アトポスが語源

September 26 [Thu], 2013, 13:29
メイクアップの長所:外見が向上する。化粧もたしなみのひとつ。本当の年齢より大人っぽく見てくれる(ただし10代から20代前半に限る)。人に与える自分のイメージをその日の気分でチェンジできる。
乾燥による掻痒感の要因の大半は、老化に伴うセラミドと皮脂の縮小や、ハンドソープなどの使い過ぎに縁る皮ふのブロック機能の破損によって現れます。
肌の奥深くで生まれた肌細胞は時間をかけて表面へ移動し、結果的には角質層となって、約4週間経つと自然に剥がれ落ちます。こうした仕組みが新陳代謝というわけです。
目の下に弛みが現れた場合、みんな年齢よりも4〜5歳は老けて写ります。皮膚のたるみは色々ありますが、その中でも下まぶたは目につくところです。
患者によってお肌の質は違いますし、遺伝的なものによるドライスキンなのか、生活習慣などによる乾燥肌なのかというタイプによって治療法が違ってきますので、十分な注意を要します。
内臓が健康かどうかを数値で見られる特別な機械があります。『ノイロメーター』と名付けられている医療機器で、自律神経の様子を数値化することで、内臓の様子を確認できるというのです。
爪の伸び方は樹木の年輪のように刻まれるというものなので、その時の体調が爪に出ることがよくあり、髪の毛と共通するように一目で理解しやすいことから健康のバロメーターとも呼ばれているのだ。
メイクの短所:崩れないように化粧直しをしなければいけない。素顔の時に毎度訪れる落胆。メイク用品の出費がかさむ。ノーメイクだと誰にも会えない強迫観念のような思い込み。
歯の美容ケアが必要と捉えている女性は増加しているが、実際にやっている人は少ない。その理由でもっとも多いのが、「自分だけではどのようにケアしたらよいのか情報がない」というものだ。
掻痒などが出るアトピーとは「不特定な場所」という意味を持つギリシャ語のアトポスが語源で、「遺伝的な因子を持った人だけに発症する即時型のアレルギー反応に基づく病気」のことを指して名付けられたと考えられている。
湿疹や掻痒に悩まされるアトピー性皮膚炎の原因には、1.腸内や皮膚、肺、口腔内等の細菌叢(フローラ=Flora)、2.遺伝、3.栄養面での問題、4.住環境、5.それ以外の見方が主に挙げられる。
美容雑誌においてリンパの停滞の代表格であるかのように掲載されている「むくみ」には大きく2種類に分けて、体内に隠れている病気によるむくみと、なにも病気を持っていない人でも発生するむくみがあるということだ。
昼間なのに普段浮腫まないはずの顔や手に酷い浮腫が見られた、十分な睡眠を取っているのに脚のむくみが引かない、といった場合は病気が潜伏している恐れがあるのでかかりつけ医による処置を直ぐ受けなければなりません。
アトピーの素因:家族の病歴と次の既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮ふ炎(あとぴーせいひふえん、atopic dermatitis)の内一つ、もしくは2種類以上)、IgE 抗体を生み出しやすい要因、等。
残業、終電帰りの飲み会、深夜に及ぶスポーツ観戦・翌日の幼稚園のお弁当作りやご飯の支度…。お肌に悪いというのは承知していても、実際は理想とされる8時間もの睡眠時間を確保できない方が多いのは明らかです。
ミズナ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hytrpdsajfi
読者になる
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/hytrpdsajfi/index1_0.rdf