海外の夢と、はがきの夢

November 16 [Fri], 2012, 14:41
一緒に行く人より、一日早く、私は海外に行くことにしました。
急遽一日早めたので、宿がありません。
明日泊まるhttp://www.phone-play.info/予定の宿屋に行って、今日空いていないか確認します。
奥の隅の方で男性従業員2人が話しています。
全然言葉がわかりませんが、日本語で話しかけます。
そのうち、一人はお、外人。
俺言葉はなせないといった感じで立ち去り、もう一人が宿をお探しなのですねと話してくれました。
事情をはなしますが、本日は満室となっておりますと言われ、その場を立ち去られそうになりました。
慌てて声をかけて、どこか別のホテル紹介してもらえませんか駅の方ならありますかね裏道じゃなければ大丈夫と必死に聞いていました。
結局分からなかったので、宿を出て、外に行きました。
どうしようかな、周りを見ると、古本屋と居酒屋が一緒になった横に長い建物が目に入りました。
古本屋の電気が消えているので、今は居酒屋しかやっていないのか、と思いました。
途方に暮れていると、来ました一緒に旅行をする予定の人があれ何やってんのと。
事情を話し、今夜の宿はなんとかなるとほっと安心しました。
別の夢。
公民館か映画館か、ひろいところにいます。
監督が後ろで誰かに作品について熱く語っています。
今日は映画ロードショーの日です。
大学の知った顔がいつくもあります。
私の担当教授がやってきました。
あ、ひさびさですと思いきや、ぼくは屈辱だよといきなり言われました。
何と話を聞いていみると、今回にむけて手紙を出した。
それが、担当教授宛でなく、宮下先生宛だったから、おこっているらしい。
宮下先生は、この前、OB展でcozy様むっち様の金魚のふんでついていった私にも優しく声をかけていただいて、ありがとうと思ったから、そのお礼で手紙を出しただけで、屈辱なんてそんなと、必死で説明しますが、おこって聞いてもらえません。
しゃーないので、手紙を書くことにしました。
はがきがどこからともなく現れ、どうやら9$と書かれていました。
高いと思いました。
はがきは至ってシンプルで、形が定形外でした。
穴があいていたり、はがきが終わったらそのまましおりにもできる感じの、私が好きそうなものでした。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hyybsfa2f9
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hyybsfa2f9/index1_0.rdf