高血圧は、怖い疾患の危険因子です 

July 11 [Wed], 2012, 12:03
不摂生な生活をしている人は、今すぐ生活改善して下さい。
そうじゃないと、大変なことになるかもしれませんよ。


その大変なこととは、日本人の60代の死亡率の2位・3位を占める、
心疾患と脳血管疾患になってしまうことですが、
その危険因子になるのが高血圧なんです。


心疾患と脳血管疾患がどれだけ恐ろしい疾患かと言うと、
あなたの身の回りでも、
この間までは、元気でピンピンしていたのに、
突然亡くなってしまった人というのがいると思うのですが、
そういった人の死因は、
心筋梗塞だったり、脳梗塞だったという
まさに心疾患や脳血管疾患なのです。


有名人でも、若くしてなくなってしまった人もいます。
ジャイアンツのコーチに就任してまもなく
他界してしまったのは、木村拓也コーチです。

なくなっていないにしても、
同じジャイアンツの終身名誉監督の長嶋茂雄氏もこの疾患で、
いくら元気になられたとはいえ、
手足の不自由さは隠すことができません。

また、グローブのKEIKOさんも同様で、
未だに復帰の見込みは立っていないのが現状です。


こういった恐ろしい病気を引き起こす危険因子が高血圧なら、
その高血圧を引き起こす危険因子が、不摂生な生活なのです。

『生活習慣病』これが高血圧を含む、以前の成人病で、
昔から、著老いしなければならない病気のひとつなのです。

木村拓也コーチや長嶋茂雄終身名誉監督・KEIKOさんが、
高血圧だったかどうかまではわかりませんが、
少なくとも、心疾患や脳血管疾患が原因で、
亡くなったり、生活を一変させたことは間違いはありません。


そんな高血圧予防には、規則正しい生活こそ、効果的です。
また、高血圧になってしまった人でも、
改善する為には、規則正しい生活習慣がなにより効果的です。

規則正しい食生活を心掛け、肥満にならないようにする
生活に運動を取り入れることも、
血圧の上昇を抑制には効果があります。
喫煙や深酒なども、控えるようにしましょう。

あなたの長生きはあなただけの為ではありません。
家族や周りの人たちの為にも、長生きすることは必要なことです。
また仮に、手足が不自由になったり、
寝たきりなんて事になっても、
苦労をしなければならないのは家族だということを、
しっかり肝に銘じておいて下さい。
そうすれば自ずと、生活習慣の乱れは、改善できるはずです。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あいりos1z
読者になる
2012年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる