹸シャンプーは、シリコンを落としたり、癖毛や抜け毛を防ぐ効果もあり、髪本来の力を取り戻すことができるんですよ。
育毛対策をしっかりやっているのに効果が出ないって人は、石鹸シャンプーを使ってみるといかもしれませんね(^^)

男性の薄毛AGAは早期治療で治すのがポイント!

December 08 [Mon], 2014, 11:38
日本では、男性の3人に1人が薄毛や脱毛の悩みを抱えているようです。
最近では若ハゲと言われる症状に悩む人も増えていますよね(-_-;)
若ハゲの原因にAGAという男性型脱毛症があります。
AGAというと、最近はCMでも良く見かけますし、医師に相談して治療できるのは悩みを抱える人にとっては嬉しいですよね(^^)
治療にはどのくらいの期間がかかるのかというと、概ね3〜6ヶ月程で効果を実感できることが多いようです。

薄毛の悩みを抱えているなら誰でも治療を受けることができますが、早期の治療や年齢的に若い方が治療の効果が出やすく、その分治療期間が短くて済むんですよ(^^)
薄毛や抜け毛の悩みは、年齢や遺伝が原因だと決め付けてしまうことも多いですよね。
実際に診察を受けるのに少し抵抗がある人も多いと思いますが、薄毛や抜け毛が気になってきたら、早期治療を受けると薄毛の改善の効果も高まりますし、治療期間も短くすむので、気になりだしたら診断を受けてみるといいですよ(^^)

円形脱毛症にの予防策や対応策について

October 28 [Tue], 2014, 12:22
薄毛や脱毛の症状などは、しっかりとした予防策に対応策を取って行ってないと、忽ち発症する割合が高まってしまうそうです。
様々な種類が確認されている脱毛症を、自らの頭皮へに発生させない為には、毎日の生活習慣の中で、自らの悪い行動習慣など大幅に見直してやり、それに応じて実行に移す事が最も重要だと言われているそうです。
自らで実践する事が出来る、円形脱毛症を発症させない対策方法では、毛髪や頭皮に良いとされている、必要な栄養素がある食事を、本人が心掛けて摂取する事が大切だと言われているそうです。
円形脱毛症には、人間関係などで受けるストレスなどにも、原因があると言われております。
適度な運動を通してストレスを発散する事も、円形脱毛症を発症させないようにするには、非常に大事な事でもあるかと思います。
適度な運動やスポーツとは、軽めに歩いたり走ったりする、ウォーキングやランニングなどの、無理をせずに行う事が出来る無酸素運動などの事です。
こうした軽めの筋肉運動などを、毎日の暮らしの中で、日課として取り入れて行動に移す事なども、円形脱毛症を起こさせないよいようにする、上手なポイントだとも言えます。

はげたくなければ、夏場は帽子をかぶろう

September 27 [Sat], 2014, 15:17
紫外線は肌にダメージを与える話は有名ですが、同じように紫外線は髪の毛にも悪影響を与えるんです。
紫外線を浴びる事によって鴨居のけには様々な変化がおこります。
紫外線によって傷ついた髪の毛は、キューティクルも壊れてしまい、細くなり抜けやすくなってしまうんです。
さらに、毛根へのダメージが加わります。
毛根がダメージを受けると、毛乳頭細胞という髪の毛を作る細胞も壊れてしまうんです。
ですから、日差しの強い夏場は特に紫外線から髪の毛を守りましょう。
具体的には日傘をするか、帽子をかぶれば紫外線から守る事が可能です。
また、紫外線を浴びてしまった時は、ポリフェノールなどを接種する事や、ビタミンCを接種しましょう。
これらにより、紫外線により傷ついた髪の毛を保護する役目も果たします。
一番は、長時間外に出ない事。
もし出るとしても、帽子などで紫外線から髪の毛を守る事が一番大切です。
髪の毛は、とてもデリケートなのでちょっとした刺激でも抜けたり、白髪の原因になりますから、日頃のケアも大切です。

薄毛になるのかを判断するには

August 28 [Thu], 2014, 11:12
薄毛になる前に薄毛になるのかそれともならないのかを判断することが大事です。
薄毛になる前に判断できるのならそれなりの対策をすることが可能としていて薄毛の進行を阻止することもできる場合が出てきます。
そこで問題なのがどのようにして薄毛になるのかを判断するのかです。
AGAで薄毛になる場合にはなかなか判断できないのですが、血行などによって薄毛になる場合には判断できます。
まず頭皮が痒くなっていたりしたらこれだけでも薄毛になる可能性が非常に高まっているサインになっています。
頭皮が痒いということは、当否が炎症を起こすかも知れないほど状態が良くない証拠になっています。
炎症を起こすと薄毛になる可能性は非常に高まってきてしまいますので、頭皮の状態を良くするなどの対策ができます。
そして血行が悪くて薄毛になる場合ですが、これは今現在抜けている髪の毛を見るだけで判断できます。
髪の毛に艶がなかったりそして先端などが細くなっているだけで、今作り出されている髪の毛に栄養などが足りていない証拠になります。
その場合には血行をよくしてあげるなどの方法をすることによって薄毛の対策ができます。

