一年近くほっぽり出していたブログ 

May 21 [Sun], 2006, 20:53
一年以上、ほっぽりだしていたブログを引っ張り出して書いています。HPの日記代わりに使おうとおもっていたんだけど、フレームのページに入れると変になるからほっぽりだしていたやつ。
リニューアルしたときに前の日記から移行しようと思っています。だからひっそりと更新はこっちに。

さて、今日は地元で、良く化粧品を買うお店がリニューアルオープンのセールをしてていたので、化粧水を買いに行きました。
今使ってるのは、アルビオンのスキコンなんですけど(1〜3月の繁忙期で肌が壊滅的になったため)、高いからそろそろいつもどおり安いのに変えよう・・・と思っていたところに、ポーチとイグニスのサンプルのセットがおまけのキャンペーンが始まった、というダイレクトメールが来まして・・。
ちょうど、来月には旅行があるし、ラッキー!とばかりに買いに行ってしまいました。
旅行といえど、いつも使っているの持って行きたいもんね〜。

買ってしまいましたA 

April 02 [Sat], 2005, 18:04
続き
―――

で、早速塗ってもらったところ、
口紅だけ見た時よりも、いい感じに(あくまで当者比)なってたのです。
BAさんも、「あ〜、綺麗に発色してますね」、と。

そんで、そこで彼女が、感慨深げに
「お客様の唇はピンクの色味が強くですぎるのかもしれませんね。
『もう少し黄味が欲しい』とおっしゃっていた意味がわかった気がします」と
おっしゃった(笑)のですよ。

なんかね、もうそのとき、買おうと思いましたね。
そうそう、そう言うのが聞きたかったの、と。
今まで口紅単体で見たときの美しさに惹かれピンクをあつめてましたが
自分の唇にぬると何か下品というか、なんというか・・・
それってつまり、そういうことだったのかと。

それはいつも行ってるブースのBAさんは言ってくれなかったことで・・・
(決してそのBAさんがどうというわけじゃなく、自分で気が付かないのが
悪いんですが)
たまには目先を変えてみるもの良かったなと。

まだ、あくまで第一段階通過で、また明日これをつけてみて
しっくりくるかどうか、(唇の状態とかいろいろあるし・・・)
確かめて見ないとなんともいえないんですけどね。
でもまぁ、これが運命の一本となりますよう切に祈っとります。

買ってしまいました。 

April 02 [Sat], 2005, 17:47
・・・というわけで、買ってしまいました、新しい口紅。
やっぱり店頭で試してもらって、今帰宅してからもう一度
付け直してみたのですが・・・まぁ、OKかな。
第一段階はクリアです。

さて、そのブツなのですが、
コスメデコルテ・イントゥイスのルージュエアリティBE360番
だったりします。
この商品自体は、これで3本目くらいになりますが、この色は初めて。
コスメデコルテは割と長い付き合いなのですが・・・、
今回は、いつもは行かないコスメデコルテのブースへ行きました。

で、そこのBAさんに相談してみたのですけれども・・・
こちらの希望は「職場でも使えて、肌なじみのいいもの」でした。
んで、イエローベースなんで、黄身の強い、例えばブラウン系みたいなのを
イメージしてると伝えたところ、BAさんはう〜んと唸って、
「ブラウンですかぁ・・」って反応だったんですね。

そうですか、僕にはブラウンは似合いませんか・・と心の中で呟きながら
何点かピックアップしてもらったのを見たんですけど、
確かに、なんか自分には合わないような気がする。
私もう〜ん、となってると、BAさんが
「もう少しピンクっぽいものはいかがですか?」とまたピックアップ
してくれたのですが、これもしっくりこない。
「もう少し黄味が欲しい感じなんですよね・・」というと、
最後に「ではベージュっはどうでしょう」と
出してきてくださったのが上記360番というわけで。


