goodbye, it's my the end.

#すべての犬は天国へ行く
2004.08.02 Mon 17:07 | 日々
なんちゃって不眠が発動。気が付くと夜明け前。仕方ないので散歩に出掛ける。
家の坂を下りて少し歩いたところで車に轢かれた猫の死骸を見付けた。
田舎とは云え、殊更珍しい存在ではない。が、こんなにも間近で見るのは初めてだった。
頭部を踏まれたらしく首があらぬ方向に捻じ曲がっており、文字通り皮一枚で繋がっていた。
雨で濡れた車道に、血と脳漿と思われるものが融け込むようにして散らばっている。
それに反して胴体は綺麗なものだった。真っ白い毛並みがしっとりと潤んでいる。
今まで自分のことを動物好きだと思っていたが、凄惨な死骸を見ても特に思うことはなかった。
死というものは意味を持たず、ただそこに在るだけのものに過ぎないのかもしれない。

昼過ぎに野暮用で出掛けた際、再びその道を通ったが猫の死骸は片付けられていた。
肉体を失った猫の魂はどこへ行ったんだろう。ぼんやりとそんなことを考える。



#遺書
2004.08.01 Sun 23:12 | 日々
死に損なった記念にblogを見切り発車で始めてみる。
おそらく他人様相手に公開できるのはまだ先になるだろうけど。
それにしてもアカウントを取得したのは7月末だというのに、気が付けばもう8月。
歩き始めからこんなことでいいんだろうか。…キリがいいのでよしとしておこう。
サイドバーのABOUTにも書いている通り、このブログはとある下等動物の捌け口であり肥溜めでありオナニー場なので有益な情報は皆無だと思われます。
それでもよろしければ、どうぞお付き合いください。
しかしサイドバーのデザインがいじれないっていうのはどうなのヤプログ。

台風の影響で今日は朝から雨。雨の日は安らぐ。外出しない理由が作れるから。
日が暮れてから雨脚が強くなってきたのでちょっと外に出てみた。雨に濡れるのが好き。
昔から雨は恵みの存在であり神聖なものという思い込みが強い。まあキチガイなので。
結局、自分が雨に打たれたがるのは浄化を求めているからなのだと思う。
身から出た錆は自分でこそぎ落とすしか術はないのだから、それは叶わない。
寒いだけだった。真夏だというのに。