薄毛対策で激しい運動はよくない

August 03 [Sun], 2014, 11:27
薄毛対策をするためには運動が必要と言われています。
これは血管を硬くするなることを防止できるのが運動としているのでオススメされているのですが、ただちょっとした問題があります。
とても激しい運動をしてしまうとぎゃくに薄毛になる可能性を高めてしまう可能性も出てきてしまっています。
ではなぜ激しい運動は良くないのか、それは無酸素運動が原因してきています。
無酸素運動をするとジヒドロテストステロンが多く分泌されるようになっていて血液の中に多く含まれてしまいます。
実はこのジヒドロテストステロンは男性ホルモンの一種になっています。
男性ホルモンによって薄毛になる可能性があると知られている通り、ジヒドロテストステロンが増えれば増えるほど薄毛になる可能性を高めてしまいます。
さらに無酸素運動をしていると、自分では感じることができないストレスが溜まるようになっています。
ストレスも薄毛になる原因の一つとしているので、これもまた薄毛にする可能性を高めてしまいます。
なので運動をして薄毛対策をする場合には激しい運動ではなくて、ウォーキングなどの有酸素運動をしていきましょう。

頭皮の状態を整えて薄毛を改善する

July 12 [Sat], 2014, 7:47
頭皮が痛んだ状態だと残念ながらいくら育毛剤を使ったところで髪の毛は生えてきませんし、育ちません。頭皮も畑といっしょで荒れてしまった大地には作物が出来ないように痛んだ頭皮では髪の毛は生えません。逆に言えば頭皮の状態さえ良ければ髪の毛は生えてくるということです。薄毛に悩む人のほとんどが頭皮に問題がある状況だということが判明しています。特に頭皮に炎症やかぶれがある状態だとなおさら髪の毛は生えてきません。
健康的な頭皮とは青白く、柔らかな頭皮のことです。そういった健康的な頭皮でないのなら注意が必要です。

頭皮の色が赤か、赤茶色だったりニキビが出来ていたり。また、頭皮が触って硬かった場合も不健康な頭皮の特徴なので気をつけましょう。硬い頭皮の状態で育毛剤を使ったとしても効果はありません。きちんとした頭皮の状態にすることからはじめましょう。そのためには頭皮を柔らかくするためにマッサージをしたりすることが重要です。一番効果があるのがお風呂あがりの柔らかい頭皮をマッサージすることです。お風呂上りであれば血行もよくなります、マッサージをすることでさらに血行が良くなります。すぐには頭皮が柔らかくはなりませんが、毎日続けることで健康な頭皮を取り戻すことができます。

スカルプマッサージは重要

June 28 [Sat], 2014, 14:49
30歳を境に、男性は抜け毛や薄毛が気になる方が増えるそうです。
私自身20代後半くらいから、少しずつおでこが広くなってきました。
おでこが広くなると、昔はよくしていたベリーショートヘアも最近はできなくなりました。
今はおでこの広さを前髪の長さで隠している感じです。
でも、それでも雨の日なんかはべたっと張り付いておでこがすかすかになってハゲ気味なのが丸わかりです。
それがとっても嫌なんですよね。
なのでこれ以上はげが進行しないように、セルフケアをはじめました。

まずやったのはスカルプマッサージです。
今まではスカルプマッサージの必要性は感じなかったんですが、頭皮の血行をよくする事が抜け毛予防にも役立ち、発毛も促されるんだそうです。
スカルプマッサージは血行を良くする効果があるので、毎日シャンプー後に取り入れました。
育毛トニックを頭に振りかけてから、指の腹で頭皮をマッサージします。

念入りにマッサージすると、頭皮が柔らかくなっていくのを実感しましたね。
頭皮の血行が悪いと、堅くなるので抜け毛の原因になるそうです。
スカルプマッサージを続けて1ヶ月半程度ですけど、抜け毛の本数は少なくなった気がします。
まだ劇的な効果はありませんけど、継続する事が大切だと思うのでこれからも続けたいですね。

薄毛でも病院に行って医師に相談をしない理由

June 17 [Tue], 2014, 10:11
男性が薄毛になってしまう原因としている病気なのがAGAになります。
テレビなどの宣伝でAGAが疑わしいなら專門外来へと言われているので、AGAになってしまった場合にはまず医師に相談することが必要です。
しかし実際に医師の相談する方が少ないのが事実で、その理由となっているのがAGAなのかどうかが全くわからないということです。

薄毛はAGAだけが原因としているわけではなくて、ほかの原因でもなってしまう症状です。
見た目で何が原因でそうなっているのかがわからないのが事実としていて、判断できないからこそ医師に相談しにくいです。
そしてもう一つの原因となっているのが、痛みなど一切ないのに病院に行くのはおかしいや、それだけでいくのは恥ずかしいなどの気持ちです。
痛くなっていたりすれば、もちろん仕事を休んでも病院に行くのですが、痛くなくて見た目だけの問題で会社に行くのはおかしいそして恥ずかしい等の気持ちがどうしても勝ってしまいます。

そもそも薄毛は見た目だけの問題が多くなっているのが事実としているので、治療をしなくてもと考えてしまうのが当たり前になります。
これらの理由によって行かないことが多いのですが、薄毛になってしまったらできるだけ医師に相談するのがおすすめです。
これは命に関わる危険性があるからで、薄毛の原因の一つで内臓の病気があるからです。
見た目だけの問題としていないからこそ、しっかりと医師の相談をしてみることが必要です。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/hz5hscv1/index1_0.rdf