――――
字数超えそうなので一旦締めます

完璧な人がいないように、完璧なソレもまた・・・ 

March 31 [Thu], 2005, 20:14
買い物をして、後悔する事はそんなには無いのですが、
(もともとあまり衝動買いをしない)
こと口紅に関してだけは、ほとんど後悔の歴史というか、
満足のいく一本に出会ったことがありません。

単に色の好みでいけば、淡くて可愛いベビーピンクが好きなのですが、
それが自分の顔に乗った時も可愛いかどうかは別問題で・・・

唇が厚めなので濃い色をしっかり塗ると、母親に
「人を喰ってきたような顔」と形容され、
薄い色を塗ると、「化粧してるの?」と言われ・・・

で、アットコスメでリサーチしながら、色々試してみるんですけど、
店頭ではこれだ!と思っても、家に帰ってみると何か違う・・・と
買ったものの使わない口紅が溜まっていくばかり。

このままでは、定期的に訪れる口紅買いたい病の治療に
お金がかかるばかりです。
早いところ運命の一本に出会いたいものです・・・。

まぁ、実際の最重要問題は、
この乾燥してばかりの唇自体なんですけどね。

一人で居るという贅沢 

March 30 [Wed], 2005, 18:01
昨日の宣言どおり、観てきました、「ブリジッド・ジョーンズの日記2」!
もう、もう、もう、面白かった〜〜!本でも映画でもそうですけど、
残りの時間やページ数を確認しながらあぁ、もうこれだけしかないって
終わりが来るのを恐れながら楽しめる作品に出会えるって、
至上の幸福だと思います。

そして、「平日に一人で映画を観にいく」という数年に一度
出来るか出来ないかの贅沢に、乾杯。
ポテトも甘いジュースも解禁して、思い切り楽しんできました。
次にコレが出来るのはいつなのかな・・・。


映画の大筋は33歳、がけっぷちもとうに通り越したシングル・キャリア・ウーマン
ブリジッドの恋愛模様なのですけれども、この映画の魅力の80%は、この「ブリジッド」のドジで等身大の愛すべきキャラクターにあると思います。

彼女のドジは、映画の中の随所に散りばめられていてそれが失恋、失業の危機、果ては投獄(!)と畳み掛けるように訪れる不幸の中でさえ、シリアスになり過ぎず、笑いを提供し続けてくれます。彼女のお相手(候補)は二人居まして、一人は「明るく優しいけど浮気性な元上司」のダニエルと、もう一人は「誠実だけど高慢な敏腕弁護士」のマークです。前作のラストでマークとくっついたわけなのですが、今回はそのマークと一悶着あります。

ハッピーエンドの後が、ずっとハッピーだとは限らない。
愛し合う二人でも、愛を持続させる努力を怠れば、
アンハッピーエンドはすぐそこにあるわけで。
人生は先が分からないから面白いといえど、
ときにはおとぎ話のように、甘い夢を見たいものですね。

とりあえずブログから。 

March 29 [Tue], 2005, 22:40
借りてみました。
普通のレンタル日記なら昔使ってたことあったんだけど、
ブログは初めてです。用語とかもまだよくわかんないこと多いなぁ。


えー、うん、じゃあとりあえず日記を。
今日はですね、良い事がありました。
詳しく言えば、とても欲しいと思っていた本を譲ってくれると
言ってくれる人が見つかったのです。

登録したときは、正直たぶん無理だろうなぁ、と思ってたんだけど
連絡が来たときはすごく嬉しかったです。
捨てる神あれば拾う神あり。

ネットの世界って不思議ですねぇ。
便利で、怖くて、冷たくて、温かい。


私たちは自覚しなければならないのでしょう。
向こう側は見えないけれど、
これは確かに「窓」なのだと。




明日はブリジット・ジョーンズを見に行くぞっと。
そしてその感想を明日書くことが、小さな明日の目標です。
2006年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hypnose
読者になる
Yapme!一覧
読者になる