男性更年期障害の症状を解消するには

February 11 [Wed], 2015, 11:28





男性更年期障害は男性ホルモンのテストステロンが減少することで起こります。

テストステロンの減少を食い止めれば男性更年期障害の解消に役立ちます。


肥満はテストステロンを減少させる要因です。

肥満を解消するために、食べ過ぎない、よくかんで食べるなど

食べ方のスタイルを改善することが重要です。


テストステロンを作るにはたんぱく質が必要ですが

肉類はたんぱく質のほかに脂質も多いので摂り過ぎには注意が必要です。

魚や豆類でたんぱく質をとるように心がけることが大切です。

それには日本食が適しています。


ストレスもテストステロンの減少につながります。

ストレス解消のために適度な運動をすれば

脂肪の燃焼にもなり、一石二鳥です。


このように男性更年期障害を改善するには

生活習慣を見直すことが重要になってきます。


でも、日常生活の中で食事に気を配ったり

運動の習慣を身につけるのはなかなか難しいものです。


そこで、サプリメントに手助けしてもらうという方法もあります。

最近話題となっている健康食品に日向当帰(ヒユウガトウキ)というものがあります。

日向当帰は「神の草」として江戸時代から薩摩藩で食べられていました。


最近の臨床試験により確認された効能は

・血圧降下作用

・末梢神経拡張作用による抗動脈硬化作用

・インシュリン作用増強作用

・抗炎症作用

・強精作用  

・抗ストレス作用  などです。


この効能により日向当帰は医薬品としての生薬に認定されています。


抗動脈硬化作用や抗ストレス作用が女性はもちろん

男性更年期障害の解消にも有効になります。


日向当帰のことをもっと詳しく知りたいなら

下記の画像をクリックすると確認できます。
↓ ↓ ↓